整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

整体師の「覚悟」について

読了までの目安時間:約 3分

腸腰筋圧迫

先日の整体スクール授業は骨格調整。
骨格調整の最初には骨盤の調整を行います。
てあて整体スクールの骨盤調整は三方向に分けて、順番に調整をしていきます。
三方向の調整が終われば、全体の歪みが整っていることになります。
次に骨盤の前後の筋肉の調整をします。
上の写真は腸腰筋というお腹の中にある筋肉の調整法です。
腸腰筋は股関節を曲げる筋肉で、膝を持ち上げる動きをする筋肉です。
この筋肉の調整法の一つに虚血性圧迫というのがあります。
筋肉を垂直持続圧をかけていくものです。


間違って押してしまうことってありますか?


生徒さんの質問です。
当然ですが練習中に間違って、違う筋肉や内臓を押してしまうことも可能性としてあります。
だから練習をする。
何度も繰り返し練習することで、自分の指が腸腰筋に当たっているのかどうかが分かるようになる。
分かるようになるまで繰り返しやります。


もし間違ったらどうしよう。


その気持ちは分かります。
間違えないようにしよう、安全にしよう、という気持ちは大切です。
でも、間違ってしまわないか、間違ったらどうしよう、間違いたいない。
そういう気持ちだと困ります。
整体は医師とは違い、画像診断が出来ません。
手指に頼って患者さんに触れることになります。
頼れるのは自分自身だけということになります。
自分を頼れなければ、整体師にはなれません。


そこで「覚悟」です。


覚悟をする必要があります。
整体師になる覚悟。
整体師になると起きる可能性があることがあります。。


患者さんが来ないかもしない。
患者さんが来なくて生活出来ないかもしれない。
患者さんが来たとしても、来た患者さんが治らないかもしれない。
治らないばかりか、痛みが取れないかもしれない。
痛みが取れないばかりか、痛みが増すかもしれない。


これらのことを覚悟する必要があります。
言葉を変えれば、それらを全部飲み込まなくてはいけない。
承知した上でしか整体師として仕事も出来ないし、開業も出来なません。
難しいかもしれないし、難しくないかもしれません。
ただ、間違っちゃいけないのは、自信は必要ないということです。
自信がないから、覚悟が出来ないというのは違います。
自信はなくても構いません。
自信とは関係なく、上に書いたような可能性を全て受け入れて飲み込んでおく。
そうなることもあるかもしれないと思っておくことです。


腸腰筋調整

「カラダの地図」で疲れ・不調・故障が消える!(さくら舎刊)を書いた理由

読了までの目安時間:約 5分

今年の5月に「『カラダの地図』で疲れ・不調・故障が消える!(さくら舎刊)」を上梓しました。
書き始めたのは昨年の10月から。
新型コロナウィルス感染症の広がりにより、書店が営業自粛する中、予定よりも少し遅れて出版されました。
昨年、9月に企画書を書いて幾つかの出版社に持ち込み、声をかけてくれたのがさくら舎さんでした。

この本の内容は今まで整体院や整体スクールだけでなく、「カラダの座学」という名前のセミナーや、もっとずっと以前は「ダンスの体の仕組みと使い方」というセミナーでも話をして来た内容です。
簡単な解剖学を知ることで、自分の体の仕組みを見直し、今よりも使いやすい状態になってもらいたいと思ってのものでした。
20年くらい前に某大手整体学校で事務をやっていた時、学校見学に来る方の面接をしていました。
興味があって殆どの人に聞いていたのが、整体は受けたことがあるのかということと、自分の体に触れたことがあるか、ということでした。
整体の学校に入学を検討するために来ている人たちです。
当然、整体を受けたことがあり、自分の体には触れたことがある(揉んだりマッサージしたことがある)と思っていました。
ところが、50%位の方が整体を受けたことがなく、同じように50%位の方が自分の体に触れたことがないと仰っていました。
これは驚きでした。
新鮮な驚き。
自分自身は運動しか能がないと思っていたので、自分自身の体には興味があり、また運動の前後や時間がある時には、自分の体に良く触れていました。
触れることで、ここにこんな形の筋肉がある、ここに関節があって動く、ということをある程度は知っていました。
それを知らない人が、整体を勉強しようと言う人の中に半数くらいいる。

ということは、普通の人なら殆どの人は、自分の体に触れたことがない。
自分の体のことは、あまり知らないのが普通だ。
ということに気が付きました。

後にアレクサンダーテクニークを学びます。
アレクサンダーテクニークを教える時に、ボディマッピング(体の地図)という手法を使って教えることがあります。
人は自分の体をこんな形だと認識している地図のようなものを頭の中に持っていると言われます。
その体の地図が間違っていたり、少しズレていると、動かすベースが違っているので、動きにくくなることがある。
習慣的な自分の使い方から離れるために、習慣を作るベースとなっている頭の中の情報を書き換えてあげる。
そんなことです。
ベースとなる体の地図を書き換えるだけで、動かし方を変えようと思わなくても、動きが変わることがあります。
アレクサンダーテクニークを学び始めた時に、それを知りました。
知っていると思っていた、自分で触れたり動かしたりしているので、分かっていると思っていたことが、それでも少しズレていた。
そこに気が付きました。
これが普通の人なら当然変化が起きやすい。
そう思いました。

アレクサンダーテクニークの手法をそのまま取り入れるのは難しいと思いましたが、関節の位置や筋肉や筋膜の付き方、体の繋がりなどを確認することで、普段の体の使い方が変わるはずと思い、この本を書きました。
それは今までやって来たセミナーや授業で話をしていたことを、体系的にまとめる作業でもありました。
もう少しここをこうしたい、あそこを直したい、書き換えたい、描き替えたい、と思うところもありますが、全体的には読みやすく出来たと思っています。
気になるところだけでも読めるように、頭首、腕肩、胴体、脚、足、手と部位別にまとめています。
ぜひ読んでもらえたらと思います。

・「カラダの地図」で疲れ・不調・故障が消える!(さくら舎刊) >>>

※全国書店でも発売中!

プレ・インベンション 小フーガ1番

読了までの目安時間:約 4分

先月末くらいからピアノの練習を始めました。( 詳しくは >>> )
ブルグミュラーの練習を始めていたんですが、名古屋のピアノの先生の患者さんと話をしていて状況が変わりました。


荒木さん プレ・インベンションが良いですよ。


プレ・インベンション!?
初めて聞きました。
インベンションの楽譜を買ったと名古屋の生徒さんに聞いた後でした。
だからインベンションは聞いたことがあるけど、プレ・インベンションは初めて。
インベンションを調べたら、なんとグールドが弾いているのをいつも聞いていることに気が付きました。
こんなのが弾きたい。
と思っていたところです。
プレ・インベンション。
良さそうです。
CD付きの楽譜を買いました。
そして練習です。
今のところだいたい2週間位練習していることになります。
これが全然。
最初の8小節のところまでで止まっています。
難しい。


ここでふと思いました。
あああ、あの高校の時の先生は上手い具体にいたいけな青年をおだてて調子に乗らせて教えてくれていたんだ。
そんなことも露知らず、いい気になって、弾ける!俺ピアノを弾いている!なんて思っていたようでした。
エリーゼのためには入門としてはとても良く出来た曲だということに気が付きました。
右手と左手がおよそ交互に出てきます。
和音を弾く時は左右とも和音が多い。
右、左、右、と別々に弾いているような感覚。
それがプレ・インベンションの小フーガ1番は全く違います。
左手の旋律(メロディー)が終わらないうちに右手が入ってきます。
左右同時に弾くのはエリーゼと一緒なんですが、左と右でテンポが違ったりします。
例えば


右手 : タン・タン・タン・タン
左手 : タン・タタ・タアアアン


みたいな。


右手 : タン・休止・タン・タン
左手 : タン・タン・タアアアン


みたいな。
分かります!?
分かる人には分かると思いますけど。
違うんです。
左手と右手が。
当たり前だということは重々承知している訳ですが、そこがなかなか納得いかないのが、おじさんの悲しい性な訳です。
だってエリーゼ弾けてたんですよ。
あのベートーベン作曲の曲を一曲いっちょ前に弾けた訳です。
それが、プレ(!?)・インベンションの一番最初の曲「小フーガ1番」の8小節目まで、何となくつながるのに2週間です。
なんかこう情けないというか、笑えるというか。
まあ、この歳になるとこういうことが意外に面白くなるのが面白いんですけどね。


8小節に2週間。
19小節くらいある曲なので、だいたい倍くらい時間が掛かるとして、1か月。
プレ・インベンションは56曲ある楽譜なので、4年半位かかるのではないかと思っております。
ま、全部やらなくても良いとは思うんですけどね。
小フーガが弾けるようになって、見せられるようになったら動画でも撮ろうかしらん。

出版記念 「カラダの地図」オンライン講座(8/29)開催します!

読了までの目安時間:約 2分

「カラダの地図」で疲れ・不調・故障が消える!(さくら舎刊)の出版を記念して、本を購入頂いた方限定で無料オンライン講座を開催します。


本に書いた内容だけでなく、本に書かなかったことや書けなかったことなどの話もしようと思っています。
また、書かれていることだけでなく、他のことにも応用できるような考え方や見方・捉え方などの話もします。
「カラダの地図」を知ることは、自分の体の仕組みや動きを再確認することに繋がります。
トレーニングやストレッチをしなくても、体が楽になったり動きやすくなったりすることを知ってもらいたいと思っています。
質問や疑問についてもお答えしますので、お楽しみに。


出版記念 「カラダの地図」オンライン講座
日時 : 8月29日(土)19:00~ 90分程度
申込 : teate@nifty.com
     申込時に氏名と聞きたいことなど記入下さい。
料金 : 無料
条件 : 書籍の購入者限定
備考 : 申込をされた方にはオンライン用ZOOMのリンクを送ります。
     時間が来たらリンクをクリックして参加下さい。


8月8日踊ります。

読了までの目安時間:約 4分

神楽坂セッションハウスで開催されるシアター21フェスというダンスパフォーマンスがあります。
今週末、そこで踊ります。




R50 Projectというユニット名で出ることにしました。
今回は企画構成などは任せて、踊ることだけにしました。
もちろん作品創りには協力して、自分自身のソロパートや位置や関係性などについては意見を出しました。
男が二人で踊ります。
そこに男性がパーカッション(カホン)で参加。
生の臨場感と緊張感が出たら良いなと思っています。


それにしても。
と思いますね。
カンレキを超えたのは数年前。
客観的に見てこの年齢で踊っている人がいたら、変な人と思うかもしれません。
同年代からはそう見られるのが普通でしょう。
自分がやっているから、これが普通だなんて言えませんね。
でも、もっと若い年代から見ると、変な人というよりはスゲエなというイメージかもしれません。
そこの微妙なところが時代の変化なんだろうと思っています。


ダンスにかこつけて言う訳ではありませんが、5年位前から少し時代が動いていると思います。
大きく。
大きく変わっています。
色々なことを聞いたりもします。
例えば有史以来、西暦2000年までの間の情報量と、2015年くらいまでの情報量は同じくらいだと言う話。
似たようなことを別のところでも聞きます。
AIやロボット技術の革新進歩で、人がやらなくても良い仕事が増えて来ると言われてきました。
今までは言われてきたと過去形で話が出来ましたが、今は既に変わっている時代だと思います。
知らないうちにレジ打ちは人ではなくなりつつありますし、労働集約型の仕事も機械化がどんどん進んでいます。
LGBTや性差による人権の問題。
人権の問題は人種だけに留まらず、仕事や年齢などでも変わって来ているように思います。
今まで普通、と思っていたことをよくよく考えてみると、こりゃおかしい変だということが増えてきました。
昔々、家にはお母さんがいて、お父さんは外で仕事をしてお金を稼ぐ人でした。
この価値観は既に変わってしまったことは、周知ですね。
同じように、どんどん価値観や現実は変わっています。


ナンカ話がでかくなってしまいました。


ずいぶん時代が変わったなと思ったって話です。
でもそれって、本来の姿に戻りつつあるとも考えられます。
皆、やりたいことをやらなかったりやれなかったりするのは、常識と思われていたことのせいだったりするかもしれません。
でもその常識っていつまで常識なんだろうと疑った方が良いと思います。
そんなのすぐに陳腐になる。
やりたいことはやれば良いと思います。
もちろん人に迷惑を掛けないように。
てことで踊ります。
年なんて関係ない。
いや関係はある。
体は年を反映してますからね。
でも、頭で描いていたような老人の体かどうかは分かりません。
現実の今の自分の体がどうなっているのか、実感をしながら動かすことが大切だなと思ったりします。


今日は何の話か分からなかった。
まいいか。

てあて整体スクールでは授業で「姿勢」について扱います

読了までの目安時間:約 3分

姿勢授業2008041

てあて整体スクールの授業にはアレクサンダーテクニークがあります。
整体師として自分の姿勢や自分の使い方を見直しておく必要があるからです。
整体をする時の姿勢が良くないと、効果が上がりにくいということは良く言われます。
姿勢が整っていないと、無駄な力を使っているいことになり、リラックスして施術が出来ません。
また、患者さんに対して正対しようとしても、真っすぐになれなかったりします。
手指の方向性や力の方向などにもズレが生まれてしまいます。
かと言ってただの良い姿勢ではありません。
使える姿勢でリラックスした姿勢で、しかも見た目も美しい。


上の写真は姿勢を題材にアレクサンダーテクニークの授業をやった時のものです。
一目瞭然。
左がいつもの姿勢で、右が姿勢を見直した後の姿勢です。
とは言え姿勢は難しい。
左から右に姿勢を変えるのは簡単です。
背中を真っすぐにして下さい、と言えば済みます。
でもそれでは姿勢を見直したことにはならない。
患者さんに対してもそうですが、自分の姿勢をどうこうしなくても、右のようにある程度真っすぐ椅子から立ったような状態になることが目的です。


姿勢授業2008042

例えば写真のようなことをします。
頭の上を手で押します。
その時の体の反応を三種類に分けてやってみます。
手の重さが重力だとすると、重力に対する反応を3つに大別してみることになります。
一つは重力に負ける、そして重力に勝とうとする。
最後に重力と拮抗するような状態。
三つ目の重力に拮抗するような状態の時に、体の中から外に向かって広がるような感覚があります。
とても微妙で分かりずらいものですが、それを感じることから始めます。
それは元々あるもの。
背中を伸ばそうとか肩を後ろ横にしようとか、そう言うものではなく、生まれながらに持っていたものを知覚する。
そんなことをします。


すぐに一回で出来るようになるとは限りませんが、姿勢について考えたり感じたり整える時間を持つことが大切だと思っています。
てあて整体スクールは姿勢や歩き方やアレクサンダーテクニークなど、他にはないユニークな授業のある整体学校です。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230
※新入生募集中!

骨格調整の授業

読了までの目安時間:約 2分

8月の日曜日は骨格調整の授業です。
初回はいつも骨盤の調整を行います。
てあて整体スクールでは骨盤の調整を、3方向に分けて行っています。
「三次元空間では3つの方向(前後左右上下)の調整を行えば、空間位置は元に戻る。」なんて、分かったような分からないようなことを言っています。
ようするに歪みを三つに分けて調整するので、誰でも簡単に調整が出来るということです。


骨格調整の授業では、骨格の歪み、関節の動きの悪さ、筋肉の硬さの調整を学びます。
手技は殆どがマッスルエナジーテクニック(MET)を使っているので、とても簡単です。
いや簡単というより単純です。
原理は全て同じなので、やることは同じとも言えます。
患者さんに動いてもらい、それに抵抗を加えて動きを止め、13秒経ったらストレッチしたり動かしたりする。
これだけです。
これを様々な部位で行うので、姿勢やポジションや手を当てる位置などが違っているだけです。
だけなんて言うとアレですが、慣れてくると本当に同じことを別の場所にやっているということが分かってきます。
指針整体同様、単純な分、奥が深いと思っています。





骨格調整2007021

骨格調整2007022

骨格調整2007023

てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

アレクサンダーテクニーク・グループレッスン

読了までの目安時間:約 5分

今日は月例のアレクサンダーテクニーク・グループレッスンでした。
いつもは6名の参加で行われているんですが、新型コロナウィルス感染症の広がりもあり、今日の参加は2名でした。
それぞれの事情があり考え方がある中、2名参加されるとのことでしたので、開催することにしました。
ちょうど3名位までであれば、ソーシャルディスタンスも取れますから。
てあて整体スクールの部屋は夏の午前中は日が当たらず涼しいので、窓を開け扇風機をかけっぱなしで風の通る状態にし、換気を取りながらやりました。


今月から拙著「『カラダの地図』で疲れ・不調・故障が消える!(さくら舎刊)」を使ってのレッスンです。
第1章から第3章まで話をしたり、確認をしたり、少し触れたりしながら行いました。
どうしてこの本を書こうと思ったのかが第1章です。
誰しも目から入る情報を元に日々生活しています。
自分の体についても、見た目から判断した認識や常識と思っていることを元に動かしています。
指や腕は、手のひらや胴体から出た細い部分に名前がついているし、見た目も細くなっています。
言葉でも分けられ、見た目からも別ものとみえると、そこが別々に動くように思います。
それはまあ当然のことです。
でも、手指はどこから曲がるかというと、手指の付け根ではなく、手のひらから曲がるように出来ています。
指の第三関節は手のひらの中にありますから。
腕も同じで、肩から先だけが腕として動くと思いがちですが、実際には胸の中央にある胸鎖関節から動くように出来ています。
ただし、見た目はそうは見えないですけど。
そんな勘違いというか認識の違いを確認するだけで、動かし方を変えようと思わなくても、動きが変わる。
ということを伝えたくて書きました。
この本に書かれていることはほんの一部です。
自分でも動きが気になる場所があれば、調べてみて動かしてみて確認するだけで、動きが変わるかもしれない。
そんな話をしました。


第2章・第3章は、首から頭と胴体の話。
ここはハンズオンワークなどしながら、自分の体を確認して行きました。
(ハンズオンワークはアレクサンダーテクニークの手法の一つで、触れることで自分に気づいてもらったりします。)
今日の体はやはり少し緊張があるように感じました。
コロナのこともあるんだろうと思います。
気が付いていないけれど、硬くなったり動かなくなったりしています。
そのことを何とかしよう、ということではなく、自分がやっていることに自分の体が気が付くように。
観察をしながら動きに注目する練習をしました。


反った姿勢

頭と首の話をしながらハンズオンをし、首の自由さをイメージしてもらい、首頭からつながる背中のことを想ってもらいました。
あれ~これだと反っている感じがします。
というのが写真の座り方になった時の感想でした。
自分のイメージと感覚とがどんな関係になっているか知ってもらいたくて、写真を撮ってみてもらいました。
あれっ反ってないですね。
へ~そうなんですね。
という感想。
そうなんです。
自分の感覚がそのまま正しいという訳でもないかもしれませんね。
という話をしました。
かと言って、反るぐらいにすると、こんな風に真っすぐになる、というのではないので、そこのところは確認が必要です。


ライダウン

最後にライダウンという手法をしてみました。
家に帰っても出来る、自分を感じる方法です。
何度かやったことはありますが、つい忘れがち。
たまに確認のためにやってみると、自分の状態が分かることが分かりました。
今日は2時間ゆっくりと体の状態を観察したり、動いたりしてみたので、横になると背中の広がりが分かりやすいとのことでした。


来月は9月6日(日)です。
情況がどうなっているか分かりません。
ひょっとしてまたオンラインレッスンにするかもしれません。
いずれにしても、たまに自分のことを観察し感じる時間が必要ですね。
ということで終わりにしました。
お疲れさまでした。


このグループレッスンに興味のある方は問い合わせ下さい。

バレエでは足首は元々伸びています。

読了までの目安時間:約 3分

特に大人からバレエを始めた方へのアドバイスです。
ターンアウトがないとバレエにはならないし見えないという話を書きました。
( ターンアウトがないとバレエにはなりません >>> )
同様に足首と爪先は伸びていないと、バレエにはならないしバレエには見えません。
ターンアウトもそうですが、足首を伸ばすのは前提で、だから足首を伸ばさない時には指示があります。
足首は元々伸びている、初期値でデフォルトです。

指示がなければ足首も爪先も伸びているもの、というのがバレエの前提です。

だから足首はいつ伸ばすのか?という質問には意味がありません。
いつも伸びているもの、元々伸びているものだからです。
元々伸びている足首や爪先をいつ伸ばすのか?という質問がおかしいのは分かりますよね。
足首は元々伸びている。
それがバレエです。
でも1番でも5番でも立っているときには、足首が曲がって踵がフロアについています。
これはどういうこと?
だから、床を踏みなさい、という指示があります。
床を踏むので踵が床に着き、足首が曲がることになります。

元々伸びている足首を、床を踏んで1番に立っているところから、前に脚を出していくとどうなるか。
踵が少し上がり足首が少しずつ伸びていきます。
足指も元々伸びていますが、床を押しているので、足指の関節は最後になって伸びることになります。
脚が十分に前に出たら(タンデュ)、足首は元に戻って伸びた状態になります。
ジャンプでも同じ、パッセでもクペでも同じです。

足首は元々伸びている、立つポジションではフロアを押すことで踵がフロアに着く。
脚を動かしてフロアから浮くような位置に来ると、足首は元々の伸びた状態に戻っていく。
そう考えて使うと、足首の曲げ伸ばしをしているという感覚はなくなるかもしれません。
動画では見え方なども解説しています。


「へそ出しルック」に、ご用心

読了までの目安時間:約 4分

「へそ出しルック」
はいはい、分かります。
違うんです。
昭和感プンプン香るネーミングであることは知っています。
しかし他に呼び方を知らないんです。

おへそが出たファッション

今年流行ってますね。
流行っていないにしても、例年と比べて少し増えている。
今年は色なら黒が少し増えているような気がします。
Tシャツだったり女性のがばっと被るワンピースだったり。
ま流行りは良いですが、へそ出しルックの話です。
昭和の時代にはそう言っていたんです。

おへそが出るような丈のTシャツだったりブラウスだったりを着て、下はパンツという姿の女性をよく見るようになりました。
こういう年は腰痛が増えます。
お腹の調子を悪くする人も多いと思います。
当たり前です。
お腹が出ている訳ですから。
冷えます。
電車の中もオフィスも。(いやオフィスでは着ないか。)
カフェでもエアコンがガンガン効いています。
腹はまあ冷える訳です。
同時に、気が付いていないかもしれませんが、腰も冷えます。
冷えると血流が悪くなります。
血流が悪くなると、動きが悪くなるし、疲労物質なども流れにくくなるし、細胞が生きていくための酸素やエネルギーの供給も若干減ります。
で調子が悪くなる。
人によっては痛み(腰痛)などに繋がることがある。
お腹の調子が悪くなると、色々なところに影響が出る可能性があります。
女性の場合、お腹の中には子宮や卵巣や腎臓などホルモンに影響を与える臓器もあります。
腎臓などは背中側にあるので、動きが悪くなったり硬くなったりすると、腰痛に直接つながったりもします。

だからやめろ!
とは言いません。

これでも20年前まではファッション業界に居た人間です。
ホントホント。
ファッションを取り入れたいのは分かる。
だからへそ出しルックは仕方がない。
とは思いますが、腰痛になったり腰痛になりそうだったり、お腹の調子が気になりだしたら、へそ出しルックが原因の一つかもしれないと思ってみて下さい。
で、対処法です。

寝るときにTシャツをパンツインして下さい。
寝ている間にへそ出しにならないように。
お腹と背中をカバーする。
外出する時にへそが隠れる上着など持って出ましょう。
電車やカフェで座っている時に、ヘソをカバーします。
なるべく直接風が当たらないようにする。
出きればアイスばかり飲まず、温かい飲み物を飲む。
冷やし中華や冷麺やかき氷やアイスばかり食べず、温かい食べ物を食べる。

それでも調子が戻らなかったら、へそ出しはちょっとだけ我慢して、今年の別の流れを取り入れましょう。
調子悪くなると外にも出られなくなりますから。


てあて整体院
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230


空

てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
アーカイブ
おもてなし規格認証2019