整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

昨日、業界の人と少し話ました。

読了までの目安時間:約 5分

昨日、整体スクールや学校を登録しているサイトの運営をしている会社の人と話をしました。
聞いてみると驚いたり納得したり不思議だったり。
いろいろなことがありました。
なるほどなぁと思うことも、なるほどではないなぁと思うこともありました。
彼女はこんなことを言っていました。


整体やカイロプラクティックの学校への問合せは減っている。
にも関わらずなのかだからなのか、小さな整体学校やスクールのサイトへの登録は増えている。
リフレクソロジーやエステの学校への問合せやサイトへの登録は増えている。


どういう事なんでしょうね。
整体やカイロプラクテイックスクールへの問合せが減っているのは、世の中の大きな動きなのかもしれません。
景気は悪くはない。
有効求人倍率も高いので転職も就職もしやすい。
整体やカイロプラクティックサロンは沢山あるようなイメージがあって、飽和してるんじゃないかという感じがある。
そんなことがあって問合せが減っているんでしょう、というのが話をしていて分かったことです。
ではリフレクソロジーやエステの問合せやサイトへの登録が増えているのはどうしてなのか。
金額を聞くと10万円から30万円くらいの間の授業料のようです。
自分の心に対しては趣味の延長と言いながら、実は転職や独立を心の底の方に思っている。
やっぱり今の仕事じゃ面白くないんだよなぁ、いつかやりたいことが出来る自分になっていられないかしら。
そんな風に思って貯金の一部を取り崩して、でも痛手は大きくない程度で、始めてみる。
そんな感じなのかと、これは私が個人的に思いついたことでした。


整体やカイロプラクティックは沢山あって飽和しているんでしょうか。
みんなそう思い始めているように思いますけど、本当にそうなのかと考えたことはありますか?
整体師や整体学校の先生なんてやっているとそんなことを考えます。
確かに5年くらい前から60分2980円のサロンが増えてきました。
チェーン展開の整体院も増えているように見えます。
では、自分で行くとしたらどうですか?
60分2980円のサロンが良い時もあるし、チェーン展開の整体院が良い時もある。
でもねぇ。


話を聞いてくれて。
時間を取ってくれて。
いつも同じ先生がいて。
その道には専門的で。
アドバイスをしてくれることもあって。
ストレッチやトレーニングも教えてくれて。
経過も聞いてくれて。
たまには会社の愚痴も話が出来て。
当然、手が優しくて。
きちんと歪みや動きを調整してくれて。
安心して受けられる。
安心して任せられる。


そんな整体院やサロンは多くはありません。
というか少ない。
と思います。
そう言う意味で需要はある。
それに、体を使わなくなった今の時代に、体のことばっかり考えている人は必要です。
体オタクね。(笑)
毎日、会社に通って土日はグッタリじゃやっていけない、って人にアドバイス出来る人は必要だと思います。


リフレクソロジーやエステはそこに対応しているんじゃないかなぁと思ったりします。
そして今は仕事は変わる必要はないけど、でも将来はどうなるか分からないし、やりたいこともやってみたいしと考えている人(たぶん女性に多い)に向き合っていると思います。


もう一つ思い出した。
ストロングポイントについてです。
昨日のサイトの会社の人からも聞きました。
その前にいつも決算をお願いしている会計士さんと話をしていた時にも出てきた話です。
荒木さんのストロングポイントは○○だから。
という話。
自分ではソレが特にすごいストロングポイントだとは思っていませんでした。
バレエやダンスに強いって所です。
最近はバレエやダンス専門の整体院やサロンもあるし、ダンサーやダンス愛好家のためのセミナーを開催しているその道の専門家もいます。
なので特にそんなに強いポイントとは思っていませんでした。
もちろん差別化が出来る程度には特徴として持っていると思ってましたよ。
でもストロングなんて自分の口からは、ああた恥ずかしくて言えませんがな、という感じ。(焦・汗)


でもそうではないんですね。
サイト上では書かれていること、表現されていることが読まれます。
当たり前です。
書いてないことは読めない。
だから自分のストロングポイントはもっと活かして行くのが良いと言うことのようでした。
何年やってんだかと思いますが、人と話をしていると色々と考えることができて面白い。

てあて整体塾@宇都宮 ここからいふ広場

読了までの目安時間:約 3分

てあて整体塾@ここからいふ広場1

ここからいふ広場で【てあて整体塾@宇都宮】をやって来ました。
午前中はストレッチ。
ストレッチと言えば先ずはこれから。


てあて整体塾@ここからいふ広場2

アキレス腱(腓腹筋・ヒラメ筋)のストレッチです。
参加されていたのはクラニオのセラピストの卵達やバレエな方々、子供に運動を指導している方でした。
ストレッチってそもそも何のことなのというような話から始まって、ストレッチの種類や方法などについて説明。
その後は症状別のストレッチをやりました。
腰痛のストレッチの一番にするのが写真のストレッチです。
ストレッチと言っても台の上に足指を乗せて立っているだけ。
でも、これだけで腰痛が良くなります。
どうして良くなるのか、その話をしてから実際にストッチをします。
前屈が楽になるというのが腰痛改善のポイントです。
そして午後はアレクサンダー・テクニークのグループレッスン。
セラピストの方とそうでない方が半々だったので、普段やっているクラニオをする時のことをテーマにしてやってみました。


てあて整体塾@ここからいふ広場3

クラニオもそうですが殆どのセラピーは人に触れます。
触れる時の自分のあり方をどうするか。
それが結果にどう影響するのか。
そんな話をしながらのワークでした。
いつもと違う感覚で触れてみると、相手にもそれが伝わる。
セラピストは様々な経験から自分を作っていきます。
そんな体験ができたかなと思います。
最後に写真を撮りました。
上の写真はここからいふ広場主催の上田さんで、この下の写真は荒木が撮りました。
何故か自分で撮ると寝ぼけている。


てあて整体塾@ここからいふ広場4

次回の開催も決まっています。
11月27日(火)ここからいふ広場でやります。
午前中にストレッチで午後はアレクサンダー・テクニーク。
初めての方も大歓迎です。
詳しくはコチラのFBページでどうぞ。
https://www.facebook.com/events/2341865332535030/?notif_t=plan_admin_added¬if_id=1538040874080262

舞台に出るということ。

読了までの目安時間:約 4分

一昨日は10月13日のパフォーマンスのスタッフ見せでした。
そして昨日はそのリハーサル。
スタッフ見せとは本番で踊る作品を、衣装付きで照明さんや音響さんや舞台監督や他の参加者に見せることです。
スタッフ見せで照明案を出して、照明さんや音響さんなどと打ち合わせをします。
リハーサルってのは練習のことをそう呼んでいます。
スタジオや先生によって呼び方は違うかもしれませんが、ダンスの舞台関係ではだいたい通じるんじゃないかと思います。


また、踊ります。


考えてみれば7月15日に踊ったばかりです。
考えてみなくてもそれくらいのことは分かります。
それくらいというのは”ばかり”という部分のニュアンスです。
ナンデまた踊るんでしょう。
自分でも定かには分かりません。
まあ踊りたいから踊るんでしょう。
と他人事のように感じます。


スタッフ見せでは初めて他の参加者の作品を観ます。
これが楽しい。
舞台で照明がついて踊っているのも良いんですが、地明かり(舞台全体を照らす照明)で踊るのを見ながら照明が入ったところを想像したり、作品が言いたいことや、言いたくないことや、表現しようとしていることや、表現されてしまっていることなどなど。
いろいろと考えるとても楽しい時間です。
作品にはその人が現れるかもしれません。
全然現れないのかもしれません。
それでも普段話をしている時と全く違う作品が出てきたりすると、ほっほぉうこんな作品作るんだぁなんて思ったり、自分には全くない世界観をもった作品が出てくると、これを自分の頭でどう解釈するかなんて考えてりもします。
時に何かを思い出す作品もあります。
今回も幾つかそんな作品がありました。
振付が似ているとか構成が似ているということではありません。
見ていて動かされる心の中の何かが似ているというようなことだったり、目の前に展開されていることから想像される世界が似ていたりするのかもしれません。


自分的にはどうなんでしょう。
仕事とは全く違います。
儲かる訳でもないし楽になる訳でもないし。
でもスタジオで体をほぐしながら、次の自分の出番を待っていたり、終わって人の作品を観るのは面白い時間です。
何でしょうね。
何と言うんでしょう。
自分を確認してる感じですかね。
上手く言えませんけど。
自分を使って動かして何かを表現することは、確認でも表現でもあります。
居るってことなんでしょうか。
それはたぶん何でも良いんでしょう。
テニスでもサッカーでも読書でも絵を描くことでも料理でも食事でも。
それをする時間を敢えて作ることで得られるものなのかもしれません。
なんつって。
何言ってるかわからなくなりました。


10月13日(土)西武池袋線富士見台駅6分のTOKYZAという小さなプレイハウス(スタジオ)で踊ります。
19:30からのチケットが少しあるようです。
見たいという方は連絡下さい。

フェイスブックとツィッター

読了までの目安時間:約 1分

てあて整体スクールFBページ

https://www.facebook.com/teateseitai/

フェイスブックページではスクールのセミナー情報やブログの記事の紹介。
他にも関連記事のシェアなどしています。


てあて整体 ツィッター

https://twitter.com/teateseitai

ツィッターではほぼ毎日ストレッチの紹介。
クラシックバレエや健康情報。
てあて整体スクールの紹介などしています。

バレエ大学講座 始まります。  ~ <悩み別>バレエの体の解剖学&ストレッチ ~

読了までの目安時間:約 3分

10月から《バレエ大学》と言う講座の【<悩み別>バレエの体の解剖学&ストレッチ】という講座を担当することになりました。
初回は10月28日(日)に新宿村スタジオで行います。


《バレエ大学》は教育基本法に定める学校法人の大学とは違って、カルチャー講座のようなものです。
春にお手伝いした上野の森バレエホリデイを企画していた人が始めたもので、バレエを様々なアプローチから広く深く楽しむための講座を展開していくそうです。
自分でするバレエだけじゃなく、観るバレエやバレエをしているお子さんを持つお母さんのための内容まで。
今回は自分がバレエをやっている方々に向けた講座(バレエの体の解剖学とストレッチ)を荒木が担当することになりました。


初回の内容は”アンドゥオール”が出来ない人の体の仕組みとストレッチです。
アンドゥオール=ターンアウトはバレエを始めると突き当たる壁の一つです。
荒木はターンアウトがバレエの全ての基本で、ターンアウトを攻略すればバレエの悩みの多くは解決すると思っています。
いや、バレエだけじゃなくて体型や体の使い方にまで関係するかもしれません。
2時間という短い時間ではありますが、オリジナルのテキストを作って臨みます。
ぜひいらして下さい。


【 ”アンドゥオール”が出来ない人の体の仕組みとストレッチ 】

日時 : 2018年10月28日(日)11:00~13:00(開場10:30)
会場 : 新宿村スタジオWEST304(丸ノ内線「西新宿」より徒歩7分/大江戸線「中野坂上」より徒歩8分)
定員 : 25名
料金 : 3500円
備考 : 受講に必要なもの
     ・動きやすい服装(Tシャツ、ジャージなど)
     ・バスタオルもしくはヨガマットなど、ストレッチの際に床に敷くもの
主催 : 有限会社オン・ポワント
問合 : 070-4035-1905(月~金 9:00~18:00)
     Email info@on-pointe.co.jp

詳細 : https://balletcollege.amebaownd.com/posts/4923290
     ※オンポワントさんのサイトに飛びます。
      詳しくはコチラをご覧下さい。

整体師認定です!

読了までの目安時間:約 3分

名古屋整体師認定1・てあて整体スクール

てあて整体スクール名古屋教室で新たに整体師が認定されました。
Mさんは昨年春に入学され、兵庫県から毎月4日通って来られていました。
兵庫から4日間は毎日新幹線通学です!
正直、凄いことだなぁと思います。


整体師認定おめでとうございます!


とても優しい手の整体師ですが、ちょっと優しすぎるところと真面目すぎると言う、過ぎる関係を少し気にしなければ行けません。
患者さんを前にするとやりたいことがどんどん出てきて時間がかかってしまう。
結果が出るまではどこまでもやり続けようとしてしまう。
整体師になったばかりで患者さんを診るとそうなりがちです。
仕方がない部分もありますが、時間を長くしすぎると患者さんの体が疲れてしまいます。
また調整をしすぎると緩みすぎたり、バランスが逆に崩れてしまうこともあります。
最初は出来るだけ時間を決めて施術をすることです。


彼女はバレエやダンスをしている友人や知人の故障や面倒も見られたらと入学しました。
バレエやダンスの体の使い方の解説や、バレエやダンスで故障をした時の考え方やポイントなど、いろいろと話をしました。
よく理解してくれて内容は分かっている。
でも、それを相手にどう伝えるかが問題です。
今までは一緒にバレエやダンスをしていた仲間だけど、整体を学んで専門的な指摘をする時に、どうやって相手と対峙するか。
そこは意外と難しいところですね。
私自身も会社員から整体師になった当初は、それ以前の友人や知人と体の話をする時には少し苦労しました。
直接、「この前までサラリーマンだったのに、整体師になったからって信じられない。」と言われたこともありました。
日々、整体をすることで少しずつ信頼のようなものが広まって、サラリーマン時代の友人や知人にも整体が出来るようになった記憶があります。


整体師になるまではアマチュアです。
当たり前ですね。
その後はプロとして接することが大切になります。
Mさん
がんばって!


名古屋整体師認定2・てあて整体スクール

姿勢の授業

読了までの目安時間:約 3分

てあて整体スクール 名古屋教室
今日は3日目の授業でした。
午前中は姿勢の授業で午後からは指針整体。

姿勢を整える難しさは、誰でもすぐにできる事を、何もやっていないのに出来るようになりたいという事。
例えば猫背の人が猫背を直したい場合、胸を反らせば直ります。
でもそれでは問題は解決しない。
自分では胸を反らせていないのに、猫背ではなくなっていたい。
というところです。

ストレッチやトレーニングも大切ですけど、教え方がポイントになってきます。
普通にしてたら猫背という事は、猫背でなくなったら普通とは感じないってところは何度も確認します。
出来ているのに、出来た感じがしないかも知れないし、ちゃんとしていない感じかも知れません。
だから写真はとても大切なツールになります。
なんて事を話しながら指導方法をやりました。
ビフォーアフターの写真です。
左がビフォーで右がアフターです。


姿勢1・てあて整体スクール

姿勢1・てあて整体スクール




姿勢2・てあて整体スクール

Processed with MOLDIV




姿勢3・てあて整体スクール

Processed with MOLDIV




姿勢4・てあて整体スクール

Processed with MOLDIV




皆さん自分が何かをやっている感じはありません。
ただちょっと変な感じはある。
しゃんとしていないような、少なくとも良い姿勢って感じではない。
写真を見ると首を傾げますが、これで大丈夫なんだと確認されます。
授業では色々な事をやってます。


姿勢5・てあて整体スクール

姿勢6・てあて整体スクール

てあて整体院でやっている事。

読了までの目安時間:約 2分

てあて整体には色々な人が来ます。

体のどこかに痛みがあって来る人。
疲れが抜けなくて来る人。
体の調子を整えに来る人。
大人から始めたバレエで故障した人。
大人から始めたバレエで悩みがある人。
バレエを習っているお子さんの悩みに答えられない親御さん。
バレエを習っているお子さんの体の歪みが気になる親御さん。
ダンスで故障した人。
ダンスで気になる事がある人。
歩き方が気になる人。
姿勢や体の歪みが気になる人。
体の動きが気になる人。
ピアノやバイオリンが上手く弾けなくなった人。
声が出にくくなった人。
むくみが気になる人。
夜、眠れない人。
少しリラックスしたい人。
とにかくリラックスしたい。
体の事で相談したい人。

他にも色々ありますが、種類が多いのは整体だけでなくアレクサンダー・テクニークやクラニオや個人セッションをやっているからでしょう。
メニューが多くて分かりづらい感じがします。
とにかく荒木に相談だと思って貰えば良いのかも知れません。

昨日はバレエ親子がやって来ました。
お母さんに娘さんにやってもらいたい事があったので教えましたが、上手くいかないとメールがありました。
今朝はその動画を撮ってインスタに上げる予定です。
色々とやっております。

樹木希林さん

読了までの目安時間:約 4分

樹木希林さんのことを考えた。
最初に知ったのはもう40年以上前の寺内貫太郎一家の「じゅぅりぃ〜〜。。。」だ。
当時は悠木千帆と言っていた。
いつからなのか樹木希林になった。
名前を売ったとか売らないとか。
昔はどんな人だか知らなかった。
今だって知ってる訳じゃないけど、昔はもっと知らなかった。
離婚話の時もワイドショーを見るような年齢じゃなかったから知らなかった。

後から最近になって。
とは言え15年くらい前から何となく気になりだした。
いちいち言っていることがファンキーと言うかロックと言うか。
内田裕也さんとのことも、漏れ聞くところによれば、私の重しになってもらっているとか。
それはどう言う事なのか。
内田さんの重しに樹木さんがなってるんじゃなくて逆なのか。
それにしても話している事や言動を見聞きしていると、良い人と言う訳ではなかったようにしか思えない。
なのに何故あんなに皆んなが寄ってたかって周りで話を聞きたがりニコニコして驚いたり頷いたり、そして素敵な人だ良い人だ的なことになるのか。

多分、自分で考え自分の言葉で話をしているからではないだろうか。
常識とか普通に考えてとか、良い事とか悪い事とか、規則とか規律とか。
そういう既に決まっている事ではなく、最初から自分の頭で考え自分の言葉で話をしていたからではないか。
だから皆んな反論のしようがない。
だってそこにはどこかから持ってきた、自分で考えたのではない基準がないから。
全て最初から積み上げられているから。
それに聞いていて気持ちがいい。
淀みがなくはっきりと心の中から出てくる言葉だから。

人は死ぬ。
昔は随分と怖かった。
死ぬ事を思うと子供の頃は、暗闇に頭の後ろから吸い込まれるような恐怖があった。
だって死んじゃうんだよ。
自分がいなくなる。
存在しなくなる。
そんなこと考えられない。
と思っていた。
ところが最近はそうでもなくなって来ている。
年を取るとはこういう事なのかと思う。
死を怖がっても仕方がない。
だって皆んな死ぬんだし。
なんて思うようになってくる。
それに死は二人称と三人称で一人称では現実的には語れない。
死ぬのは目の前の人かどこかにいる誰かで、自分ではない。
何故なら自分が死んだときは自分はいないので、自分の死を知る事も感じる事も分かる事も出来ない。
死にそうだってのは分かるけどね。
だからまあ仕方ないか。
そんな風にも思えるようになって来た。

そう言えばこの前、AI(人工知能)についての番組を見ていた。
そしたら自由意志の事を思い出した。
自由意志はやはりないんだろうか。
そうだとしても人は生きていく。
人は自由意志があると信じて生きて行くのか。
もしくはないと信じて生きて行くのか。
どちらを信じるにしてもせっかくだから、人生を楽しめるものであればなと思う。

樹木さんのご冥福をお祈り致します。

座学が面白い。

読了までの目安時間:約 1分

てあて整体スクール 名古屋教室
9月の授業2日目が終わりました。
今日はマッピング(体の地図)と指針整体でした。
最近、手技療法関連の国家資格の学校に通っている生徒さんがいます。
彼の今日の一言。


座学が面白いです。
国資の学校の解剖学は国家資格のためのもので面白くない。


だそうです。
あくまで個人の見解ですよ。
あくまで。


マッピング1・てあて整体スクール

マッピング2・てあて整体スクール