整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

11月の授業体験・スクール見学について

読了までの目安時間:約 3分

てあて整体スクールは整体師やセラピストを育成する整体学校です。
押さない揉まない体重をかけない指針整体と、ボキボキしない骨格調整・筋肉調整をするMETは、他の整体学校やスクーでは殆ど学ぶことの出来ない手技です。
触診や患者さんの体の見方や捉え方に力を入れることで、自分で考えられる、患者さんの悩みを聞ける整体師になってもらいたいと思っています。
東京練馬区と愛知県名古屋市に教室があり、授業体験やスクールの見学など受け付けています。

てあて整体スクールにはどんな方が入学されているのか。
入学願書に書かれたいた志望動機のリンクを貼っておきます。
最近、増えているアラサー女性の気持ちがストレートに伝わります。

入学動機 ~ 生きる力をつくる ~ >>>

11月の授業体験の予定が決まりました。
興味のある方は先ず問合せして下さい。
東京のカリキュラムが変わり、来年から少し授業料が値上がりします。
気持ちがあるのであれば、先ずは体験をしてみましょう。


てあて整体スクール・東京校
場所 :
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
(西武池袋線大泉学園 7分)

日程 :
  -     1日(日)・ 2日(月)
 7日(土)   -     9日(月)
14日(土)・15日(日)・16日(月)
21日(土)・22日(日)・23日(月)
28日(土)・29日(日)・30日(月)

時間 :
土曜・月曜 9:30~、日曜15:30~

問合 :
teate@nifty.com


てあて整体スクール・名古屋教室
場所 :
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20-2F
(西武池袋線大泉学園 7分)

日程 : 17日(月)・18日(土)・19日(日)・20日(月)

時間 : 9:30~

場所 :
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20-2F
(西武池袋線大泉学園 7分)

問合 :
teate@nifty.com

スクールの始まる30分位前に来て頂ければ、カリキュラムや通い方などの説明をして、他の疑問点などについてお答えします。
授業が始まったら生徒さんと一緒に授業を体験して下さい。
骨格調整などは出来ませんが、触診など触れる練習は一緒にやってもらいます。
また、指針整体を一通り受けて頂くことも出来ます。(無料)
整体は人に触れ、自分の身体でする仕事です。
どんなものか見て、体感しないと検討は難しいと思います。


姿勢を気にする整体スクール

会いたくなる先生

読了までの目安時間:約 2分

たまに会いたくなる先生がいる。

どうしているんだろう。
元気 ・・・ なんだろうな。
一度、会いに行くか。
いや、会わなくても元気かもしれない。

あの手に触れてもらいたくなる。
あの顔を見たくなる。
話を聞きたくなる。
話を聞いてもらいたくなる。

そんな先生がいます。
手技療法の先生でも数人。
アレクサンダーテクニークの先生も数人。
かと言って会いに行く訳でもない。
懐かしい人と何もないのにコンタクトを取ることをしないので、そうなってしまうのかもしれないけど。
SNSで直接間接に分かっている部分で安心してしまう。

とは言え手技やアレクサンダーの先生にはたまに会いに行く。
会いに行くと言っても、予約をして施術を受けに行く。
会いに来ました、なんてことは言いませんが、心のどこかには会いに来たという気持ちがある。

あれは何でしょう。

その先生の所に行くと一発で治る、というものでもありません。
調子が劇回復するという訳でもない。
何か安心するというか、軽くなるというか。
深呼吸が出来るようになることもあったり。
体が真っすぐになったような気がすることがあったり。
少し口角が上がり気味になったり。
不思議です。

自分もそんな先生になりたいと思っています。

ピラティススタジオ エッセンス ~ 突撃隣の卒業生

読了までの目安時間:約 3分

名古屋の卒業生がピラティススタジオをオープンしました。
正式オープンは少し先と言っていましたが、スタジオは完成して内装も出来、予約も始まっていて、ホームページがもう少しだと言っていました。
もう少しと言っても出来上がっているので、せっかくだから住所や連絡先は紹介するよと言ってあります。


伊藤さんは2014年に名古屋教室に入学し、少し来られない時期もあって2017年に卒業、その後もリピート受講などを続けていました。
最初に来た時に何をしているか聞くと、何もしていないがピラティスを月に2回位教えていると言っていました。
当時はピラティスのマシンを使わずフロアでの指導の勉強中でもあり、マットピラティスの次のグレードに上がるためにも頑張っていました。
それが少しずつレッスン回数も増え、最近は週に10何本ものレッスンを指導していたとおもいます。
物件を探しているんですよと言っていたのは、たしか昨年くらいからだったと思います。
それがここまで来るとは。
本当に感慨深いものがあります。


場所は地下鉄今池駅から3分の好立地。
隣は少し前まで木下ホールという単館映画館があったので、何となく分かる人もいると思います。
内装は明るくマシンも3台入って、広々とした気持ちの良い空間でした。
女性の方にはオートロックも安心かもしれません。
側弯に力を入れているとのことでしたので、バレエをやっているお嬢さんなんかも行ってみると良いと思います。


Pilates Studio essence
名古屋市千種区内山1-18-13 富山ビル4F
(地下鉄東山線 今池駅 1番出口 徒歩3分)
Phone:052-734-4349
mail:tomomi@essence-p.com


エッセンス1

エッセンス2

エッセンス3

エッセンス4

エッセンス5

エッセンス6

マスクを外して写真撮りました。
エッセンス7

エッセンス8

オーナー 伊藤さん
エッセンス・伊藤さん

【セッションハウス ダンスブリッジ2020 どこでもシアター 松本大樹監修 ダンスは時代と共に】

読了までの目安時間:約 3分

【セッションハウス ダンスブリッジ2020 どこでもシアター 松本大樹監修 ダンスは時代と共に】


いつもレッスンや作品発表でお世話になっている、神楽坂セッションハウスで行われている「ダンスブリッジ2020」をオンライン視聴した。
クラウドファンディングに参加して観ることが出来た。
8月に自分の作品を観て以来、他にもいくつかオンラインでダンス作品を視聴したが、今回はこれまでにも増して良かった。
本当に。
素晴らしく素敵だった。


以前、オンラインでダンスを見た時には、気になったことがありました。
数台のカメラを使った場合
カメラの切り替え(スィッチング!?)と言うんでしょうか、カット割りと言うんでしょうか。
舞台上での位置とは別に、画面の中での位置だったり切れ方・消え方だったりの構成や演出などが、作品の振付家・演出家と打ち合わせされていないんじゃないか?というような作品が観られました。
いや、たぶん打ち合わせはあったかもしれませんが、殆どはカメラのスィッチングをする人に任されていたんじゃないか。
もうちょっと全体を見たいと思っている時に、急にカメラが寄って見たり、下半身や上半身が切れていたりで、作品が現場で見るよりも見ずらい印象になったものがありました。


ところが今回はそれがない。


というか映像作品としても完成度の高いものだったと思います。
2作品あってどちらもそう思いましたが、特に中村蓉さん演出・柿崎麻莉子さん作出演の『drug』にはそれを感じました。
もちろんパフォーマンスが素晴らしいということが前提されますが、カメラワークというんでしょうか、切り替えや画面の中での見え方も素晴らしかった。
2作品ある中で、たった一度一場面一瞬だけのカメラまであったと思います。


以前から何度か作品創りをして舞台に上げることはありましたが、通常、照明案のようなものには、音楽と舞台装置とダンサーと照明の案が書かれていて、カメラワークなどの絵コンテのようなものはありませんでした。
「drug」にはそれがきっとあったんだろうと思います。
現場で生で舞台を見た人でも、後でオンラインで動画を見ると、別の良さを感じるだろうと思います。
ひょっとして別の作品のように見えるかもしれません。


どんどん進化している。
素晴らしいと思います。
良いものを観させて頂きました。
ありがとうございました。

入学動機 ~ 女性 アラウンド30

読了までの目安時間:約 4分

今月入学したアラサー女性の入学動機です。
グッとくる内容だったので本人に確認して転載させて頂きます。


*****************************************

これまで、仕事やプライベートにおいて、人と関わることと、何かを「つくる」ことに興味をもってきました。

ストレス過多で変化の激しい社会で、今後誰もが自分で心と体の健康をつくることが、生きる力になり、重要になると感じています。

整体は、1番シンプルに且つダイレクトに「生きる力をつくる」ことに繋がるのではと興味を持ち、学びたいと考えました。

体験教室にて、指針整体の確かな効果と、その独自性に魅力を感じたため、てあて整体スクールの入学を希望いたします。

*****************************************

この文章を掲載させて欲しいとお願いすると、書ききれなかった気持ちをメールで送ってくれました。
そちらも転載しておきます。

*****************************************

私の場合、音楽やファッション、美術、食など、
人が「つくる」ことで生みだしてきたものから、生きる力をもらってきた人間なのですが、
自分自身の手でやってみることも、世界を広げることになると感じ、やってきました。
(音楽イベントの企画なんかも趣味でやってました。あと農業も)

しかし、便利が行き過ぎた今の世の中では、つくることがどんどん人の手から離れていってしまっていると感じています。

手から離れていったことで、自分のことを深く考えることは疎かになり、さらには他者に目を向け、想像することに鈍感になったと思います。
SNSの陰惨な状況をみても明らかです…。

そして、日々仕事で子どもたちの成長を見ていると、自分で考えて発言したり行動したりすることが苦手な子。住む場所・食べ物があっても不健康な子。様々な問題を抱えた子どもがたくさんいます。コロナ後、おそらくどんどん増えます。

それらの原因は複雑で、様々あると思います。
ただ、情報やつくられたものをただただ受容するだけでなく、自分の手を使うことが、喜びとなり生きる力になると思いますし、基本だと思うのです。(赤ちゃんをみていると、人は、知ること・学ぶことに本来ワクワクする生き物なのだと感じます)

整体は、まさに自分と相手の体があればできること。
心身に確実に働きかける、究極シンプルな「生きる力づくり」なのではと考えています。
元気があれば、生きようと思えるはず!

そして数ある整体のなかでも、指針整体は施術側も受ける側も負担が少ないという点でも、
広く誰でも享受できるもので、「これだ!」と思いました(*^-^)

長くなりましたが、、笑
短い志望動機の裏にはこんな思いがありました。
参考にしていだけたらと思います。


それでは、どうぞよろしくお願い致します!

*****************************************

本文のままです。
付け加えることはありません。
私自身も気合が入ります。
宜しくお願いします。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230


広告宣伝について

読了までの目安時間:約 3分

今年に入ってくらいからです。

整体スクールの問い合わせフォーム(見学・体験申込)に、営業の書き込みがされるようになりました。
自社名を入れ、販売商品やサービスの内容が書かれているようです。
(実際には殆ど読んでいないので、内容はあまり分かりません。)
一度など問合せフォームに自動的に書き込みをするサービスを売り込む内容の書き込みもありました。
たぶん、そういったサービスをする会社が営業をして多くの会社と契約し、自動的に様々なサイトの問い合わせフォームに書き込みをしているんだろうと思います。
問合せフォームにもさまざまあって、サイトにメールや電話番号の記載がなく、純粋に問い合わせをするためのフォームもあります。

でも、殆どの場合は、問い合わせされる会社の業務に関する問い合わせで、営業の連絡を受け付けるためのものではないと思います。

一日に平均すると3から5件くらいは、そういった自動で書き込みされたと思われる書き込みがあります。
とても面倒です。
見学や体験の申込を受け付けるフォームに全く違う書き込みがある訳ですから。

広告宣伝は自社のサービスや商品があって、それを使ってもらいたい相手(お客さんクライアントさん)がいます。
新聞や雑誌などの媒体を使う場合も、その新聞や雑誌の購買層を見て広告を出稿することになります。
見て欲しい人に対して宣伝広告をするということです。
確かに自動的に書き込みフォームに書けば、必要としている人や企業に届く可能性もあります。
でも、問い合わせフォームからは別の問い合わせがあることを期待して待っています。
つまり、見なくても良いものが書かれていることになる。

逆効果だと思います。

別の窓口に別の問い合わせをしている訳ですから。
営業をするのであれば、メールや電話で直接するべきだと思います。
メールや電話では多くの他の営業に紛れて、見られなかったり断られたりするからだろうと思いますが。
それは違う。
まっとうではありません。

毎日、問い合わせフォームに入って来る自動書き込みを見ながら、そんなことを考えました。
安易に走ると良いことはないだろうと思います。
地道にきちんと続けることが、成果につながるんだろうと思います。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

てあて整体スクール名古屋教室 内装・外観

読了までの目安時間:約 1分

てあて整体スクール名古屋教室の内装・外観の動画を撮りました。
どんなところでやっているのか。
気になる人はご覧下さい。


外観、外からエントランスを通って2階のスクール(水素ハスハナ)入り口まで。



内装、入り口から部屋に入って中までご覧ください。



場所はJR・地下鉄千種駅徒歩1分。
普段は水素ハスハナという水素バーとパーソナルトレーニングを行っている、卒業生のサロンをお借りしています。
上層階にはROOM CREAというレンタルサロンもあります。


てあて整体スクール名古屋教室
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20-2F
水素ハスハナ内
teate@nifty.com
03-3922-7230

症例別の授業

読了までの目安時間:約 3分

肘頭圧法・てあて整体スクール

症例別の授業でした。
今日は腰痛。
症例別の授業はなかなか簡単ではない。
腰痛だったらココとココとココを押せばOKというような方程式がある訳ではない。
方程式を覚えたいと思っている人が多いことは知っている。
でも方程式はない。
定理のようなものはあるかもしれない。

腰痛の痛みはこんなことが原因で起きている。
その原因はこんなコトで起こっている。
そのコトはこんな風に調整することがある。
また、別にこんな風に調整することも出来る。
あるいはこんな風に考えて、緩めたりすることも出来る。
例えば、そこではなく別のところからの関係で緩めたり動きやすくしたりすることも出来る。
その上で。
傾向としてこんなことがある。
最近はこういう人が増えている。
その場合は、こういう所を見たくなるが、別のここからも見なければいけない。
体は相互に関係しているので、見たそのままを考えていると間違うことがある。

そんな話をする。
手技は指針整体や骨格調整でやっている手技が9割ある。
だから残りの1割の手技を症例別で説明し練習する。
こちらの手技には熟練が必要なものも含まれている。
熟練が必要な手技には、量をこなさなければ出来るようにならないものもある。
その練習時間は自分でとってもらいたいと思っている。
来年からは2月8月に時間を取れるようになると思う。

そんな話をしながら、出来るだけそれぞれのレベルやスキルや経験に合わせた指導をするようにしています。
症例の話はなかなか一筋縄では行きません。
でも、必ず分かっておかなければいけないことは外さないように。
そんな授業を心掛けている。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
※10月20日から23日までは名古屋で授業を行っています。
 見学受け付けています。

カラダのカンカク

読了までの目安時間:約 5分

整体師になって20年以上。
開業して19年が経ちます。
その間、様々な人のカラダに触れてきました。
多くの人の症状を聞き体に触れ、緩め整え指導アドバイスして来ました。

変化して来たことがあります。

分かりやすい話をすると、20年前は腰痛や肩こりのためにしてもらっていたストレッチをすると、最近はストレッチだけで故障してしまう人がいるようだということです。
以前はそういうことはなかった。
最近はだからストレッチの前の準備運動のようなことを言ったりすることがある。
もちろん人によって違う。
ストレッチをすれば軽くなる人もいるが、方法が分からずコントロールが出来ずにストレッチで調子を崩してしまう人がいる。
ストレッチの方法が分からないという人も増えたように思います。
方法が分からないというか、どこを伸ばしているのか分からない。
自分の感覚が感じ取りにくいという人です。
相対的に体を使うことが減っているというのは原因としてあると思います。
交通手段の進化だけでなく、インターネットの環境だったりも栄養していると思います。
50年前はスマホはなく、もちろんパソコンもインターネットもなく、電話は2軒に1台くらいしかなかった時代でした。
離れた人とのコミュニケーションの第一は手紙、という時代がつい50年位前まで続いていました。
ワープロがないので手紙は手で書いていました。
手で書いた手紙を郵便ポストまで投函しに行っていました。
東京などは地下鉄も今と比べて路線がかなり少なかったと思います。
駅の数も増えています。
スマホは郵便ポストに行くことだけでなく、図書館に行ったり、電話をかけたり、カメラを出して撮影した後の現像などの手間も省きました。
様々なアプリはそれぞれの作業を少なく省力化しています。
エレベーターやエスカレーターなども増えました。
子供にとってはベビーカーやお迎えバスなども。

ようするにに移動や体を使うことが減っています。
体の感覚が減った原因かもしれません。
ついでに言えば体育の授業も減っているし、外で遊ぶ機会も減っている。

整体師になるには体の感覚を得る必要があります。
相手がどんな感覚を受け取っているのか、ということもありますが、その前に自分が今どんな感覚になっているのか。
知っているようで分かっているようで、実はあまり分かっていなかったりします。
先ずは自分の感覚を感じてみることから。
その上で出来れば同じ手技を何度も何度も繰り返す。
繰り返すことで解像度が上がってくるような感覚があります。(あっここも感覚か!?)

調子が悪くなる人も気を付けると良いことがあります。
自分の感覚。
知らないうちに調子が悪くなることが多いと思います。
でも実際は調子が悪くなるまでの間に、何がしか感覚の変化があります。
それを感じていないということです。
自分が今どんな感じなのか。
時間を作って感じてみるのは良いことです。

ヨガやピラティスのパーソナルが増えていること。
瞑想や座禅会、マインドフルネスが見直されているのも、そんなことが影響しているかもしれません。
必要なことだから体が欲しているのかもしれない。

自分の感覚を感じる練習は、そんなに大変ではありません。
時間を取って感じてみるだけで、少しずつ変わってくると思います。
毎日、通勤の自転車をこいでいる時だけは、体の感じを感覚してみる。
電車に乗っている時だけは、どこに力が入っているのか、呼吸はどうなっているのか考えてみる。
土日に時間を取って、床の上に寝て深呼吸して、床に触れている体の感覚を意識に上らせてみる。
散歩しながら、動いている関節の感じや呼吸の出入り、胸郭の動きを感じてみる。

そんなに長時間長期間する必要はありません。
ほんの1分でも。
気が付いたらやってみる。
自分に戻ってくる感じかもしれません。

カラダのカンカク
大切になってくると思います。

足の指は何のためにあるのか。

読了までの目安時間:約 3分



足には指があります。
でも、毎日靴下を履いています。
靴下だけでなく靴を履いて外に出ます。
家の中でもスリッパを履いている人もいます。
まるで足の指は必要がないかのようです。
毎日、毎日、わざわざ足の指を、動きにくい状態にして生活しています。

どうして足には指があるんでしょう?

逆です。

どうして靴下を履き靴を履くんでしょう!

足に指があるのが人間とうい動物です。
殆どの哺乳類にも足に指があります。
足の指は地面の凸凹にアジャストするため。
アジャストされると安定が良くなり、立ちやすく歩きやすく走りやすくなります。
人間も同じでしょう。
赤ん坊のころは足の指も多彩な動きをします。
まだ靴下や靴の影響が少ないからだろうと思います。
人間本来の足の指の使い方が備わっているからです。

大人になるとどうでしょう。

今、多くの大人の足の指は動きません。
全然動かない人も中にはいますが、殆ど動かない、あまり動かない、動かすのが下手、動きが制限されている人が殆どです。
でも問題ない。
と思っている。
靴下を履き靴を履いているんだから、足の指は無きモノとしてあまり使わないでも立ったり歩いたり走ったり出来ます。
出来ますが、実は本来の立ち方や歩き方や走り方ではないかもしれません。
外反母趾。
O脚。
脚のむくみ。
膝の痛み。
脚の太さ。
ひょっとして足の指を使わなくなったことが原因の一つかもしれません。
いえ、実はそれが原因となっている人が本当に多い。

足の指を使うのは簡単です。
靴下を脱げばよい。
家に帰ったら。
休みの日には。
靴下を脱いでみる。
家の中だけはそうしてみる手があります。
出来ることなら、外に出ます。
芝生の上を裸足で歩いてみる。
裸足で砂の上を歩いてみる。
そうすることで、足が一枚の板のような形状ではなく、5本の指があるヒトの足として使われ始めます。

それはちょっと。

ということなら、足の指でグーパーでも良い。
その前に足に指があることを確認するため、裸足になって一本ずつ指でつまんでみる。
つまんで動かしてみる。
そこから始めてもOKです。

足の指は何のためにあるのか。
ではなく。
せっかくある足の指を使わないなんてもったいない。
そういうことです。

てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
アーカイブ
おもてなし規格認証2019