整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

アレクサンダーテクニークで丁寧な生活を

読了までの目安時間:約 4分

アレクサンダーテクニークは自分の使い方の方法です。
100年程前にFMアレクサンダーさんが発見して、世界中で受け継がれてきた考え方で手法です。
楽器演奏や声楽などの音楽家や俳優さんダンサーさんなどが受けていることでも分かるように、体の使い方が上手く行かなかった時に、自分の体を見直す時にレッスンを受けたりします。
楽器演奏や声を出す指導、踊り方を教える時、普通は体をこんな風に使ってみてとか、こんな風にはしないようにとか、指導者はコーチがより良い方法や正しい使い方を教えます。
ところがアレクサンダーテクニークでは別の教え方をします。


今やっている無駄なことや不要なことを、やらない。
やっていることをやめてみる。


というアプローチです。
こうすれば上手くいくというのとは違い、これをやめてみれば上手く行くかもしれない。
そんな風に試しながらやって行きます。
そのために、先ずは観察をして気が付くことから始めます。
自分が何をしているのか。
自分の体がどんな風になっているのか。
何かをしようとした時に、自分の体にはどんな変化があるのか。
それを観察します。
最初は戸惑うこともあります。
そんな風にじっくり構えるよりも、より良い方法を教えて欲しい。
そんな風に思うこともあると思います。
でも、少し時間をかけて自分の様子を見てみるようにします。


何かをしようとするときに、自分の中に何かが起こります。
上手くいかないときには、習慣や癖になってしまって、知らず知らずのうちにその何かに引きずられます。
やろうと思うとついそうなる。
そうなってしまうと、もう次には行けません。
最初にどこかに力が入ってしまうと、連鎖的に力が入ったり上手く動かなくなったりします。
だからその最初を見つける。
そしてやめてみる。
大変かもしれないですけど。
でも出来ないことをする訳ではありません。
自分がやっていることを、やめる。


その上で何かをしてみる。
そこに出てくるのは、自分が本来持っている動きや質のようなものです。
(プライマリームーブメントとかプライマリーコントロールなんて呼びます。)


普段やっていることの殆どは習慣的な動きや手順で行っています。
何も考えずに出来ることは悪いことではない。
でも上手く行かないことがあったら、一度立ち止まってみる。
自分に気がついて、どんな状態なのか感じてみる。
少し隙間を空けて、スペースを取って、余裕を持って、動いたり考えたりしてみる。
そんな風にしていると、少し生活が丁寧になってきます。
きめ細やかな時間が出来るかもしれません。


姿勢や歩き方や座り方。
何かが上手くできないときなどアレクサンダーテクニークを受けますが、その考え方やアプローチは生活に余裕や丁寧さを生むように思います。

ルルベを高く上げるには

読了までの目安時間:約 3分

甲出し整体出来ますか?
ごくたまに聞かれることがあります。
てあて整体院は大人バレエな整体院だとかダンスに強い整体師だと言っているので、聞いて頂けるんでしょう。
甲出し整体というのはやっていませんが、甲を出す練習方法などは教えています。
また、甲を出しやすくするための手技もやっています。


foot・足・てあて整体

足の骨はこんな形をしています。
指は足の甲の中まで細長い骨で繋がって、足首に近い側に小さな骨が幾つか並んでいます。
甲の部分の小さな骨たちは、それぞれ靭帯で繋がっているので触れても硬くあまり動きません。
でも、動きます。
小さな骨と細長い骨のそれぞれの間は関節です。
親指側から小指側に関節が繋がっているのが分かります。
これが足裏側に曲がると甲が出ます。


甲を出すには二つのことが大切です。
一つは動きにくい甲の関節を動かすこと。
もう一つは甲を出すための筋肉が使えるようにすること。
甲の関節を動かすには、甲を指で押します。
小さな骨が幾つかならんでいるので、それをゆっくりまんべんなく押します。
動きそうもないし硬いので、すぐに諦めてしまいそうになりますが、諦めずに押します。
最低でも5分位は甲全体(特に足首に近い側)を押します。
それだけでも甲は柔らかくなり、立ち上がると足裏がフワフワになるのが分かります。
次に足指を持って手で動かします。
外から見えている部分だけでなく、骨の絵で分かるように甲の真ん中位まで動かします。
これを毎日やって下さい。


足の甲を出す筋肉は、足指を掴む筋肉です。
足指を一本一本使えるように、グーチョキパーをしてみたり、タオルギャザーをしてみたりします。
小さなボールを足指で掴んで、そのまま足首を回すのも良いトレーニングです。
そして足裏の筋肉と足指の筋肉のストレッチです。
写真を載せましたが、床にしゃがんでかかとを上げます。
足指を床につけたら、いろいろな方向に足を少し動かします。
足指の付け根を良く動かして上げます。
そして、しゃがんだままルルベを高くする練習をします。
これで足指と足裏の筋肉がストレッチされ、足裏や足指が使いやすくなります。
先ずはここから始めましょう。


ルルベ2・てあて整体

ルルベ1・てあて整体

整体師の仕事

読了までの目安時間:約 4分

整体師やセラピストの仕事は患者さんやクライアントさんの辛いところを楽にすることです。
腰痛や膝痛のある方が来たら、腰痛や膝痛がなくなるように施術します。
冷え性や浮腫(むくみ)のある方が来たら、体を暖かくむくみがなくなるようにします。
そのために色々なことを考え施術をしたり話をしたりします。


病気になったり調子が悪くなると薬を飲む。
先ずは何も考えずに病院に行って検査をしてもらう。
医療費の無償化が進んで子供が病院に行って薬をもらうことが増えています。
以前はここまで病院にかかると言うことはなかったように思います。
薬も増えたように思います。
同様に病気も増えたように思います。
早期発見すれば早期に治りやすいと言うことはありますが、ひょっとして以前は病気と呼ばれなかったようなものまで病気と診断されているのではと思うことがあります。
医師は患者を受け入れる義務があるので、来た人は診ることになっていますから。


患者さんは薬を飲めば治ると思っています。
確かに症状が取れるような薬を処方されるので、熱が下がったり咳がでなくなったりします。
それで治ったような気分になる。
でも実際は出ている症状を止めているだけで、病気そのものは治っていないかもしれません。
整体院に来てもすぐにこの場でチャチャっと治ると思っている人もいます。
全員ではありませんけど、中にはどこかを押せば痛みは消えるとか、どこかを揉めば治ってしまうと思っている人もいます。
もちろん治ることもあります。
でもすぐにとは限りません。
手技にはやはり限界があります。
特に時間的な限界はある。
体の状態が変化するのに、普通はある程度の時間が掛かります。


治るのは患者さんです。
体の中の状態を変えるには、手術で取ってしまうか入れ替えないのであれば、日々の細胞の入れ替わりでしか状態は変わりません。
もちろん、痛みの出ない姿勢や使い方をすれば瞬時に痛みが消えてなくなることもあります。
でも全てがそうではありません。
多くは時間がかかる。
そしてそれをしているのは、実は患者さん自身です。


治るのはあなたです。
整体師やセラピストはそのお手伝いしか出来ません。
なんてことを言いたい訳ではありません。
患者さんの体の中の状態が変わるような準備を、体からのアプローチだけでなく心のアプローチとしても行うのが整体師やセラピストです。
心理療法やコーチングなどではありません、普通に話をしながら患者さんの気分を変え考え方が少しでも方向転換するようなことを考えています。
整体師やセラピストは患者さんの環境の一部です。
患者さんが良くなっていくような環境を整えるのが仕事。
そして自身もその環境の一部をなしている。


そんなことを考えながら整体をやっています。
そして整体師を育成しています。

筋肉痛です。

読了までの目安時間:約 3分

筋肉痛です。
ダンスのレッスンに行きました。
神楽坂にあるセッションハウスの松本大樹さんのクラス。
レッスンを受けた後には痛みはありませんでした。
ただ、いつもと違って体の節々がグギグギしていて動きにくく、関節の間の油がゲル状になったような、筋肉を少しボイルしてむっちりさせたような感じにはなっていました。


レッスンの翌朝起きたら、背中が痛かった。
だから正確には筋肉痛ではなく、ぎっくり背中。
ぎっくり腰のような印象です。
とは言え歩くことも出来るし仕事に支障があるほどではない。
程ではないけど、起き上がったり寝たりすると、「ふっンぅぁ!!」みたいな音が口から漏れます。
声にならない声。
動物的なアレです。
右後ろの肋間筋の痛みです。
たぶん胸椎十番から十二番あたりの肋間筋です。
浮遊肋骨になっている部分が、動きすぎて引っ張ってしまったのかと思います。
筋肉や筋膜に損傷がある。
ほんの少しだけだと思いますけど。
たぶん、限界ぎりぎりまで引っ張ったのではないか。
あるいはストレッチしながら動いた時に、微妙な緊張が走ったのではないか。
そんな感じです。


整体師ですから。
どうにかするか。
いや、放ったらかしです。
何もしない。
何もしないというと語弊がありますが、治療的なことはしません。
それほどではない。
動く時に「ふっンぅぁ!!」と音を出しながら生活します。
そして普段よりも歩きます。
腰痛の時もそうですが、歩く。
歩くのは全身運動です。
脚だけ動かしていると思っている人が多いと思いますが、歩くのは全身運動。
脊椎も動くし肋骨も肋間筋も動く。
そうやって少しずつ動かすことで、血流を良くし筋肉を動きやすくします。
筋肉は放ったらかしても修復されます。
自己治癒力なんて言いますが、人間の細胞は動的平衡。
日々、細胞は作られ壊れ入れ替わっています。
その入れ替わりに任せるということです。


無理にストレッチしたり捻ったりは絶対にしません。
そんなことすると長引きます。
だから何もしない。
そして散歩をするだけです。

骨盤の話

読了までの目安時間:約 2分

てあて整体スクール院長荒木です。
解剖学の授業で説明する骨盤の話です。


骨盤・てあて整体スクール

骨盤をCDケース5枚で説明することがあります。
写真にあるように2枚の一辺を合わせ、直角な位置にして床におきます。
これが小骨盤と言われる、恥骨と座骨の位置のイメージになります。
その上に直角くらいの角度で別の2枚を乗せます。
この右下の一枚と右上の一枚が真ん中で直角くらいの角度で合わさったものが、右の寛骨のイメージになります。
上の二枚の間に一枚ケースを入れます。
この一枚が仙骨のイメージになります。
仙骨と上二枚(寛骨の上の部分)が大骨盤のイメージになります。
下にある小骨盤と、上にある大骨盤。
左右の寛骨と間にある仙骨。
これらの関係が少しわかりやすくなります。


骨盤は形をイメージするのが難しい骨だと思います。
小骨盤と大骨盤と言われてもアレだし、寛骨の形もプロペラみたいだと言われても最近はプロペラ自体を見ることがないし。
仙骨と寛骨の関係だったり。
でもこうやって説明すると印象には残ります。
後で思い出した時に、あんな感じだったと思い出しやすいと思います。


股関節は骨盤にありますが、どこにあるかイメージ出来ますか。
写真のCDケースだと上下に二枚クロスして合っている部分に、外向きにあります。
お椀になったような臼蓋が外を向いています。
ということは骨盤は脚(大腿骨)の内側にあることになります。
これもちょっとイメージとは違います。

指針整体の話を少し

読了までの目安時間:約 3分

指針整体2

何度も書いていますが、改めて指針整体について書きます。
てあて整体スクールを始める動機の一つが、指針整体を残したい、あるいは広めたいというものでした。
何故か。
安全だからです。
基本通りに行えば指針整体はとても安全です。
世の中の手技療法は基本的には全て安全です。
でも、やり方次第では危険になってしまうものもあります。
そんな中、指針整体は普通に行っていればとても安全という点で他と違っています。


こんな整体は他にはない。


そう思って広めたいと思っています。
本当に他にないんです。
それと基本通りに行えば効果が高い。
効果にはいくつかありますが、「筋肉が緩む」「筋肉が軽くなる」「動きやすくなる」というものです。
筋肉が緩むと重たくなる整体もあります。
翌日には軽くなるはずだからそれでも良いと言えば良いですが、指針整体は受けた直後から軽くなる。
その上、動きやすくなります。
押したり揉んだり体重をかけたりする整体では、筋肉は緩みますが重だるくなることがあります。
また、好転反応と言って翌日に動きにくくなったりすることもある。
これは刺激の総量が多すぎて、筋肉が疲労したり弛緩しきってしまうからと言われます。
それが指針整体にはない。
どうしてでしょうか。


指針整体には構造的に効果が出やすくなっています。
構造とは作り、持っている属性が効果に繋がっているということです。


指針整体は押さない揉まない体重をかけない。
刺激の総量が少ない。
一回一回の刺激が芯まで届くので、体は変化を起こします。
刺激の総量が少ないので、筋疲労がなく緩み過ぎません。
だから重くならず軽くなり体が動きやすくなります。


トントンとリズミカルな刺激を入れる。
リズミカルな刺激は副交感神経を刺激します。
そのことで全身がリラックスし動きやすく軽い印象になります。


うつ伏せだけでなく仰向けでも施術を行います。
全身の毛細血管に刺激を入れるので、全身の血流が促され疲労物質が流れることで体が軽くなります。


これらの構造を持つ指針整体だから、軽く刺激をしているだけなのに、動きやすく軽くなり疲れが残らないことになります。
つい強くしたり長くしてしまったとしても、普通の整体のように少し体が重くなるというだけで、翌日にはまた戻通り軽い体が戻ります。
この指針整体を広めたいというのが一つの動機です。
安全で安心して出来る上に効果が高い。
他では学ぶことの出来ない整体手技です。
興味があったら授業見学や整体の体験に来て下さい。
無料で受けることが出来ます。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

骨格調整専科@名古屋 11月に開催します。

読了までの目安時間:約 2分

マッスルエナジー・テクニック(MET)
てあて整体スクールではMETというボキボキしない骨格調整を指導しています。
筋肉と関節の持ってる独特の性質を利用して、骨の位置や硬くなった筋肉の調整をします。
力を使わない調整法ですが、首や背中や腰など脊椎(背骨)の歪みだけでなく、骨盤調整や膝などの調整も出来ます。
床での調整も出来るので、ピラティスやパーソナルトレーナーなどスキルアップに繋げるために学ぶ人もいます。
将来の開業するために安全で安心して出来る調整法を学びにくる先生もいます。


てあて整体スクールの名古屋教室で行われる骨格調整専科は、4日連続で行う集中コースです。
オリジナルのテキストを使い、動画撮影もOKなので、必ず身に付けることができます。
終了後は修了証が発行され、卒業生同様の骨格調整授業にリピート受講することが出来ます。(1日1,000円)
興味のある方は問合せ下さい。


骨格調整専科@名古屋

日時 : 11月19~22日 10:00~14:00 4日連続
場所 : 愛知県名古屋市東区葵 3-14-20-2F 水素ハスハナ
     JR・地下鉄千種駅1分
料金 : 110,000円
問合 : teate@nifty.com 03-3922-7230


骨格調整19053

骨格調整19058

骨格調整19059

マニュアルセラピー

読了までの目安時間:約 3分

マニュアルセラピー
徒手療法。
手で施術をするセラピーの事です。
道具や器具を使うこともありますが、基本的には手だけで施術をするものです。
相手がいて自分がいる。
手で施術をするので相手に触れることになります。
相手に触れる仕事です。


日本人は日常的には人に触れることの少ない民族だと思います。
ハグをする習慣はないし、握手もあまりしません。
だから慣れていない。
慣れていないことですが、手で触れることにはとても大きな意味があります。


人間は哺乳動物です。
哺乳動物にとって接触刺激や圧迫刺激は快刺激です。
集団を作って生きていく動物にとって、触れたりくっついたりすることが快刺激になるのは、生存戦略上有利に働くからだと思われます。
誰かに触れられたら気持ちが悪いとか嫌な感じ不快な印象になるとしたら、人も哺乳動物も人を避けるようになり集団は作られにくくなります。
集団が作られないと、個体としては弱い哺乳類や人間は生きて行くことが出来なくなり、種としての存続が危うくなります。
接触刺激や圧迫刺激が快であれば、集団を作りやすいような習性を本能的に持っていることになります。


現代人は集団生活をしなくても生きていけるほどに高度な社会を作りました。
一人で生活をしていても困らないような社会です。
人と触れる機会はどんどん減っています。
特に日本人は文化的な背景もあって、直接人とは触れない。
快が減っていることになります。
その上ストレスは逆に増えている。


マニュアルセラピーの必要性はここにもあります。
触れることで体を整える。
投薬や手術ではなく触れて整える。
データを見て画面を見て診断するのではなく、話を聞き触診し体を動かしてみて判断する。
それは人にしか出来ない仕事です。


てあて整体スクールはマニュアルセラピー(徒手療法)を指導している整体学校です。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230

60過ぎたら無理しよう。

読了までの目安時間:約 3分

還暦を過ぎれば立派な爺さん婆さん。
赤いちゃんちゃんこ着て孫に囲まれる。
というようなイメージが昭和の時代にはありました。
でも、周りを見回しても60で爺さん婆さんになっている人はけっこう稀。
アクティブでヤングなナウいおじさんおばさん位の勢いがあります。


2年前には国が人生100年時代などと言い始めました。
団塊の世代を筆頭に高齢者が増えて増えて年金や保険をなんとかしないとと言うことだとは思いますが、それでも平均寿命は男性81歳女性87歳位なので60歳と言ってもそれほど高齢とは思えなくなっている。
2019年にスポーツ庁から発表された体力測定の結果では、60代後半の女性は握力や上体起しなどの全ての項目で過去最高を更新、60代後半は男女とも2018年に続き上昇傾向だったそうです。


60過ぎたら無理をしましょう。


確かに大変です。
自分がなってみると意外に大変。
でも、動かないことはない。
これまでと同じように動いていると、疲れやすいし疲れは残るし痛みは出るし故障も増えます。
それでも動いた方が良いと思います。
しかも少し無理をするくらいです。
無理をしないで体が楽なままに動かしていると、落ちます。
いろいろと落ちる。
筋力も体力も落ちるし、体についた脂肪もぶら下がる。
一度、落ちると時間がかかります。
筋力は何歳になってもつくことが証明されていますが、20台30台と同じスピードでつく訳ではない。
だったら少しずつ無理をして、少々の痛みや少々の疲れとともに動き続ける方が良い。
そう思います。
あくまで個人的な見解ですよ。
荒木にそそのかされて動き続けたら動けなくなったなんてことのないように。
自分の様子を感じながら動いてみてください。


あああ~今日は休もうか。
疲れちゃったし。
なんか足が思いし。


そういう時は行っとくべきだと思います。
動いて損はない。
殆どの場合は体が軽くなります。
疲れは物(疲労物質)ですから、動けば血流とともに流れます。
ひとまずは体が軽くなる。
そして翌日か翌々日にまた重くなる。
重くなったら少し動いてまたストレッチ。
みたいな循環です。


70にはなっていないので分かりませんが、先輩ダンサーなどを見ていると動き続けることは大切なのは分かります。
とりあえず60超えた位で自分で勝手に歳を取らないようにしたいものです。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230

プロ野球ドラフト会議

読了までの目安時間:約 2分

今年もこの季節が来ました。
プロ野球ドラフト会議。
毎年同じことを言ってますが、ドラフト会議が嫌いです。
嫌いと言うより許せないというのが近いかもしれません。

整体業界では患者さんとは政治と野球の話はするなと言われます。
意見の違いがはっきりして喧嘩になるかもしれないからです。
荒木は野球にはあまり興味がありません。
会社員時代には話を合わせる程度には情報収集していましたが、今はもう全く気になりません。
クライマックスシリーズの話をたまに患者さんからされますが、どことどこが残っているのかさえ分らないしまつです。
ドラフト会議は違います。
昔のアメリカのテレビ番組の場面を思い出します。
白黒番組で西部劇でした。
奴隷を売買する場面を描いていたものだったと思います。
壁に売買される奴隷が並ばされます。
並んだ奴隷を白いテーブルクロスのかかった丸テーブルに座った白人が品定めしています。
奴隷の特徴や能力が説明され値段がついて落札されるような格好で売買されます。
奴隷は黒人が買うのは白人が演じていました。
白人の中には女性もいたと思います。

ドラフロトは高校生を売買しているようにしか見えません。
どんなに理由をつけようがそう見えます。
偏見だと言われるかもしれませんがそう見える。
このシステムは酷すぎると思います。
どうして職業選択の自由に抵触しないのか不思議です。
そこにはうまい説明があるんだろうと思います。
そして悲しいのは殆どの人がドラフトを受け入れていることです。
自分が行きたい会社の試験さえ受けられないんです。
そんなのアリでしょうか。

ま、そんなこと考える人はいないのかもしれませんけど。

最近の投稿
カテゴリー
てあて整体スクール
03-3922-7230
teate@nifty.com
アーカイブ
おもてなし規格認証2019