整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

私は整体師に向いているのか

読了までの目安時間:約 3分

整体師やセラピストになりたいけど、私は向いているのかどうか。
向いていないのならやめた方が良いし、向いているのならやってみたい。
そんな風に考える人がいるようです。


整体師やセラピストに向いているかどうか。
整体師やセラピストに向いた性格があるのかどうか。


整体師に向いているかどうか、セラピストに向いているかどうかと言う時、何をして向いていると言うのかというところを考えておかなければ行けません。
治せる整体師になれるのか。
食える整体師になれるのか。
これ違う才能だと思います。
治せる整体師になれるかどうかを、向いているかどうかと考えるのか。
それとも、食える整体師になれるかどうかを、向いているかどうかと考えるのか。
そこの違いで少し答えが違うと思います。


治せる整体師に向いているのはどんな人か。
手の感覚が鋭く繊細で、自分の体を上手く使うことが出来て、患者さんの体の状態が分かる人。
という訳でもありません。
これらのことは練習すれば何とかなります。
手の感覚も自分の体の使い方も患者さんの状態も、時間をかければ出来るようになります。
それよりも、人に興味が持てるかどうか、人と話をするのが苦にならないか。
その上で常識的な考え方が出来て、物事を順序建てて考えられるかどうか。
そして自分で考えることが出来るかどうか。
と言うようなところがポイントだろうと思います。
人に興味がなければ、人の状態は掴めません。
症状の原因も表層的なことだけになってしまって、根本の原因を見つけにくくなる。
常識的に順序建てて考えられて、自分でいろいろと考えをすすめられるかもポイントです。
人に言われたこと、特に患者さんに言われたそのままを鵜呑みにするようでは、目の前の事象をきちんと捉えられなくなってしまいます。


食える整体師に向いているかどうか。
経営の部分ですね。
先ずは整体師として食べて行くために、経営的な考え方が必要だと知っていることです。
技術があれば。
テクニックがあれば。
知識があれば。
経験があれば。
真面目にやっていれば。
やることをやりさえすれば。
何とかなるだろうという考えでは向いていません。
どうすれば患者さんが来てくれるのか。
どうすれば自分のことや自分の整体や自分の整体院を知ってもらえるか。
常に考え続け、考えたことを行動し続けることが出来るかがポイントです。


私は整体師やセラピストに向いているか。
特殊な技術や能力が必要ではないことは確かです。
やっぱり整体やセラピーが好きだということが前提なのかと思います。
食える整体師にならなければ、整体師をやめなきゃいけませんから。
整体でないことでも続けられるためには、好きだってことがポイントですね。

11月19日から22日までは名古屋で整体授業です。

読了までの目安時間:約 2分

こんにちは。
てあて整体スクール・荒木です。


来週は名古屋教室で授業があります。
今月の授業は骨格調整。
骨格調整の授業では脊椎(頚椎・胸椎・腰椎)や骨盤など骨格のズレや動きの悪さの調整に加え、梨状筋や腸腰筋などの筋肉の調整も行います。
調整手技は主にマッスルエナジーテクニック(MET)を使っています。
METはファシリテーション(促通)とモビライゼーションを合わせた手技と言われますが、力を使わないことやボキボキしないこと、患者さんの力を使うことなどが特徴です。
力が弱い方や始めての方でも、複雑ではないので比較的やりやすい手技です。
スクールに入学せず骨格調整の授業だけを4日間連続して受けるコースを、骨格調整専科として受講することも出来ます。


スクールの授業は見学することが出来ます。
一日体験入学です。
整体に興味のある方やこれから入学を考えている方は問合せ下さい。
何かを始めたかったら行動して下さい。
自分の目で確かめることです。
考えていても始まりません。


てあて整体スクール 名古屋教室
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20-2F
teate@nifty.com
03-3922-7230

【11月授業】

11月19日から22日 10:00~14:00(昼食休憩あり)
見学者は申込の上、9:30にいらして下さい。
お待ちしています。


骨格調整・てあて整体スクール

ダンスが上手くなるためにバレエはやっぱり必要ですか?

読了までの目安時間:約 5分

ジャズダンスや他のダンスでもたまに聞く言葉です。


ダンスが上手くなるためにバレエはやっぱりやっておいた方が良いですかね。
とか。
バレエはやっぱりダンスの基本だから。
とか。


かくいう私もこれ以上上達したかったらバレエをやった方が良いと言われ、30代になってからクラシックバレエのレッスンに行きました。
ジャズダンスを始めたのが26歳だったので5年近く経った時のことでした。
私がやっていたダンスはジャズバレエと呼んでいて、ルイジジャズやアルビンエイリーなどがルーツの、今となってはクラシックなイメージのジャズダンスでした。
ジャズバレエというくらいでバレエ的な体の使い方をしていたので、バレエをやった方が良いというのは説得力のある話でした。
では、ジャズバレエではないダンスをしている人はどうなのか。
一般的なジャズダンスやコンテンポラリーダンス、ベリーダンスやフラダンス、社交ダンスやアルゼンチンタンゴなどなど。
そう言う違うジャンルのダンスをするのにクラシックバレエをやっておく方が良いんでしょうか。
実はこれなかなか難しい問題を含んでいることがあります。


バレエが基本だとかバレエをやった方が今のダンスが上手くなるというのは、バレエには長い歴史があり基本的な動きや体の使い方が決まっていて、レッスン方法も確率されているというところからだと思います。
体のポジションだとか向きだとか、手や脚の動かし方もある程度決まっています。
初心者が始めると、自分の体の使い方を学ぶという点でとても合理的に出来ていると思います。
そしてストレッチ。
バレエの動きは股関節の可動域を大きく使うものが沢山あります。
つま先は真横に向く方が脚を使いやすいし、前屈も前にぴったり倒れる方が体を使いやすくなっています。
そのためにストレッチをきちんとすることになるので、他のダンスにも有効。
だからバレエのレッスンをすることは、他のダンスをするのに良い効果がある可能性があります。


ではバレエをやらないと他のダンスは上手くならないのか、他のジャンルのダンスだけをやっていて上手くなることは出来ないのかというと、これは違うと思います。
ジャズダンスにはジャズダンスの練習法があります。
コンテンポラリーダンスにはコンテンポラリーダンスの、ベリーダンスにはベリーダンスの練習方法があります。
そのダンス独特の動きはそのダンスでしか練習出来ないし、体の使い方も柔軟性もそれぞれのレッスンを受けていても出来るようになります。


で、結局どうなの?(笑)
だからなかなか難しいんです。


バレエは柔軟性や体の使い方という点では、他のダンスの役に立つことが沢山あります。
方向性や手足の使い方などは、バーレッスンなどするだけでも、効果的に学べます。
ところがバレエには独特な体の使い方があります。
ターンアウトという股関節の外旋や、引き上げと呼ばれる体幹の上下方向のストレッチ、手や脚の方向やステップなどの時の体の使い方などさまざまにあります。
これはバレエをする時にはとても便利で、これを練習することでバレエ的美しさを表現しやすくなります。
ところが他のダンスだと、れがいらない場面が出て来ることがあります。
コンテンポラリーダンスで床を使うような時は、バレエ的な引き上げよりも、逆に重力を感じる方が大切になることもあります。
答えは一言では言えません。


個人的な意見を書いておきます。
他のジャンルのダンスを上手くなりたいためにバレエをするなら、そのジャンルのダンスがある程度踊れるようになってからが良いと思います。
いろいろな意見があると思うので断定は出来ません。
でも、自分のダンススタイルがある程度出来て来た時に、柔軟性や指先まで伸ばすことや、様々な動きの練習に良いと思います。
初めからバレエと他のダンスを続けると、分かりにくくなるかもしれません。
全く違うジャンルであれば、全く別のものとして出来ると思いますが、少しでも似た部分があると混乱するかもしれないと思います。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230

パラ陸上世界選手権

読了までの目安時間:約 2分

数日前からパラ陸上世界選手権を見ている。
夜中なので全ては見られないが、幾つかの種目の決勝を見た。


パラ陸上山本選手1・てあて整体スクール

男女走り幅跳び
車椅子800メートル、1500メートル
男女100メートル など
中でも男子走り幅跳びT63の山本選手のジャンプには興奮しましたた。
山本選手は片足が義足の選手で、ジャンプは義足側の脚でジャンプする。
他の選手の殆どが踏み切り板を蹴った時に、上体が反っているのに対し山本選手は前傾してロケットのように飛び出していく。
結果、銅メダルを獲得して来年の東京2020に出場が決まったようでした。
走り高跳びに冬季パラリンピックにも出場していた成田緑夢選手が出ていましたが、その横にいた鈴木徹選手を始めて知りました。
ジャンプは見られませんでしたが、現在世界ランキング1位で自己記録を見ると2メートルを超えています!
片足義足ですがジャンプは義足ではない側の脚で飛びます。
それにしても2メートル!
凄いことです。
女子100メートル(視覚障害)は11秒66で優勝しましたが、この記録は今年の日本選手権の記録よりも早い記録だったようです。


パラリンピックをこれだけ多く見たことは始めてでしたが、車椅子のトラック競技などはオリンピックの自転車競技と同じようなイメージでしたし、義足の走り幅跳びや高飛びなどはオリンピックの棒高跳びと同じイメージがしました。
器具を使って自身の筋力や体力と技術を競い合うという意味では全く同じものと感じます。
また、視覚障害の方の走り幅跳びや短距離走などは、人間の可能性を感じるという意味でも勇気を感じるという意味でも素晴らしいものがありました。
遠い将来かもしれませんが、オリンピックとパラリンピックという別々の括りではなく、同じ大会として開かれると良いなと思います。


パラ陸上山本選手2・てあて整体スクール

手技をやりやすいようにアレンジしない。

読了までの目安時間:約 4分

整体の勉強を始めていろいろ練習をすると、やりにくい手技が出てきます。
患者さんの体の大きさと自分の体の大きさの違いだったり、筋力の問題だったり、手技の複雑さや単純さだったりが原因となって、やりにくい。
それをアレンジしたくなります。
アレンジしたい訳ではなくても、ついやりやすい方法に変えてやろうとしてしまいます。


手技はアレンジしてはいけません。


特に手技を学んでいる途中は絶対にダメです。
先ずは言われた通りに練習して下さい。
教えている人がやっているようにやって下さい。
出来なくても大丈夫。
というか出来なくて当たり前です。
考えてもみて下さい、習い始めたばかりなんです。
出来る方がおかしい。
形だけで良いんです。
効果はなくても大丈夫です。
先ずは形を真似て練習をします。
そうしているうちに、手技をすることが出来る体になって来ます。
筋力がついてくるということもあります。
ポジションや体勢が取れるようになってくると言うこともあります。
触診や練習の数が増えて、相手の状態や自分の状態が分かるようになると言うこともあります。
だから、出来なくても、言われた通りにやって下さい。


悔しいかもしれません。
大人なんだから。
言われたことが出来ないなんて恥ずかしい。
そんな風に思うかもしれない。
でも全然。
教えている人は良く分かっています。
教える位になっている人は特に、出来なかった時期のことを分かっている。
だから全然恥ずかしくなんかありません。
先ずは言われた通りやってみることです。


では開業して数年経ったらどうでしょう。
これもアレンジはやめた方が良い。
練習の段階は終わって、整体学校を卒業して、開業して患者さんを診て、臨床経験も積んでいるんだから。
この手技はこうやった方が効果が出る。
自分の体格や筋力や数年の臨床経験から考えて、教わったよりも別にこうした方が効果がある。
そう思うことがあります。
でも、それは錯覚です。
アレンジはまだ早い。
自分流に変えるのは早い。
たかだか数年の経験で、長年続いてきた手技の良さや効果を凌駕するようなアレンジは出来ません。
長年継承されて今の型になって、それを学んでやっているのが今の自分です。
その手技の本当の効果を知らないだけです。
その手技の凄さをまだ理解出来ないだけです。
あなたが思っているよりも、その手技は完成されています。
だから長年継続して継承されて来たんだから。


型がある人間が型を破ると「型破り」
型がない人間が型を破ったら「形無し」
これは歌舞伎の中村勘三郎がよく言っていたと言われます。
芸事ではありませんが、整体や手技も体を使って技術を伝承するものです。
先ずは型を作るのに、臨床に出て最低数年はかかります。
3年目くらいまでにアレンジしたくなったら、技術の良さが自分の中にきちんと落とし込まれていないと思った方が良い。
ましてや自分流にアレンジするなんてもっての他です。
本質が分かるまではアレンジはしない方が良いと思います。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230


指針整体・てあて整体スクール

揉みほぐしは整体ではありません。

読了までの目安時間:約 3分

揉みほぐしをするサロンが増えています。
○○整体サロンなんて名前がついていることもあるので、揉みほぐしを整体だと思っている人もいると思います。


揉みほぐしは整体ではありません。


整体は言葉のとおり「体を整える」ことを総称しています。
揉みほぐしだけで体の歪みや動きの悪さやバランスを取ることが出来て、それを目的としていれば整体と言えると思いますが、殆どの揉みほぐしサロンは揉みほぐすことを目的としていると思われるので整体とは言わないと思います。
整体が体を整えることを総称しているとすれば、整体の手技には揉みほぐしなどのように筋肉を緩める手技の他に、骨格の歪みや関節の動きの悪さを調整したり整えたりする手技が含まれています。
整体スクールや学校で調整法を学ぶのはそのためです。
揉みほぐしだけを指導しているとしたら、それは名前の付け間違いではないかと思います。


てあて整体スクールでは全身の筋肉を緩め動きを良くし筋肉を軽くする指針整体を教えています。
この手技は揉みほぐしと似ていますが、押さない揉まない体重をかけない、引くことの刺激をいれるという点で、根本的に違っていると考えています。
その上でスクールではマッスルエナジー・テクニック(MET)という骨格調整と筋肉調整をする手技を指導しています。
METは仙腸関節や脊椎の椎間関節一つ一つを別々に調整し、歪みを取ったり関節の動きを改善させる手技です。
また、同じ手技を使って特定の筋肉だけを緩めることも出来ます。
指針整体とMETを合わせて使うことで、患者さんの骨盤や脊椎のズレや歪みを調整し、全身の筋肉を動きやすくバランスを取ることを目的としています。


揉みほぐしだけをするのは整体ではありません。
調整の出来る整体師を育成したいと思っています。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-7-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teat@nifty.com
03-3922-7230

整体師には簡単になれるものではありません。

読了までの目安時間:約 4分

最近は「答えがあるもの、答えが見えるものしか反応しない」と言うような人が増えているように思います。
道筋が見えていて、こうやればこうなる、これだけの時間をかければ必ず結果はこうなる。
出来ればそんなに複雑ではなく、単純に簡単に出来ると言われている方をやってみたい。


分かります。
誰だって苦労したくないし、大変よりは楽な方が良い。
でも無理なこともあります。
特に手技療法はそうだと思います。
そんなに簡単に出来るものではない。
単純な手技はあります。
複雑ではなく熟練を要しない手技です。
とは言えそれでも時間がかかります。
何故なら手技自体は分かりやすくても、始めたばかりだと相手の反応は予期しないものだからです。
ああすればこうなった、としても、こうなることを知らなければ初めてのことを経験することになります。
だから時間がかかる。
単純な手技でも時間がかかります。
ある程度は経験を積まないと、どんなことが起きるのか知らないままになってしまいます。


それがもう少し複雑なら尚更です。
相手の反応も分らない上に、自分が自分の体を上手く使えないことに、やり始めてから気がつきます。
多くの人は自分の体は自分の思うように使えていると思っています。
でもそんなことはない。
ダンスを始めて一番最初に突き当たるのもここです。
こうやって動かそうと思って動かしたと思えた時に、思った通りに動けていない。
どうしてだか分らないけども動けていない。
整体も同じです。
こうやって下さいと手とり足とり教えられて、手順も指や手の形も分かり、手や指を当てる位置も確認し、押したり引いたりする方向も分かったとしても、教えられた通りに動きません。
不思議です。
でも、最初はそうなるのが普通です。
そこを微調整する時間が必要です。


相手の反応が分かり、自分の体をある程度思った通りに使うのには、ある程度の時間がかかります。
少なくとも半年以上。
そうしないと体に染み込まないと思っています。
(これは荒木の経験上ですけど。)
その上で組立が出来ないといけないし、自分で考えなければいけない。
自分で考えることが出来ず教わったことだけ習ったことだけが出来るようになったとしても、想定されていない症状の方が来たり、想定されていない反応が起きた時には何もすることができなくなってしまいます。
また、目の前の患者さんに対して、いつも同じことをする訳ではありません。
少しずつ違う症状や訴えに沿って、整体や施術の組立をしなければいけません。
これにも少し時間がかかる。


整体師には簡単になれるものではありません。
ちょいちょいっとなれるものではない。
少しじっくり時間をかけて勉強してもらいたいと思います。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230

触れる

読了までの目安時間:約 3分

整体師やセラピストは人に触れる仕事です。
日本人はあまり直接的物理的な触れ合いをしません。
ハグをしないだけではなく、最近はベビーカーの普及で子供との触れ合いも少なくなっているように見えます。
だから慣れていない。
整体師やセラピストになって最初に突当るのがこれです。

いやいや手技や整体は別に問題ないでしょ。
カラダを調整したりすることは触れることとは別でテクニック的な問題でしょ。
そう思う人もいると思います。
ところが意外にそうでもありません。
長く整体を指導していて分かるのは、最初に戸惑っているのはやはり触れることです。
本人の意識としては気にしていなくても、手や体が上手く使えない。
技術的に上手く使えないと言うより、慣れていないことが小さな躊躇や小さな羞恥や小さな畏怖に繋がっているからだろうと思います。
その上で触れると言う体の使い方に慣れていないことがぎこちなさに繋がります。

哺乳動物にとって接触刺激や圧迫刺激は快刺激です。
人は長い時間近くにいる人を好きになる性質があります。
好むと好まざるとに関わらず、人の脳はそう言う設計になっています。
例外はもちろんあります。
でも、全体としてそう言う性質になっていないと、社会生活をしなければ生き延びられなかった人間は生きて来られなかった。
生存戦略上はそれが有利に働きます。
近くにいる人を嫌ったり、触れることが嫌であれば、人は人とは距離をとり集団生活をすることが出来ません。
個人が別々に生きることになりますが、それは昔昔の原始世界では無理なことです。
人は腕力も弱く足も遅いため、個人では大型哺乳類には太刀打ち出来ませんから。

触れることには本来的には快であるにも関わらず文化的習慣的な背景から触れることに慣れていない。

先ずは触れることです。
多くの体に触れることです。
これからの人は触診の練習をして下さい。
触診は自分の手の使い方でもあり、相手の体がどうなっているかを感じることでもあります。
触れ方で分かることが違います。
触れ方で相手に伝わるものも違います。

歪みや硬さや動きや熱や張りだけでなく、相手の性格のようなものや考えていること、ストレスやイライラまで分かるかもしれません。
自分が緊張していると必ず伝わります。
「緊張しているな」という意識ではなく、体の緊張が伝わります。
皮膚は振動を伝達する器官です。
緊張している自分の体の動きにくい振動は相手に伝わってしまいます。

多くの人に触れて下さい。
それが仕事になって行きます。

オッケーグーグル世代

読了までの目安時間:約 3分

名前を呼ばれないと反応しない。
人への注意や数人や全体への注意には反応せず、自分のことかもしれないと聞くことはない。
オッケーグーグルと名前を呼ばれないと、自分のことかもしれないとは考えない人らしい。
セミナーなどでも結果が見えていないと反応しない人が増えた。
分かりやすいことしか分らない分かろうとしないと言うことだろう。


言ってくれれば良かったのに。
ということだろうと思うが、自分から能動的に考えることはないのかと思う。
そういう思考の習慣があるんだろうと思う。
そういう思考習慣はどうして醸成されたんだろう。
名前を呼ばれるまで反応しないような思考習慣。


もったいないと思うのは昭和のおじさんくらいかもしれない。
誰かの注意には気をつけるべきポイントが詰まっている。
何かが上手くなりたいとか向上したい時、自分で考えることに限界があるとすれば、別の視点を持ってくるのは良策だと思う。
でもそれを放棄するのがオッケーグーグル世代。
でも、言ってくれないものは反応出来ないよね。
反応して自分のことじゃなかったら恥ずかしいし。
と言うことなのかな。
それはそれでまあそう言うことか。


整体師はそれではやっていけないと思う。
患者さんが言っていることだけを信じていては始まらない。
言われてもいないことをする必要はないが、言われていないことの中に患者さんの困っていることがあるかもしれない。
そこを考えられる人でなければ整体師にはなれないと思う。
どうだろう。
そんな面倒なことをしたいと思う人はいるだろうか。
いると信じて整体スクールをやっている。
そう言う人を育てたいと思って整体を教えている。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230

てあて整体院 18周年 ありがとうございます。

読了までの目安時間:約 3分


てあて整体院は2019年11月6日で

オープンから18周年になりました。

ありがとうございます。

ここまで続けられたのは

来院して頂いた皆さんのおかげです。

これからも

地域の皆さんやダンスを愛好する方々

体の不調や使い方に悩む方の役に立つように

頑張ります。

今後共よろしくお願いします。


てあて整体院

荒木靖博



てあて整体院では強い力を使わずトントンと全身に心地良い刺激を入れる指針整体や、ボキボキしない骨格調整のマッスルエナジーテクニック、軽く触れるだけなのに全身が整い柔らかくなるクラニオなど、さまざまなテクニックを患者さんに合わせて使っています。
また、上手くいかない体の使い方や姿勢、疲れや痛みが出ない体の使い方を教えるために、アレクサンダー・テクニークの個人レッスンも行っています。

昨日は17年前からぼちぼち来て頂いている方と、13年前から毎月一回メンテナンスに来ていただいている方が来院されました。
てあて整体院は大泉学園や西武線沿線の方々やダンスやバレエを続けている方々に、長く来ていただいてここまで続けて来られませした。
月並みですけど、本当にありがとうございます。
皆さんのおかげでここまで続けられました。
これからも腰痛や膝痛や肩こりなど筋骨格系の痛みだけでなく、ストレスや不眠も解消出来るように。
楽器演奏やダンスだけでなく、体の使い方の指導も含めてやっていけたらと思っています。

月に一度4日間は名古屋でも営業しています。
先ずは再来年の20周年を目指して頑張ります。
そん時は色々と企画したいと思います。
今年は途中経過と言うことで、普段通り通過しようと思いました。
今後共よろしくお願いします。


てあて整体院
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230


院長荒木191106

最近の投稿
カテゴリー
てあて整体スクール
03-3922-7230
teate@nifty.com
アーカイブ
おもてなし規格認証2019