整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

バレエダンサーが相談にやって来ました。

読了までの目安時間:約 3分

20歳のバレエダンサーが相談に来ました。
1年間の海外研修を終えて帰国し、別の海外の舞踊団から招聘を受けていましたが、コロナ禍で話が進まなくなっているという現状。
日本でオープンクラスを幾つか受けて行くうちに、悩みが出てきてしまったということでした。

オープンクラスを受けているうちに
色々な先生から色々なことを言われ
それぞれに気を付けていたら
そうなって来たと言う事でした。

これ良くある話だと思います。

それぞれの先生は良かれと思ってアドバイスしたり注意したりします。
間違ったことは言っていないと思います。
ただ、形からのアプローチが多いようなイメージは少しありました。
彼の場合は注意を受けた事、形などを意識しすぎてしまい
身体をコントロールしようとし過ぎて
身体の外にある大きな筋肉で身体の形を固めてしまうような使い方になりつつあったという状態でした。
自分の身体の中の意識が薄れてしまい、身体の外側ばかり意識が向いている状態です。
とは言え、意識的に意識している訳でもありません。
身体の外側を固めようなんて思っていない。
真面目で正直で素直な性格からか、言われることを意識し過ぎた結果がそうなってしまった。
知らず知らずのうちに、身体にそういう習慣を植え付けてしまっているようでした。

先ずは身体の中に意識を向けてもらいました。
注意をしなければいけない場所を、どうするのかではなく、どうなっているのか。
そこを動かした時に、どんな感覚があるのか。
骨の動きは
筋肉の状態は
関節の周り具合は
それぞれを静かに感じる時間を持ってもらいました。

プリエする時なら
膝や大腿骨はどんな風に動いていくのか
股関節はどんな状態なのか
足首はどうなのか
それらが本来はどんな動きを持っていてどんな感覚なのか。
ゆっくり感じてもらいました。

習慣は少し残っていましたが、どこを感じながら動かしてみると、今の状態が分かりやすいのか。
少し分かってもらえたようでした。

ついでにコンテンポラリーダンスのスタジオやストレッチについて話をして今日はおしまい。
整体ではなくアレクサンダーテクニークの個人レッスンをしました。
来た時にはどちらかは決まっていませんでしたが、動きを見る方が良いと思い今日はそうしました。

日本人に多いのか
最近の若者に多いのか
素直は良いですが、自分の感覚を忘れずに。

足首問題

読了までの目安時間:約 3分

足首1

特徴的な足首です。
脱力してこの写真になりました。
二人ともどこにも力を入れていません。
歩き方の授業をやっていて、浮指の話になり、足首はどうなんだろうと比べてみたら、この二人の足首が特徴的だったので写真を撮りました。
それぞれに特徴があります。


写真上は足首の角度は一般的ですが、足指が反っています。
写真下は足指は真っすぐですが、足首が伸びたようになくなっています。
(下の足首の状態を、足首を底屈させた状態とも言います。)
写真上の足指が反っている足首は、歩いている時に足指の先が残っておらず、足指の付け根(母指丘等)で地面を押して歩きます。
足指の付け根で地面を押したり蹴ったりして歩くと、足指が使われず、スネの筋肉(前脛骨筋)などが硬くなります。
そしてこの状態になる使い方をしている人は、太ももをわざわざ持ち上げて膝を前に出すような歩き方の人が多い傾向があります。
この歩き方だと脚が太くなってしまう。
実際に太くなくても、前腿を使うので膝上が太く見えてしまいます。
その上、浮指にもなりやすい。
浮指になりやすい足は外反母趾にもなりやすい。
どうしてそうなるかは割愛しますが、浮指になる歩き方や立ち方が外反母趾の原因になっているからです。
あまり良い感じじゃないですね。


では写真下の足首が伸びたようになっている足首はどうなのか。
こちらは踵を脚の裏側から引っ張る筋肉(フクラハギなど)が緊張しています。
こうなると、骨盤を後ろから引っ張るような状態になるので、骨盤の動きが悪くなり、歪んでいるような場合は腰痛の原因になったりもします。
ダンスをしている人の場合は、爪先重心になりやすかったり、レッスン後のストレッチが少なく、しゃがんだ時に踵が浮いてしまいます。
あまり後ろから引っ張られていると、足首の動きに制限がかかるので、躓いたりすることもあります。


歩き方が違うだけで、普段の身体の状態がこんなに変わります。
立っている姿勢や座っている姿勢の違いが恒常化すると、身体にも変化が出てくることがあります。
それを見られるような整体師を育成してたいと思っています。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230


足首2

アレクサンダーテクニーク・グループレッスン @ NHK文化センター柏教室

読了までの目安時間:約 3分

NHK文化柏アレクサンダー

NHK文化センター柏教室でアレクサンダーテクニーク・グループレッスンを行いました。
9月27日(日)で終わる3回コース。
今回が最後のレッスンでした。

参加されていたのは6名。
それにお手伝いのアレクサンダーテクニーク・トレーニーを入れて8名での開催になりました。
今回は拙著「『カラダの地図』で疲れ・不調・故障が消える!(さくら舎刊)」をテキストに、ボディマッピングを絡めてレッスンを進めました。
初回はアレクサンダーテクニーク全体のイントロ、2回目がマッピングで3回目の今回はハンズオンワークの時間を多く取りました。
マッピングは身体の地図ともいわれ、身体の中の骨格や筋肉などが実際にはどんな風になっているのかを、確認していくことで、動きにくい動きが楽になる助けとしようというアプローチです。
身体には実際に動く関節とは違う場所を、動くと勘違いしてしまう場所が沢山あります。
普段からあまり気にしていなければ、分からないまま過ごしてしまいますが、何か症状が出たり使いにくくなったり調子が悪くなったら、見直してみると良いものだと思っています。
「カラダの地図」で疲れ・不調・故障が消える!(さくら舎刊)>>>にも詳しいので興味のある方は読んで頂きたいと思います。

ハンズオンワークはアレクサンダーテクニークの手法です。
ハンズ(手)のワーク(仕事・作業・任務)のことで、手で触れることでアレクサンンダーテクニ-クをする手助けとするものです。
6人の参加者には荒木の手だけでなく、他の先生の手にも触れて欲しかったので、お願いをして来てもらいました。

事前に聞いていた、アレクサンダーテクニークでやってみたいことや、気になっていることがありました。
姿勢
立ち方・軸
歩き方
そして、体が硬いということも気になっているようでした。
姿勢や立ち方・歩き方などをテーマに身体に触れ、自分を観察し気づき、動いたり止まったりしながら今の状態を感じてもらいました。
これを機に自分の身体のことを気にする時間、感じてみる時間を作ってもらえたらと思っています。
ありがとうございました。


てあて整体院
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

華樓

読了までの目安時間:約 2分

てあて整体スクールと大泉学園駅の間に『華樓』(かろう)という甘味処がある。


華樓看板

いや、実際にはあった。
けっこう年配のお父さんとお母さんがやっていて、以前に一度か二度入ったことがある。
今日、前を通ったら閉店の張り紙が貼ってあった。
数週間前に前を通った時には、中にお客さんがいたような気がしたので、まだまだ頑張ってんなと思っていたが、あれはクローズド記念かなにかで人が来ていたんだろうか。
8月30日での閉店だったらしい。


華樓閉店

寂しいね。美味しかったのに。
ってのは、たまにしか行かなかった冷たい客が言ってはいけないことだ。
店に存続して欲しかったら、毎週のように顔を出すことしか応援する手立てはない。
旨いよと人に言ったって仕方がない。
結局はその人が行かなければ、売上にはつながらない。
だから閉まってしまったのは、私のように寂しいなとだけ言っている、冷たい客が原因だと思う。
だけどやっぱり寂しい。
申し訳ないけど、そうは思う。


このところ閉店する店が増えている。
倒産や閉店が多いのは、飲食店、衣料品店、旅行関係(宿泊等)だと言う。
寂しいなぁ、もっと頑張って欲しい。
美味しかったのに、センスの良い服が売っていたのに、いつか行こうと思っていたのに。
どうして閉めちゃったんだろう。
というのは意味のない言葉です。
あなたが。
私が行かなかったのが、閉店の理由です。
そろそろ、感染対策を十分して、店に顔を出さないといけない時期なんだろうと思います。
そうしないと、暮れから来年にかけてはバタバタと閉店が増えて行くんだろうと思います。

名古屋です。

読了までの目安時間:約 4分

名古屋教室2009

名古屋教室3日目です。
明日で名古屋も終わり、東京に戻ります。
今月の授業はアレクサンダーテクニークと姿勢と歩き方と指針整体。
名古屋教室での授業は毎月4日連続で行います。
新型コロナウィルス感染症の影響もあり、今年に入っては入学生一人。
ということで少人数でやっております。

名古屋の教室はJR・地下鉄千種駅から徒歩1分のエルシドというビル二階でやっています。
「水素ハスハナ」という卒業生がやっているサロンを借りて、もう名古屋では10年目くらいになります。
知らないうちに長くなってしまいました。
授業は13:00に終わります。
その後は整体師として患者さんを診たり、アレクサンダー教師として生徒さんに指導したりしています。
アレクサンダーテクニークはする方を教師、受ける方を生徒と呼ぶので、教えていると言っていますが、整体のように個人レッスンを受けているという感じです。
それが終わると自分の時間。
今月は終わって映画を観に行きました。
伏見にあるミリオン座という小さな映画館です。
ここでは単館上映されるような映画が多く、静かに観られるものが多いので良く来ます。
今回は「オフィシャル・シークレット」。
湾岸戦争の時の話でキーラナイトレイさんが主人公。
面白い映画でした。
実話を元にしていて、日本ではこの事件は知られているんだろうか。
たぶん政治通には認知されていると思いますが、政府が公文書にあたるようなメールをリークした職員を訴えた訳ですが、それが初回公判で訴追しないという結果になったというものです。
訴えると政府自身が法律違反をしたことが証明されてしまうから、というようなストーリーでした。
怖いコワイ。

伏見からはいつも名古屋駅まで歩きます。
名古屋は道も広く散歩がてら歩くのは気分転換になります。
途中、バーがあって入ろうかと思いましたが、中がかなり明るく蛍光灯で照らされていて入るのをやめました。
バーに入るなら少し静かで落ち着ける方が良い派です。

明日には東京に戻ります。
明後日から東京のスクール授業。
日曜にはNHK文化センター柏でアレクサンダーテクニークの講座もあります。
土曜はアレクサンダーテクニークで見ている生徒さん(声楽をやっている)が、歌の発表をします。
大きなホールで歌うとのことで時間を作りました。
彼は今年のコンクールで入賞し、年末には横浜の大きなホールでも歌うことが決まっています。
来年はデビューなんてことになったら嬉しいのにと思います。

スクールの生徒さん募集しています。
授業見学や整体体験も受け付けています。
これからの時代、世界は人に触れることがとても大切になります。
そのスキルを身に着けるために、整体はとても良い方法だと思います。
お待ちしています。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230

将来を考える。

読了までの目安時間:約 4分

「 そう言えば先生。 いつまで整体を教えますか? 」

先日授業中に生徒さんに聞かれました。
「 ええっっと、まあすぐにはやめないけどね。 ここ数年でスクールやめるとかは言いません。 とは言え10年続けるかとなると、ちょっと分からないかなぁ。 」
みたいな答えをしたと思います。
まあ、10年位は続けるんだろうと思いますが、20年は続けられないと思います。
現在、60歳を過ぎた辺り。
将来のことを考えたりもします。
30代のころに、当時の今と将来のことを考えて、仕事を辞め転職することを考えました。
転職と言うよりは独立。
自分一人で生きて行くことが出来るのか、誰かに使われるんじゃなく、何かの組織の下にいるんじゃなく生きていけるのかんなぁ、と思って会社を辞めることを決めました。
たぶん、辞めることが先で、何で独立するかは次に考えたんだろうと思います。
同時くらいだとは思うけど、たぶん新しい仕事というか、新しい稼ぎ口は後で考えたと思います。

人に教えることが好きなようなので、教えることは続けると思います。
70歳になっても、出来れば80歳になっても教えていたい。
世話焼き爺ぃがおせっかいをする、というような教え方ではなく、必要とされるような事を教えられる人でいたいとは思います。
そういう意味でも、将来のことを考え将来設計をしているようなところはあります。
70になったらどんなことをしていたいか、80になったらどうなのか。
気ままな年金暮らしと行きたいところですが、そうもいかないかもしれない。
それ以上に、消費するだけの生活、はきっと苦痛になってくるだろうと思っています。

転職の時期に一度、半年くらい消費するだけの時期が出来そうになりました。
雇用保険(失業保険)を貰いながら、次のことを考える時期です。
ところが約2か月でダメでした。
1か月は遊んで暮らしました。
毎日のようにダンスレッスンに行って、美術館にも行ったりして。
ところが2か月目に入る辺りから変化が来ました。
面白くない。
自分が何モノも生み出さない状態、消費するだけの時期が面白くなくなって来ました。
2か月目の終わりにいよいよ無理だと思い、仕事を始める事にしました。
最初にやったのが会社設立の相談。
知り合いの会計士の所に話をしに行って、その日に翌月の会社設立を決めました。
開業はそこから1か月先。
急に時間がなくなり、遊ぶ時間はなくなりました。
でも、充実。
面白くなってきた。
と思った記憶があります。

将来を考える。

時期ってありますよね。
20代でも30代でも。
40代50代でもあると思います。
思い立ったらきちんと考えておくと良いと思いますよ。
考えようと思う時期ってそうそうはないですから。
殆どの人は日々の仕事に忙殺されて、考えることなんて出来ません。
日々の仕事が忙しいにも関わらず、別のことを考えたいってことでは良い考えは浮かびません。
日々の仕事が充実していて、なおかつ将来のことも考える。
現在の延長かもしれないし、新しい世界を標榜するのかもしれない。
でも、やっぱり一生懸命じっくり考えておくのは大切です。
考えていた経験が後になって何かの糧になることがあります。

コロナは収まってはいませんが、落ち着いていると思います。
少し考えるのには良い時期かもしれません。

レッスン動画は前からだけでなく後ろからも撮ってみよう。

読了までの目安時間:約 3分

ダンスのレッスンをしている大人の皆さん
大人バレエ、大人ジャズ、大人コンテ、大人ベリー、大人フラ。
どんなダンスでもそうですが、動画を撮っていろいろチェックする時に、前からだけでなく後ろからも撮影してみて下さい。
ちょっと驚いてしまうかもしれません。

振り付けを覚える時や、自分の動きのチェックをする時に、前だけでなく後ろからもチェックすると良いと言う話です。

前から動画を撮ると、いつも鏡越しに見ている自分と同じ自分を見ることになります。
いつも見ている自分は画面の大きさの違いはありますが、だいたいいつもと同じような動きをしているし同じようなダンスをしています。
ところが後ろから見た動画は全く違います。
全然違う。
今まで見たこともない人がそこにいます。
驚くかもしれません。
動きが全然違って見えます。
前からだと気が付かなかったアラが見えたりします。
前から見たら上がっていた脚が、全然上がっていなかったりします。
前から見たら引けていなかった腰が引けているかもしれません。
前から見ればちゃんと斜めが取れているのに、後ろから見ると斜めが甘かったりします。
その上、他の人と全然身体の向きが違っていることもあります。
これ後ろからチェックしないと分からないことです。
ひょっとしたら、そこを先生に指摘されているのかもしれません。
全く思いもよらない、出来ていると思っていることを注意されていたら、特に後ろからのチェックは大切かもしれません。

前から見ていると、自分の頭の向きや上半身の向きが見え方に影響しますが、後ろから見ると足の位置や腰お尻の向きが見え方に影響しているようです。
そしてダンスは前からだけしかみられないものではありません。
目の前の客席にいるお客さんに向けて踊る時も、身体をずっと前に向けている訳ではありません。
後ろを向くことも、床に寝ることも横を向くこともあります。
そんな時、前から見えていると思っているように、後ろからや横からや上から見える訳ではありません。
知らないでいると怖い。

特に50代60代のダンサーは試してみて下さい。
年齢は背中に出る。
避けては通れません。
気が付くことが大切です。
思った以上に云々なんてことが意外に多かったりします。

頑張りましょう。
ご同輩。


レッスン動画は後ろから

9月22日から25日は名古屋教室の授業です。 ~ 見学受付中 ~

読了までの目安時間:約 1分

こんにちは。
てあて整体スクール・荒木です。
9月22日から25日は名古屋教室で授業があります。
授業見学や整体体験をしたい人は連絡下さい。


てあて整体スクール 名古屋教室
日時 : 9月22日~25日 9:00~13:00
場所 : 愛知県名古屋市東区葵 3-14-20-2F
     JR・地下鉄 千種駅徒歩1分
申込 : teate@nifty.com


今月の授業はアレクサンダーテクニークと姿勢と歩き方。
そして指針整体の実技練習です。
アレクサンダーテクニークも姿勢と歩き方も他校にはないユニークな授業です。
患者さんの姿勢や歩き方、身体の使い方の指導をする時のヒントが沢山。
興味のある人はメールをお待ちしています。


名古屋200819

触診の練習法

読了までの目安時間:約 3分




触診の練習風景です。
触診では骨格の歪み(ズレ)、関節の硬さ(可動域の良し悪し)、筋肉の硬さ柔らかさ、筋肉の張り具合、体表面の温度、などなど沢山のことを知ることが出来ます。
手指で触れることで、どうなっているのかを感知します。
触れる時の注意点はいくつかあります。
強く押さないこと、軽く触れること。
自分の体勢を整えておくこと。
手指だけを動かすのではなく、身体全体を使うこと(特に股関節など)。

触診の練習を始めた頃は、全く何も分からないということもあります。
最初はそこに骨があることが分かればOKです。
分からないと何度も同じ部位を触れたりしてしまうこともあります。
何度も何度も同じ背骨を指で触れる訳です。
強く触れると相手の身体が変わります。
強く押されれば緊張することもあるし、逃げることもある。
だから軽く触れる訳ですが、つい長く同じところに留まって触れてしまいがちです。

そこでこの日は「触れるのを一瞬に」するように練習しました。

ほんの一瞬触れて手指を離す。
そうやって触診する練習です。
一瞬なので1秒もないくらの時間、手指を相手の身体に乗せます。
置いたらすぐに離す。

手指に感触が残ります。

その残った感触を再構成・再構築します。
頭の中でどんな感触だったのかを思い出し、手指が受けた感触から歪みや硬さや温かみや張りを認識する。
そういう方法です。
これ意外に出来ます。
ゆっくり触れすぎると逆に分からなくなることがあります。
そんな時は触れて一瞬で離す。

幾つかの方法を持っていれば、一つの方法が上手くいかない時に別の方法を試すことが出来ます。
そのための練習でもあります。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

大坂なおみ選手と肩と腕の話。 

読了までの目安時間:約 3分

大坂なおみ選手
2020全米オープンテニス優勝
おめでとうございます!


今回の試合映像を見ていると、体つきも動きもかなり変わっている印象でした。
テニスの専門的なことは言えませんが、少なくとも体つきについては全く違う印象がありました。
フィジカルコーチが変わって体幹トレーニングなどを積んだ結果なんだろうと思います。
でも、今日書きたかったのはそこではありません。
いや、そこも含まれていますが、ちょっと違う視点かもしれません。


肩と腕の話です。


2年前の全米オープンの時にも感じた違和感がありました。
違和感というと語弊がありますが、他の人と違う。
なんなんだろうこの感じはと思いました。
そして今回も同じことを感じ、あああそうだったかと今回は気が付きました。
肩です。
肩と腕です。
優勝トロフィーを掲げている彼女の映像を見た時でした。


https://www.sportzorg24.tv/entry/usopen-osaka-naomi-finals/


思い出して下さい。
思い出せない人は、上のニュース記事の途中くらいに掲載されているので見てみて下さい。
他の人、あるいは一般的にトロフィーを掲げている写真を思い出して下さい。
腕と肩の使い方がまるで違う。
無理なく肩甲骨から腕が動いています。
(肩甲骨も持ち上がっている。)
このニュースの写真は耳と腕が少し離れていますが、映像で見た時には腕が真っすぐに上に上がって耳のすぐ横にありました。
普通、耳と腕は離れていて、肩がもう少し下がっています。
それが彼女は肩を腕の一部として使っているように見えます。
肩甲骨を含む上半身も腕の一部として使うとこうなるという、お手本のような使い方です。
これを無理なく自然に普通にやっているところが凄い!
と思います。


腕を肩から先の胴体よりも細くなっている部分だけと認識し、実際にそう使っている人が殆どですが、骨格的にも筋肉的にも肩は腕の一部です。
胴体の側にあって少し動きずらくなっていますが、今よりももっと動きます。
詳しくは拙著にもあります。 ( 「カラダの地図」で疲れ・不調・故障が消える! さくら舎刊 >>> )
興味のある人は確認してみて下さい。

てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
アーカイブ
おもてなし規格認証2019