整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

流れ

読了までの目安時間:約 3分

観葉植物・てあて整体スクール

以前にも書きましたが、幸運の女神には前髪しかない。
チャンスはすぐに通り過ぎてしまう。
タイミングが大切だと言う話です。

今日、卒業生と話をしていました。
彼はいくつかの事業を手掛けています。
幾つかは大きく、幾つかは種を蒔いているような状態です。
自身は整体スクールに通っていた時の個人的な仕事を手放して、経営に専念するようになりました。
最初から経営の方向に向かうつもりでいたそうです。

タイミングが大切だよね、と僕が話を向けると、流れですね、と答えました。
タイミングというより流れだったんでしょう。
確かに違います。

流れが見える人と見えない人がいます。
そして見えた流れに乗る人と乗らない人がいます。
見えない人でも流れにのることもあれば乗らないこともあります。
流れは見えていなくても、これはきっと流れが来ていると判断して乗ろうとする人もいます。
半信半疑でも乗ってしまえば流れはどんどん進んでいきます。
ただし自分が思った方向かどうかは分かりません。
およそ考えていた方向だろうとは思いますけど、実際には思いもよらない方向に進むこともあります。
それを恐ろしいと止めてしまう人もいますし、面白いとどんどん乗っていく人もいます。
中にはサーフィンのように波を利用してどんどん先にスピードを増していく人もいます。

思いもよらないところから話が来ることがあります。
幾つかのことが重なって来ることがあります。
仕事にしろ遊びにしろ何もしていない(と思っている)のに向こうから来ることがあります。
仕事のタイミングとプライベートのタイミングが合うことがあります。
急げば間にあうことがあります。
準備はギリギリか追いつかないけれども走り出しそうなことがあります。
頭の中にある計画が目の前にポンと現れそうなことがあります。

そんな時が波が来ている時だろうと思います。
思い当たるフシはないですか。

時期尚早とか
準備不足とか
力不足とか
ちょっと待てよとか

考えてませんか?
それ流れが来ているかもしれません。
もちろん逃したところで失敗はしません。
今の成功がいなくなるだけです。
将来にまた成功が待っているかもしれません。
今行くのか、次を待つのかは自分次第です。
行った方が良い!と言うことでもありません。
人にはそれぞれ向き不向きがありますから。

そんなこともあるかと思っておくと良いかもしれません。

吉野家で鯵の開き

読了までの目安時間:約 3分

牛丼の吉野家の前を通ったら、ポスターが何枚か貼ってありました。
魚の開きの定食と鶏の丼物です。
以前は吉野家と言えば牛丼でした。
競合他社も最初は牛丼だけでした。
そして価格戦争に突入。
暫くするとメニューが多様化して来ました。
吉野家は割合と頑固に牛丼にこだわりがあったように見受けられましたが、最近はそうでもないようです。
ハンバーガーショップのチェーン店も、少し多様化を模索し始めている印象があります。
立ち食い蕎麦のチェーンはずいぶん早くからメニューの多様化に突き進みました。
回転寿しも同じような様相です。


では牛丼専門店やハンバーガー専門店や蕎麦専門店は、みんなそうなのかと言うとそうではない。
鰻屋さんや(回らない)寿司店を想定すると分かるように、ある程度以上の料金体系のところは単品目で勝負しています。
低価格帯で勝負していたチェーンが、メニューの多様化を模索していると言う事のようです。


どうしてでしょうねぇ。


つい考えてしまいます。
飽きられたと見る向きもあると思いますが、僕はちょっと違います。
何というかお客さんに余裕が出てきたのではないかと思います。
金銭的にと言うことと、考え方的にと言う事があるように思います。
それと一般的な業界の動き。
どんな業界もそうですが、新しい業態が出てくると先ずは同じような競合他社が出て来ます。
市場が飽和し始めると、低価格化進みます。
その過程で同じ業態で高価格帯を狙う所も出て来ます。
低価格化していった側の業態では、低価格化が限界まで来そうになるとメニューの多様化が始まります。
その中で残っていく店が決まってくる。
それを横目で見て、また新しい業態が出てくると。
牛丼チェーンは最初から高価格帯の老舗がありましたから、高価格帯の専門店が出る前にメニューの多様化に進んでいるような気がします。


60分2980円のリラクゼーションサロンはどうでしょう。
整体とお客さん側は思っているお店です。
今はたぶんメニューの多様化に進み始めている時期だと思います。
一般的な整体院は高価格帯の専門店かリラクゼーションと競合しない別の機能を持った専門店化が必要なのかと思います。
見ていても残っているサロンやお店はそんな感じですね。
個人で経営している整体院が、自分の所は60分2980円のサロンと競合していると思ってしまったら、先は厳しいと思います。
低価格化には体力(資金・規模)が必要ですから。

出会いとタイミング

読了までの目安時間:約 3分

フケ・てあて整体スクール

知り合いのセラピストが開業します。
以前に一度自分のサロンを持っていたことはありましたが、事情があって一旦それを閉め、それからは癒し系サロンで働いていました。
てあて整体院に来たのはスクールの生徒さんに紹介されてでした。
話をしていたら自分が卒業した整体学校と同窓だったことが分かりました。
今は何をしているの?とか、将来はどうするの?とか、そんな話をしました。


それならうちの一階を使えば良いのに。


将来的には開業をしたいことや、今は整体ではなくリンパマッサージ系のセラピーをやっていることなどを聞きました。
キャリアもあるしやる気もありそうなのに、何か一歩踏み出せない感じがしました。
じゃあ、週に数回でも良いから試しにやってみたら良い。
レンタルサロンでも何でも借りたら良いのに。
と話をしていて件の言葉が出ました。
「それならうちの一階を使えば良いのに。」
てあて整体院や整体スクールは通常は二階の二部屋を使っています。
一階は夏の暑い時やよほど人が多い時に使うだけで開けてあります。
セラピー用のベッドもあるし、空いているんだから使えばイイ。
そんな話をしました。
そうですか、それじゃあ考えてみます。
と言って帰ってから一週間もしないうちにメールがあったと思います。


それが去年の11月くらいだったと思います。
最初は週に1人だったのが、年明けには週に2人になり春には3人になり。
どんどん増えて行きました。
そろそろどうなんですか?
聞くと患者さんの一人の紹介で部屋を借りられそうだと言います。
それはきっとタイミングです。
だから外さないほうが良い。
と言うことで今回、てあて整体スクールに置いてある七つ道具(写真)を持って新しいサロンをオープンすることになりました。


出会いとタイミング。


開業や独立や勉強を始めるにしても。
出会いとタイミングが大切です。
言葉では上手く説明出来ませんが、タイミングを外して良いことはありません。
考えすぎて立ち止まっていると、タイミングも出会いも外して逃げていってしまいます。
考えることはタイミングが来る前にしておくことです。
考えていなかったら、タイミングが来たとしても、それはタイミングではないかもしれない。
(ここらあたり言葉としては矛盾しますが、そんな感じなんです。)
考えて考えていることが、タイミングを呼ぶことになるかもしれない。


タイミングは準備とはまた違うんです。
準備万端整っていてもタイミングが来ないこともある。
でも、タイミングが来たら、もし来てしまったと思ったら、前のめりでも進むことです。
次のタイミングはいつ来るか分からない。

開業間際の卒業生

読了までの目安時間:約 2分

先日も書きましたが、もうすぐ開業する卒業生がいます。
このところ授業に来ては練習をしています。
最近は在校生や別の卒業生を捕まえては練習をしています。
今日は授業が終わってから練習が始まりました。
臨床研究のような感じです。


卒業生1・てあて整体スクール

患者さんの重心を見る練習。
見ていると言葉掛けに工夫をした方が良さそうだったので、少しアドバイス。
聞いた患者さんの印象が変わります。
それと見る時に患者さんにやってもらうこと。
これも少しアドバイス。
その後は症状を聞いて練習が始まりました。


卒業生・てあて整体スクール

先に副業で始めた卒業生に聞きました。
今までお金を頂いて何人くらい整体しましたか?
ええっと・・・
日々、手帳につけてはいるけど人数は数えていなかったとのこと。
カウントしておくと良いと思います。
自分がいままで何人位の患者さんを診てきたか。
目安になるし自信にもつながります。
あら木は途中でスクールを始めたので9,000人位しか見ていませんが、卒業生の中には20,000人を越える患者さんをみた人もいます。
数ではないとも言えますが、患者さんにとっては沢山診ている整体師はそれだけ安心感があります。

今日も練習は続きます。

特訓

読了までの目安時間:約 2分

来月には開業する卒業生がいます。
仕事の整理をしながら毎週授業をリピート受講しています。
仕事を続けながら整体の勉強をしていたので、なかなか多くの人の体に触れることが出来ません。
少し心配もあるだろうと”優しく”対応することにしました。


骨格調整1804091・てあて整体スクール

今日は骨格調整の日なので、復習も兼ねて何度も繰り返しやってもらいました。


骨格調整1804092・てあて整体スクール

指針整体の授業の時には、授業に来ている生徒さんの辛いところや症状を聞いて、その症状に対する整体施術をやってもらいます。
いつもは1時間の時間を区切って、問診から検査触診をして整体を組み立てるまでをやってもらいます。
終わったら今日やったことの解説をする。
整体をするだけでなく、話をする練習でもあるし、組立をする練習でもあります。


骨格調整1804093・てあて整体スクール

それを先月位から始めました。
最初は戸惑っていましたが、最近は流れのようなものも出来て来ているようです。
自分なりにメモを作ったり、まとめをしたりもしています。

全く別の仕事から整体師の勉強をして、会社を辞め開業するのはなかなか大変なことです。
授業でどれだけ出来ていても、最初のころは実際の患者さんが来たらやることを忘れてしまったりすることもあります。
OJTではないですが、出来るだけ臨床に近い状況を作って経験してもらいたいと思います。

てあT整体スクールは卒業後もリピート受講が出来ます。
リピート受講は全く同じことの繰り返しではありません。
その人にあった内容に少しずつアレンジしてやるようにしています。

アラフィフからの挑戦

読了までの目安時間:約 3分

元NHKアナウンサーの有働さんが退社しました。
現場取材をしたい。
ジャーナリストとして活動したい。
自分のやりたいことをやりたい。
記事を読んで、そうか今は50代前後でそうなのかと思いました。


自分自身はアラフォーで転職をしました。
35くらいから少しずつ考え始め、38歳で整体の勉強を始め42歳で整体院をオープンさせました。
新卒で入社した1980年代はまだ終身雇用の時代。
定年退職まで同じ会社で仕事をするのかと漠然と思っていました。
実際のところそんなことは深く考えていませんでしたけど、一般的にそうなのかと言うことでした。
常識をわざわざ考え直すほど衝動はなく、それよりも日々の仕事をやることの方が大切でした。
いや、大変でした。


90年代になってバブルが崩壊。
リストラが始まる時期とヘッドハンティングや人材登録なんて言葉が出てきた時期が同じでした。
このまま雇われて一生やってくのかな、と考え始めたのが35歳くらいだったと思います。
それが有働さんは40代後半。
最近、整体スクールに問合せをしてくる方々も、半分位は50歳前後のアラフィフの人たちです。
そう言う時代になったんでしょうか。


人生100年時代と言う言葉を聞くようになりました。
調べてみたら昨年、「人生100年時代国葬会議」と言うのを国が作りました。
と言うことは働き方改革の一環。
と言うことは60代で仕事を辞めるのではなく、70代位までみんなが働くことを構想していくということでしょうか。
国に言われることではないけどね、とちょっと斜め上を見たくなったりします。
でもまあ大切なことだろうと思います。


国がどうこう言おうが言うまいが、平均寿命は伸びています。
男性でも80歳位、女性は90歳位まで生きることになる。
そうなると60歳65歳で定年退職と言うことになると、ちょっと先が長い。
遊んで暮らせれば良いですけど、そうもいかないですよね。
と言うことで、以前は30歳代半ばで考える人が多かったのが、40歳代半ばまで転職や独立起業や第二の人生を考えるようになったのではないかと思ったりします。


退職
転職
独立
起業
開業


大変ですけどね。
面白いですよ。
以外にね。

整体院 開業準備

読了までの目安時間:約 5分

卒業生が整体院の開業準備を始めました。
昨年くらいから物件を探し始め、春には開業したいと言っていましたが、やっと見つかり契約をして鍵の引渡し日も決まったようです。


先生ちょっと聞いてイイですか?


4・5年前に卒業をした後は勤め人をしていましたが、その間いろいろと考えるところがあって、やっぱり開業を目指しますと整体授業のリピートを始めたのが昨年でした。
リピートを始めた頃は整体の手技の練習をしていました。
しばらくは家族にしかやっていなかったので、手の感覚や体の感覚を思い出すような感じです。
その後、腰痛や肩こりなどの症状に対する練習をするようになりました。
昨年末くらいからは彼が授業に来たら、他の生徒さん一人を患者さんに見立てて、問診から施術の組立まで連続してするように時間と部屋を貸しました。
終わるまで口は挟みません。
終わって患者さん役の生徒さんの感想を聞いた後に、気になったところや自分ならこうすると言うような話(アドバイス)をしました。
そうやって整体の手技には少しずつ自信のようなものが生まれてきたと思います。


以前からそうでしたが、最近は更にいろいろなことを聞かれるようになりました。
立地や不動産業者との話のこと。
料金設定だとかメニューの決め方。
整体院の名前についても聞かれました。
先週聞いた名前はとても良くて、もうすぐお知らせ出来るのが楽しみです。
そして内装や施術着の話。
今日もそんなことを聞かれるのかと思いました。


先生ちょっと聞いてイイですか?
患者さんが着る着替えのサイズってどんな感じなんですか?
枚数も何枚位必要なんですかね。


質問内容が具体的になって来ました。
本人もそれに気がついたみたいで、やっぱりここまで具体的になると考えることも変わって来ますね、なんて言っていました。
今日は事業計画のことを聞いたかと思うと、自分のユニフォームの話になったり。
売上の計画の立て方だとか予想の仕方を聞いたかと思うと、ワードプレスの話になったり。
いつも何かを考えているようになりました。
と言っていました。


開業・てあて整体スク-ル
(※写真は本文と関係ありません。)


てあて整体スクールには開業講座の授業もあります。
授業と言うよりアドバイスタイム、コンサルタント的な内容です。
通常カリキュラムには含まれていませんが、必要な生徒さんには別途時間をとって行います。
もちろん卒業生も同じです。
整体院だけでなくサロンやスタジオをオープンするのは殆ど皆さん始めてです。
始めてはなんとなく不安。
そんな不安を払拭するためにもアドバイスをしています。


内容は開業前の準備と開業後の患者さん獲得のために行うこと。
準備段階には沢山の項目がありますから、モレがないように一つ一つ確認しながらやって行きます。

・事業計画を立てる。(夢や目標的なことでも)
・収益の計画を立てる。(事業計画に含まれる)
・開業までのスケジュール
・物件探しの注意点。
・内装などの考え方。
・内装準備。
・オープン準備。
・HPやSNSの準備。

開業した後には患者さんを獲得しなければいけません。

・新規の患者さん獲得の考え方。
・リピーターになってもらうための考え方と行動。

テキストもありますが、本人の状況に合わせて話をするようにしています。
自宅の一室で始めたいと言う人、路面の物件を借りて始めたい人、マンションを借りてやりたいと言う人、出張で始めようと考えている人。
借入が必要な人・必要ない人。
疲れているママ友を癒したい人、ストレスに悩むOLさんを助けたい人、ダンサーを診たい人。
30代40代50代60代。
男性、女性。
独身既婚。
本当に様々です。
基本的なことと個別の状況知って、相談に乗るようにしています。

独立の決断

読了までの目安時間:約 3分

独立の決断(開業の決断)てどうやってしたんですか?
そんなことを聞かれました。
仕事を辞めて新しく仕事を始めるのには不安もあるだろうし迷ったりすることはなかったんですか。
そんな話でした。


正直、不安はあったしどうやって決断したかは上手く言えないんですけど、開業をしようと思った時にカミサンに聞いたことがありました。
会社辞めて開業しようと思ってるんだけどどうかな?
そうすると。
「で、食べていけるの?」
と言う質問を返されました。
そりゃあ食べて行けないと思って開業する訳じゃないんだから食べては行けると思うけど。
「だったらやれば良いじゃん。だって食べて行けるんでしょ。やりたいことをやるべきだよ。」
はあ。。。
あっそうか。
と思いました。
そしてたぶんこの瞬間に覚悟が出来たんじゃないかと思います。
出来たと言うか、覚悟した、と言うか。


開業しようと思うけどどう思うと言う質問は、同意を求めたり許可を求めたり、あるいは意見を求めたりして、自分ではない何かに理由を求めることだったと思います。
それが逆に質問されて、食っていけるのか?と聞かれ、食って行けなきゃ開業はしない、と答えた瞬間に、そうしなければいけない。
食っていかなきゃいけないと覚悟をしたんだと思います。
自分で言うのも何ですけど、元々、優柔不断でしたから。
なかなか決められない。
他の可能性を担保しているようなところがありました。
でもこれで強制的に吹っ切ってしまったような感じでした。


開業してからも色々と難しいこともあり悩んだり考え込むこともありましたけど、でも食っていくって決めてしまったので他のことは考えなかったように思います。
ま、少しは考えても、それは横に置いておいて考えることは如何に食うかですね。
そして今もそうです。


開業や独立や会社を辞めるのには、覚悟が必要です。
失敗したらどうしようとか、上手く行くんだろうかと考えることはあります。
それは仕方がない。
でも、これでやっていく、他にはないと思うしかない。
失敗したとしても、これでやっていくって言うんですかね。
それがなければ、ついつい自分を甘やかしてしまうように思います。
上手く言えませんけど。


手技 WS セミナー
骨格調整専科 募集中 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

開業準備と開業後

読了までの目安時間:約 1分

てあて整体スクールのサイトに新しいページを作りました。

開業準備と開業後 >>> http://teate.co.jp/openandafter

以前にもどこかで書いてきた内容ですが、2018年になって少し内容も変わるだろうと思い書き直しすることにしました。
最初に書いたのは「開業準備」の最初にやるべきことについてです。
なんだそんなことかと思われると思いますが、これが意外に定まっていない人が多い。
最初にそこを突き詰めて考えておくと、開業する前の準備も開業してからの行動も安心していろいろと考えられることになります。

これから開業しようと考えている人。
将来自分のサロンや整体院を持ちたいと思っている人。
全ての開業・起業に言えることだと思います。
参考にしてみてください。

起業について普通に考えれば分かること。

読了までの目安時間:約 5分

最近、本当に沢山の起業セミナーがあるように思います。
起業セミナーが多いと言うことは、起業したい人や起業を考えている人が増えていると言うことでしょう。
会社に勤めていて脱サラや転職を考えている人。
契約や派遣の仕事から自分で稼げるようになりたいと思う人。
子育てをしながら自宅で出来る仕事を考えている人。
副業で生活の安定や将来の準備をしたい人。
雇用されることは考えられず自分で仕事を切り開きたい人。
いろいろです。
起業セミナーは中でも個人向けに行っているものが増えているように感じます。
大きな事業を立ち上げると言うよりは、個人で小さく始められる身の丈にあった起業、です。
ちょっと聞こえが良い感じですね。
整体師になりたいと言う方も、そう言う方が多いように思います。


これから起業する方はまだ起業していないので、起業セミナーは何か特別なことがあるように思うと思います。
特別なことと思わないまでも、何か自分の知らないことを教えてくれると思うと思います。
でもね良く考えてみて下さい。
『「自分一人で新しく仕事を初めて上手く行く方法」っていうのが、他にない方法としてあります。』
なんてことは、ない、でしょ。
すぐ分かることだと思います。
仕事が上手く行くためにはいくつかのことがあると思います。


それは例えば。
誰かに必要と思われることを提供する。
提供する何かに見合った金額になっている。
必要と思っている人にその情報が届く。
そしてその誰かに必要な何かが、ある程度のボリュームを持って存在している。
そしてその誰かに必要な何かに対して、供給されている必要な何かが過剰になっていない。
その誰かに必要な何かを提供して得られたお金で自分が継続して生活出来る、あるいは自分が欲しいと考えている額が得られる。


それが例えば。
整体だったら。
自分が提供する整体が必要とされているのか。
(それを必要としている人たちがいるのか。)
必要と考えている人がある程度のボリュームでいるのか。
自分が提供する整体が受ける人たちにとって納得のいく金額になっているか。
その金額を得られた総額で生活が出来るのか、あるいは自分が欲しいと思う金額に達するのか。
この場合のポイントは「整体」ではなく「自分が提供する整体」ですね。
そして誰れにどの層に提供するのか。


告知はどうしましょう。
ホームページは今は必須でしょう。
何かを探す場合はインターネットが殆どの時代になりました。
ブログを書いて読者を増やし、そこからホームページに呼ぶ方法。
そこから誘導して自分の所(サロンや整体や)に直接呼ぶ方法。
まあ普通のことです。
SNSはどうでしょうか。
様々なものがありますが、今のところSNSは基本的には仲間を作るツールです。
仲間内で消費を回すというのはちょっと厳しくなってくるように思います。
インスタグラムは少し違うかもしれません。
情報が文字ではなく写真・動画だから。
見て直接分かる情報です。


告知については真逆の方法もあります。
クチコミです。
最初からクチコミだけをツールとして使う、と言う考えで始める人は少ないと思います。
でもクチコミだけで広がるものは強い。
圧倒的です。
この場合、技術力や商品力がとても重要になります。
技術や商品力は人に依存していることが多くあります。
そこも押さえておく必要があるでしょう。


とまあ、これくらいのことは普通に考えれば分かることです。
数千円の本を買えばもっと沢山のことが書かれているでしょう。
少なくともこれくらいのことを思いつかないようなら起業は向きません。
起業セミナーに行くよりも自分で考えることも大切ですよ。


手技 WS セミナー
骨格調整専科 募集中 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

1 2 3 10