整体学校・スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら|てあて整体スクール » アーカイブ

料金設定について

読了までの目安時間:約 6分

将来開業したいと考えている生徒さんから聞かれました。
料金って難しいですよね!?
確かにどれくらいの料金設定にすれば良いのか、どう考えれば良いのかが分からないようです。
てあて整体スクールでは開業講座は個別に、一人一人開業の形態が違うので、必要な時に話をするようにしています。
料金や内装や立地は始めての人が開業する時に悩むことの一つです。


最近は短時間高単価が流行りのようになっています。
世の中がデフレ傾向で、60分2980円の癒しやリラクゼーションを標榜したサロンや整体院が増えていることも影響していると思います。
同じように低価格で料金設定してしまうと、リラクゼーションを目的とした人しか来なくなるし、そうなると時間が掛かる割に売上が上がらないというジレンマに陥ります。
逆に高単価で短時間であれば、時間がかからずに売上が上がります。
出来ることなら短時間高単価を目指したいという人が多いように思います。
特に20代30代で開業する人たちには、そこを目指そうと思っている人がいるようです。
そのためには短時間で効果の上がる施術方法が必要で、それをお客さんだったりクライアントさんに見せる技術も必要です。
見せるとはつまり、宣伝であったり、施術中の話だったり、術前術後の効果だったり。
短時間高価格の施術や整体やサロンに来る患者さんの層は、二つに分かれると思います。
一つは整体やサロンにあまり来たことのない層、他の様々な整体院やサロンを知らない層です。
もう一つは逆に整体だけでなく医療機関も含めて様々なところに行って効果がなく、他に行くところがなくなって最終的に探し付いたという層です。
真逆ですね。
そう言う人たちが来るように思います。

もう一つ。
普通の料金設定のことについて。
60分前後で5000円から8000円位までの料金です。
これから開業しようと言う人は、このあたりで色々と考える人が多いようです。
そして、開業前や開業直後の料金について。
開業前にモニターなどで宣伝を兼ねて整体をする場合、無料でやったり数千円でやったりします。
実は開業前のモニターは開業後には影響があまりありません。
最初から来ない人は来ないし、来る人は来ます。
無料で何度も受けて、効果がある!良い!また受けたい!と言っていたとしても、来ない人は来ないし来る人は来ます。
ただし、2・3000円位の料金で来ていた人は、どんなに良いと言っていても殆どの場合は、6000円になったら来ません。
全く違う層なんです。
整体に3000円払う人と6000円払う人は、全く違う層です。
不思議ですけど年収などとは関係ありません。
それよりも自分の体に幾らお金を掛けるのかという考え方の問題です。
女性だったら美容院の料金のようなものです。
年収1000万円と200万円の女性がいたとして、年収と美容院の料金に相関があるかというとありません。
年収200万円でも毎月10,000円かける人もいるし、1,000万円でも3ヶ月に一回4、000円という人もいます。
そこに価値を見出しているかどうかです。
開業前のモニターについては、練習だと思って料金を頂くことだと思います。
(お金を頂く練習、手技の練習、話の練習)

開業当初はまだ自信がないので、60分で6000円や8000円なんて頂けないという人がいます。
でも、受けに来る患者さんにとって新人整体師もベテラン整体師も同じ整体師です。
自信がないことを言いたいのであれば開業しない方が良い。
開業するのなら自信がないとは言わないことです。
自信がなくても言わないこと。

代金支払いは投票のようなものだと言われることがあります。
自分の整体は患者さんから幾らくらい頂いて妥当なものだと自分が考えているか、そう言う金額を設定することです。
周りの状況も考える必要はありますが、自分が欲しいと思っている金額、これくらいは出来ると思っている金額、これくらい払っても損はないと思ってもらいたい金額。

料金に対する考え方は年代や人によって随分違います。
ビジネスとして考える場合は、自分の立ち位置やブランディングから考えることです。
仕事ではあるけど、人のために自分のために整体やセラピーをやりたいと考える場合は、自分が考える自分のやっていることの価値から考えることかなと思います。



手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

骨格調整専科 修了です。

読了までの目安時間:約 2分

骨格調整修了・てあて整体スクール

名古屋で骨格調整専科を受講された方が、無事に最後まで授業を受講修了しました。
Tさんは香川県から参加してくれました。
お嬢さんがバレエを習い始めて、奥さんからバレエのことや骨格調整法を勉強したらと言われ、てあて整体スクール名古屋までやって来てくれました。
普段はリラクゼーション・サロンで施術をしている整体の先生ですが、調整法は全く始めてとのこと。
手や体は出来ているので、飲み込みは早かったですね。


来春移行に個人で開業を考えていて、先ずは出張から少しずつ始めることになるそうです。
リラクゼーション系サロンで働いている人は、最初は週に1・2回の休日を使って出張や自宅で開業し、サロンの休みを一日ずつ増やしていくと言う方法で開業される方が多くいます。
それだと突然売上や収入がなくなると言うリスクを回避出来ますから。
通常の週休だけでも出張を始めれば、副業と言う形で収入が増えます。
それを資金に開業と言うことも考えられます。
そのためにはリラクゼーション系の手技だけでなく、調整手技も必要と言うことですね。


修了おめでとうございます。
開業めざしてがんばって下さい。


手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>

カリスマの父

読了までの目安時間:約 3分

てあて整体スクールを始める時に考えたことがありました。


カリスマの父になりたい。


どうしてなんでしょうね。
自分がカリスマになりたいと思ったことはありません。
出来れば後ろから見ていたい。
見守っていたい。
小学校も中学も高校も生徒会では副会長でした。
会社に入ったらスタッフ部門。
これから何をするか企画したりやったことの分析をしたりする部門。
やっぱり全体を俯瞰するような後ろから見守っているような仕事でした。
けっこう向いてるんじゃないかなと思ってます。
いや、前に出るのが苦手だって声もありますけど。


整体師としてはまあまあじゃないかと思います。
16年続けてきたし、開業の翌日に来院した患者さんとも今もお付き合いがあります。
毎月通ってきている患者さんは10年来てくれている人が20人位いるんじゃないかと思います。
20代で来た人は30代になり、30代で来た人は40代。
一番上は70代で来て80代になった方。
皆さんと話をし体の調整をしています。
体だけでなく気持ちも少しは整ってくれているのかと思ったりします。
ま、自分の好きな興味のある話をしてるだけなんですけどね。


カリスマ生まれたんでしょうか。


はい。
たぶん何人かいます。
誰とは言いません。
あの人です。(笑)
良かったです。
これからカリスマになる人はいるんだろうか。
はい!
たぶんいますよ。
カリスマ予備軍。
カリスマになろうと思ってなる訳ではないので、今その人はそうなるとは思ってません。
ただ整体やセラピーやトレーニングの仕事を一生懸命やってるだけです。
でもなりそうですね。
カリスマに。
とは言え、テレビや雑誌やネットで有名になるという事ではありません。
患者さんやクライアントさんにとってのカリスマです。
来てくれている人に喜ばれるカリスマです。


そのことを考えながら整体を教えています。
基本と自分で考えること。
そして自分はどんな人なのか。
そこがポイントだと思っています。


手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>

夢を叶える。

読了までの目安時間:約 4分

きみどり・てあて整体スクール

今日、【整体院きみどり】が開業します。
長野県諏訪郡です。
院長は古屋さんと言う女性。
元々は東京で仕事をしていましたが、一年ほど前に長野県に移住して整体スクールに通っていました。
移住直後から開業準備を始めました。
最初はホームページを作るのにも二の足を踏むような状態。
なかなか重い腰が上がらなかった。
一歩踏み出すことには実はかなり大きな勇気がいります。
ホームページを作ると言うことは、開業に向かって一歩を踏み出したことになるからです。
整体スクールに入学して勉強をしている内は、まだ実は踏み出してはいません。
勉強をして開業をしない人もいます。
別の方向が見えてきて方向転換する人もいる。
でも、ホームページを公開すると、不特定多数の人が見ることになります。
後から「や~めたっ!」と言うことも出来ますが、もう知っている人がいると思うと・・・と言うことになる。

ホームページを作っても公開が遅れる人もいます。
不特定多数の人に・・・てことでしょう。
それがいつからか変わりました。
毎日、ブログを更新するようになり。
更新した記事をFBにリンクするようになり。
その頃からモニターさんを受けるようになりました。
昨年末にはもう大丈夫と太鼓判は押していましたので、開業前にモニターをしたら?と勧めてもいました。
モニターさんは人が人を呼び、既に100人を超えているようです。
もう、開業を待ちわびているのはモニターさんだけでなく、本人もそんな雰囲気になって来ていました。

東京で入学をしたので、そのまま東京で開業するのか副業にするのかと、最初は思っていました。
ネット環境が整えば地方でも仕事が出来ると言うことで、長野に移住を決めたようです。
そしてそこで開業。
一つの夢は叶ったと思います。
でも、これは本当に通過点です。
ここからが始まりです。

先ずは整体師として認められ、それで生活が出来るようになること。
そこまで行けば自分にとって一つの目標・夢はかなります。
そして患者さんの痛みや症状を改善させることで、患者さんの夢を叶える手伝いが出来ること。
そこまで行けば夢が叶ったと言えるのかもしれません。

これから大変だろうと思います。
いやひょっとして何も問題もなく予約が一杯になるのかもしれません。
しばらくは見守って、そのうち知らん顔出来るようになるのが楽しみです。


【整体院きみどり】

長野県諏訪郡富士見町
http://kimidori8gatake.jp/blog/kaigyounoosirase/
※開業キャンペーンをやっているようです。
 長野・諏訪の皆さんは是非どうぞ。


手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

整体師という仕事

読了までの目安時間:約 4分

整体師という言葉は最近になって認知されるようになりました。
てあて整体院をオープンした2001年位の時期は、まだまだ怪しい仕事というイメージがあったと思います。
最初は1990年代だったと思います。
バブル期に20分40分60分と時間で区切ったメニューで、会社勤めをしている人の体を癒す。
クイック整体だとかクイックマッサージだとか。
言葉は悪いですが雨後の筍のように出店がありました。
その頃は整体と言っても、マッサージ的なことが殆どで、細かな調整や体を整えるようなことをしているところは少なかった。
調整や体を整えることをしていたのは、それ以前に開業していた昔からある整体院。
そこでも全身を緩めた後に、電気をかけたり(低周波治療器や干渉波治療器など)して、最後に頚椎・腰椎など数箇所をアジャストする。
今でも残っている、ボキボキ調整される整体というイメージはこういうところからだと思います。


ここ10年5年位は様子が変わってきました。
手技や療法も増えて、本当に様々なやり方があります。
また、開業の形態も一様ではありません。
ボキボキ調整する先生は少なくなって、軽いタッチで触れる先生。
短時間で調整してしまう先生。
少し時間をかけて軽く触れるような先生。
整体院・スタジオも店舗のようなところばかりではなく、マンションやアパート・自宅の一室を改修してサロンにしている人も増えています。
出張形態で患者さんやクライアントさんのところに行く先生もいます。
最近はレンタルサロンやレンタルスペースも増えてきて、そういったところを使う先生もいます。
パーソナルトレーニングジムのレンタルもあるんですね。


個人で仕事をしていくのには便利な環境になりました。
ノマドワーカーと呼ばれる人のように、パソコンやタブレットやスマートフォンなどを使ってブログやSNSで発信・集客し、レンタルスペースで個人レッスンやパーソナルなコーチングなどを行うことも出来ます。
それは東京や大阪など大都会だけでしょ。
なんて思ってますか?
そんなことないんですよ。
地方都市でも田舎と呼ばれるような地域でも、レンタルスペースは増えています。
時間貸しをしてくれるところは探せば沢山あります。
場所はあるけど、そこをどう使えば良いか。
そこに気が付くかどうかで色々変わってくると思います。


男性は知らないことが多いと思いますが、子育てママやお母さんたちのコミュニティーが使っている集まる場所。
地域の集会所やレンタルスペースでは、様々な勉強会やワークショップが行われています。
今はまだ同じような使い方がされていますが、今後はどうなっていくのか。
上手く使えば場所代を抑えて起業・開業することが出来るようになりました。
男性が形やスタイルに囚われているうちに、女性はどんどん新しい形を試し始めています。
色んな働き方があります。
色んな開業方法があります。
整体師という仕事は、面白い広がりを始めていると思います。




アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

有言不言実行不実行

読了までの目安時間:約 2分

不言不実行
有言不実行
有言実行
不言実行


何も言わず何もしない。
言っておいて何もしない。
言ってから行う。
何も言わずに行う。


どれがイイんでしょうね。


自分が今どのタイプなのか知っておっくと良いと思います。
知るのはなかなか難しく、正確に認識出来るかどうかは分かりません。
でも自分は有言実行型なのか不言不実行型なのか。
そしてどれを目指すのかを考えておくと良いと思います。


会社を辞めて独立開業する時に、誰かが言っていた方法を踏襲するのは危険な時があります。
上手く行っている人のようにするのは悪いことではありませんが、それが自分が出来る方向かどうかは分かりません。
自分が出来る方法で自分に出来ることをやっていく。
そのために自分はどのタイプなのか。
知っておくと良いと思います。




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >@>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

こう言う人は上手く行きません。

読了までの目安時間:約 4分

過去にも一度書いた事があります。
メールの返信が出来ない人についてです。
正確に言うとメール返信をしない人についてです。


整体スクールに資料請求を頂くと、請求を受けた旨のメールを送ります。
このメールはこちらの確認の為なので、返信はしなくても良いでしょう。
資料請求を受けたこと、郵送したこと、質問を受け付けていること、見学が出来ることなどが書かれたメールです。
請求の受付確認のようなものだからです。
もちろんこのメールへも返信するのは良いことです。
確認メールをわざわざ送ってくれたとも考えられる訳ですから。
その後、一週間くらいしたら一通だけメールをします。
資料がついたかどうかの確認メールです。


このメールに殆どの人が返信しません。


どうしてでしょう。
面倒なんでしょうか。
それとも返信する価値がない、あるいは必要がないということでしょうか。
必要性はないかも知れません。
資料が届いていれば、自分の希望は叶った訳ですから。
返信をしたところで、何も得られることはないかも知れない。
価値がないんでしょうか。
ひょっとして面倒なんでしょうか。
資料請求の目的は資料を見ることですから。
資料が届けば目的は達成されている。
それでオシマイ⁉︎


整体は人と人が一対一でするものです。
患者さん1人に対して、整体師1人が相対します
整体の技術はもちろん大切です。
でも患者さんとのコミュニケーションはもっと大切かも知れません。
コミュニケーションが円滑でなければ、患者さんは治りにくい。
患者さんの状態が伝わらないし、こちらのやっていることも伝わらない。


コミュニケーションはキャッチボールに例えられます。
相手の投げたボールを受け取るゲームです。
投げるだけでは成り立ちません。
キャッチボールはボールを受ける事で成立します。
会話は聞くことで成立するという事です。
目の前にいない人には、聞いていることを伝えないと、聞いていることが分かりません。
聞いた事を伝えないと、コミュニケーションが成り立たないという事になります。


メールには返信しましょう。
そうしないとコミュニケーションが成り立たない。
一言だけで良いんです。
もし将来、整体師になって成功したいのなら、返信した方が良いでしょう。
そうしないとたぶん上手くいかない。
技術があって治せるのに、何故か上手く行かなくなってしまいます。
患者さんからのメールなら返信する、と思ってるでしょ。
ところがそうはなりません。
今から返信のクセをつけておかないと、ぎこちなくなってしまいます。
患者さんとの会話も同じ。
整体の施術も同じです。
返信しない人の脳は、何かに対して応答しないように仕組まれてしまっています。
返信しなくてイイ理由を思いつきやすいのか、必要最小限のコミュニケーションをするようになっているのか。
一事が万事。
脳の機能としてそう言うクセのようなものが出来上がっています。
今からそれを書き換えないと、本当に上手く行かないですよ。




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >@>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

50歳は折り返し

読了までの目安時間:約 4分

てあて整体スクールで整体と体の見方・使い方を教えている荒木です。
気がついたらもうじき60歳になりそうです。
ちょっとびっくり。
整体師の技術を身につけたのが40歳の時ですから、かれこれ20年になります。
開業したのは厄が明けた42歳。
なんとなく区切りが良いと思って、そのタイミングにしました。
東京・大泉学園で整体スクールを始めて12年になります。


50歳は折り返し。


ホント!?
そりゃないだろう。
いくらなんでも。
50と言えばもう随分来ちゃった感じだろう。
あと10年もすれば定年も見えてくる年齢だ。
折り返しってことはないだろう。


そんな風に思いますか?
確かに自分自身が折り返しだなと感じたのは35歳でした。
70歳位まで現役で仕事をしているとすると、35歳はちょうどその中間です。
その頃に第二の人生を考えて転職や脱サラや起業について考えました。
しばらくして整体師の勉強を始めるのも、その折り返し感があったからだと思います。
それが50歳が折り返しって・・・と思いました。
これは何かのTV番組に出ていたコメンテーターさんが言っていたことです。


人生80年時代になった。
20歳までは学生で学ぶ時代。
そうすると20歳から80歳までのちょうど中間が50歳になる。
だから50歳は折り返しです。


なるほど、と思いました。
まあ80歳まで全員が現役で働き続けるのは難しいとしても、70歳で引退ってことはない。
75歳位までは仕事にしろ他の何かにしろ現役でいるはず。
寿命が90歳に近づいているんだから、そりゃそうでしょう。
だとすれば50歳が折り返しって言うのは分かる気がする。
自分の50歳を思い出してみても、けっこう若い。
体力的にも頭の成熟度的にも、まだまだって感じがする。
まだまだ感はイタイ感じでもなく、無理をしている訳でもなく、現役真っ只中と言う印象です。


65歳からの人生も実は20年以上ありそうです。
50歳を折り返しと考えて、いろいろと画策するのは面白いですよ。
早いタイミングで転職?
定年後のために準備?
いずれにしても60歳を超えてから何か始めるのでは、ちょっと遅いかなと思います。


ご同輩がんばって行きましょう。




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >@>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>>

どっちが普通なのか

読了までの目安時間:約 3分

ダンススタジオで一緒になる男性がいる。
同年代というと申し訳ないが、年齢はたぶん3歳くらいしか違わない。
そして自営業。
同年代で同じように自営。
一緒になるレッスンが平日の昼間なんだから、当たり前と言えば当たり前だ。




たまに。
ごくごくたまに飲みに行く。
平日の夕方からセンベロみたいな店に行って、なんだかんだと4・5時間飲んでいる。
飲むと言うよりは話をしている。
珍しい。
普段、仕事では毎日のように話をしているが、とちらかと言うと一方的に話す機会が多い。
こちらからバババババっと話を投げる感じだ。
ところがセンベロで4・5時間はお互いに話をしている。
キャッチボールってやつですね。
受け取って投げ返す。
それが延々と続く。


面白い。


何が普通なんだろうと思う。
仕事帰りに同僚と一杯。
サラリーマン時代はとにかく良く飲んだ。
仕事の話はしなかったが、その人となりを知るために飲むようなところがあった。
仕事の話をしたがる上司とは、仕事の話をした。
仕事の話をしない上司もいたが、それはとても珍しい人だった。
今はどうか。
ダンスの話をしている。
次の舞台・パフォーマンスの話や表現の話。
どこかで見た良いカンパニーの話。
動きの話や音楽の話。


仕事の話をするのがつまらないということではありません。
ただね、いつもいつも仕事のことばかり考えているのはどうなのかと思いました。
整体院に来ている患者さんの多くがそう言う人達です。
どっちが普通なのか。
たまに100%仕事を忘れて話の出来る状況ってのは面白いと思います。


休日・てあて整体スクール



整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >@>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>>

返金保証というのはどうなんだろうね。

読了までの目安時間:約 4分

営業電話がありました。
インターネットでの新しい集客方法の営業のようでした。
よくかかってくる営業電話と少し違う切り口だったので、すぐに切らずに聞いていました。


「普通、宣伝には費用が掛かりますよねぇ~。
でも、効果が出るまで費用がかからないとしたら、良いと思いませんか?」
『いえ、そう~は思いませんけど。』


電話の向こうで一瞬息を飲んだような、ちょっと変な間がありました。
次に聞かれたのは、「症状を絞ると集客が増えるというのはご存知でしたか?」でした。
よくある話だと思ったので『そうですね、知ってますけど。』と答えました。
ちょっとイジワルだったですかね。
でも、効果が出るまで費用がかからないことは良いとは思わないし、症状を絞ってニッチを狙うのは、もう10年くらい前から始まっていることですからね。
これについては効果も出ているし。
新しい話はないなと思って、スマヌスマヌとお断りをして電話を切りました。
営業電話はもっと勉強してからにしろよ!って話ではありません。
ちょっと気になったんです。
というか思い出した。
効果が出るまで費用はかかりませんという話と似たようなことです。


返金保証


整体の業界でも『返金保証』をうたっているところがあります。
全部ダメというつもりはありません。
でも個人的には気になります。
というかこう言う手法は好きになれない。


返金保証はつまり、満足行かなかったらお金は頂きません、ということです。
一見、良心的なように見えます。
もちろん良心的に思ってそうしている先生もいると思います。
でも、満足が行かなかったら返金するというのは、満足いかないことを想定しているということです。
やるまえから満足いかないことを想定している整体師に体を預ける気に、僕はなりません。
違う違う全員に満足してもらえる自信があるからそうしている、という先生もいると思います。
でもそれなら、そんなこと書かなければ良い、と僕は思います。
それに満足いかなかったからお金は払いません、なんて言う人いないでしょ。
それを見越して、こう言うことを書く事が美しくない、と思ってしまいます。


まあ、一つの手法だとは思うんですけどね。
僕なら「安心して下さい。きっと良くなりますよ!」って書くかな。




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >@>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>>

1 2 3 9