整体学校・スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら|てあて整体スクール » アーカイブ

働くために休むのか。 休むために働くのか。

読了までの目安時間:約 5分

昨夜のニュース・ショーで働き方の特集をしていた。
このところ過重労働による自殺が話題になり、働き方の見直しをする企業などが増えてきた様子。
幾つかの企業が紹介されていました。
一つは食品加工工場で、出勤日数や時間が全く決まっていないと言う会社。
その日の朝、出勤して来た人が退社時間を申告するところから仕事が始まる。
来た人数と時間によって工場長が作業を決め、その日の仕事を決めていく。
この仕事の仕方を導入してから、誰も来なかった日は1日だけと言うことだった。
にしても、誰も来ない日があったにも関わらず、その会社が継続してちゃんと成り立っていると言うことが凄いことだと思った。
そして週休三日制を導入した会社。
ユニクロのファーストリティリングも導入していたし、最近はヤフーも導入を検討していると聞いた。
昨日は週休三日制で、フリータイム制のようなことを導入している会社だったように思う。
朝6時から午後9時までなら、どこでも好きな時間に仕事をしても良いと言う会社だった。
どこでも好きな時間にとなると、自宅で午前中だけとか、公園で午後だけとか、自分の好きな場所を選んで仕事が出来る。
もちろん職種は限られると思うが、インターネットも普及して来たし工夫すれば結構導入出来るのではないかと思った。
ニュースでは通勤しないで自宅で仕事をすることで、時間に余裕が出来たと言う話だった。


働くために休むのか、休むために働くのか。


どう考えるかは人それぞれだと思う。
でも、働くのも休むのも、全ては自分の人生ってことでしょう。
働くとか休むとか考える必要はないのかもしれない。
会社員なら仕事が楽しければ、それで良し。
休みが楽しければ、それも良し。
分けて考えることがバカバカしいような気がします。
オフィシャルもプライベートもないよ。
全部、自分が生きてるってことだから。


ただやっぱりちょっと、今の日本は働き過ぎじゃないかと思います。
比べるのが良いとは思わないけど、労働時間は長過ぎるし休日も少ない。
残業だって多すぎだろうと思います。
働くことをメインに考えるのが、前提になっているような気がする。
別に楽しく生きていられるなら、そんなに働かなくたって必要最小限でも良いんじゃないかと思ったりする。
経済成長は右肩上がりが前提っていう考えも古い気がしますね。
(以前もどこかで書いたかもしれないけど。)


番組の働き方のコーナーの最後に女性キャスターに聞いていました。
週休3日はどうですか?
「そうですね、こう言う仕事をしているとアウトプットばかりなので、インプットする時間も必要ですね。
週休3日になるとそれが出来るので良いですね。」
と答えていました。
彼女の場合、3日のお休みは仕事のたえのインプットの時間のようです。
これじゃあ休みではなく仕事の準備じゃないかと思います。
でも、仕事が好きで楽しいんなら、それもあるのかなぁとちょっと思ったりして。
でも、やっぱりちょっと変じゃないかな。
前提を変えて考えるのはなかなか難しいものだと思います。




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 募集中 !! >>>

アレクサンダー・テクニーク
 
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>