整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

名古屋で知った自分の性格

読了までの目安時間:約 3分

今日まで4日間、てあて整体スクール・名古屋教室の授業でした。
緊急事態宣言が延長されていることもあり、老母の居る実家の四日市には帰らず、名古屋でホテル泊をしています。
栄と伏見という繁華街の駅の間にあるホテルでとても便利。
その上とてもお安くて。
こんなに安くて大丈夫!?と思ってしまいます。
先月もそうでした。
食事は外で食べることになります。
なりますが夜は8時になるとお店が閉まってしまう。
何故だかアルコールが出ないような食堂的なところも閉まります。
先月は飲み屋さんで弁当を買って食べましたが、今月は3日ともコンビニ弁当になってしまいました。
弁当とサラダ的な野菜とスープ。
で、アルコールを少々摂取しておりました。

性格が出ますね。

コンビニで買った弁当を机に広げ、サラダを広げスープにお湯を入れ。
食べ始める訳です。
アレを食べると、アレを食べ終わった容器を洗って片付けます。
コレを食べれば、コレを食べ終わった容器を洗って片付ける。
弁当とサラダ的な容器が二つ、スープ的な容器もあり、焼き鳥的な食べ物もあり。
それぞれが別々の容器に入っております。
その容器を食べては片付け食べては片付けしながら。。。
あれ片付けてる!?と思いましたね。
気が付きました。
アレ俺片付けてる。
ナンデダカ片付けてる。
多分そんなことしなくてもイイのに。
食べながら少しずつ片付いていって、机の上はどんどん簡素になって行きます。
どんどんスペースが出来て来ます。
スペースが出来ると今度はレイアウトを変えたりします。
弁当の位置、他のものの位置。

ヤな感じですね。
誰かいれば。
でも自分一人なのでその方が快適です。
いや、昨夜は快適だと思った。
自宅ではそこまで都度都度片付けはしませんから。
(食べ終わるとさったと洗い場に持って行きはしますけど。)

そういう性格だったか。
と思いましたね。
どういう性格かは分かりませんが、目の前に食べ終わった容器があると洗って片付ける性格です。
どうせ捨てる容器を洗って重ねてゴミ箱に入れる性格。

どうなんだろう。

名古屋教室210219

今日から名古屋です。

読了までの目安時間:約 2分

富士山

今日から名古屋教室で授業です。
今朝早くに自宅を出て新幹線で名古屋に向かいました。
いつもという訳ではありませんが、富士山を見られることがあります。
天気が良くてうっかり寝ていないと見られます。
とてもラッキー。
いつも得したような気分になります。
今朝もラッキーなことに見られました。

名古屋教室は今日から新しい場所で始まります。
今月2日3日に荷物を搬入し、凡その恰好が付きました。
凡そのまま暫く走ることになると思います。
何が不便なのか、何が足りないのか、何が余計なのか。
まだあまり分かっていません。
ひとつだけ分かっているのは、パソコン作業をする場所が定まらないということくらいです。
今、窓際の畳の上にあぐらをかいて、脚の間にパソコンを抱えながら文章を打ってます。
たぶん、暫くはこの恰好になるんじゃないかと思います。

今、朝からの授業が終わり、午後からの患者さんが二人終わったところです。
全員の一致した意見は。
良い場所だ。
ということでした。
良かった良かった。
日当たりが良く、見晴らしが良く。
なんとなく空気も良く。
せいせいしています。
セラピーをするにも教えるにも良い場所だと思います。
それは本当に良かったと思います。
内見だけで自分で決めても、来てくれる患者さんや生徒さんが居心地が良くなければ意味ないですからね。

今日から金曜まで授業です。
今月は今日が触診と指針整体、明日から指針整体と最終日はストレッチもあります。
基礎を繰り返すのが、てあて整体スクールの方法です。
基礎が出来ていれば応用は出来ます。
カンタンとは言いませんが出来る。

良い場所に移転出来たと思います。


新教室

年を感じる。

読了までの目安時間:約 7分

いつの頃からですかね。
年を感じるようになりました。

最初に自分の歳について考えたのは20歳位の時でした。
大学で剣道部で1年生の時の3年生が、何年かして卒業後にやってきて、徹夜をするときつくなって来たというのを聞いて、そんな大学出たくらいでもそんなことがあるんだと思った記憶があります。
でもまあ自分自身は20代前半はそんなことは感じませんでしたけど。
30歳位になって徹夜は厳しいかなぁと思ったようには思います。

自分自身のこととして年齢について最初に考えた(感じたのではなく)は、35歳の時でした。
歳について考えたというのとは少し違うかもしれません。
この時、35歳の時にもう折り返しだなと思いました。
当時の平均寿命は70代後半だったと思いますけど、人生の最後半を別にしたら、35歳でちょうど中間地点を折り返したんだなと思いました。
折り返しだとか中間だとか、後は下るばっかりだとか、そんなことを思いました。
せっかく生まれて来たんだから、自分の人生は自分で何とかしたいなぁと思って、会社を辞めることや独立することを考え始めたのもこの頃でした。
体力的なことも少し感じ始めたのがこの時期だったと思います。
でもまあ、若かった。
落ちたなぁとか言いながら、たいして落ちていない、下っていない、感じていない時期でした。

40歳を過ぎて暫くしてガクンと感じたことがありました。
髪(白髪)と目(視力)と歯だったと思います。
筋力的には落ちている感覚はありませんでしたけど(今思うと落ちてはいましたけど)、ポツポツ白髪が上下に出始めて、目が少し見えづらくなってきて、歯がどんどん悪くなって来た時でした。
45歳で知人に誘われてダンス作品を躍らせてもらいましたが、その時のリハーサルで物凄い筋肉痛と筋疲労が起きて、これが歳かと思いました。
それまでも少しずつ歳は感じるようになっていましたが、大きな舞台で踊ることになって、その時は急にリハーサルが始まると、きちんと筋肉が悲鳴を上げたので、それと分かった感じです。

50歳を過ぎてかなり体が重くなりました。
確か52歳の時にデラシネラの小野寺さんのワークショップに行って、一人50代だったことがあります。
この時は二日目から筋肉が引きちぎれそうな痛みと重さがありましたが、顔だけは平気な顔をしてレッスンに出ていました。
壊れそうな感覚もあったので、毎日のケアと少し手を抜くところは抜くことにしていました。
40代くらいから、踊っていて壊れそうな感覚の時に、そのままやっていると必ず壊れるということが分かっていましたから。
それでも何とか乗り切って、まだまだ動けるもんだなと思いました。
年齢は筋肉の重さ、体の重さ、ケアの方法などで感じていました。

50代後半に入ってまたダンス作品に呼ばれリハーサルが始まりました。
ここは大人の作品でしたが、それでも年齢は一番上。
壊れそうな感覚が出て来たら、壊れないくらいの体に戻すことに気を付けました。
どうするかと言うと、ケアですね。
睡眠時間や風呂やストレッチや温めることなど。
出来ることは出来るだけやるようにしました。
無理はしない。
というか出来ない。
無理をすると壊れるのが分かってましたから。
このころ(50代後半)は無理をすれば壊れると分かって、無理をしないように出来るようになった年代ですかね。

このころから、トレーニングが難しくなって来ました。
筋トレ的なトレーニングをしようと思って始めると、暫くして痛みが出てしまいます。
痛みをやりくりしながら続けていると動けなくなる。
トレーニングが出来なくなって来たのかもしれなと思ったりもしました。
だからトレーニングよりもリハーサルやレッスンで筋力をつけるようになりました。
歩幅を広げるだとか、ストレッチ時間を長くするだとかです。
体脂肪が増えたのも原因だろうと思います。
体重は増えないのに体脂肪だけ増える。
筋肉量が減っているということですね。

アラカン(アラウンド還暦)になって一番歳を感じるのは、飲めなくなったことと食べられなくなったことです。
まあ、普通の人位には飲んだり食べたりしますけど、自分の以前と比べると減って来た。
アルコール料は本当に減りました。
昔の荒木を知ってる人からは信じられないと思います。
ビール一杯でけっこう気持ち良くなるんだから。
とは言えウィスキーはストレートで飲んだりしますけど。
そして食べる量も減った。
飲もうと思えば飲めるし食べようと思えば食べられるんですけど、そんなにいらなくなった。
すぐに腹が一杯になります。
もっと飲んだり食べたりしたい。
本当にもっと飲んだり食べたりしたいんですけど。
それは少し残念なことです。
しかしまあ、食欲もそれほどある訳ではないんですけどね。

体はまだ動きます。
疲れやすいし重たいですが動く。
過去の自分と比べれば格段に落ちてますが動けます。
20歳の時に思い描いていたアラカンの爺さんよりはかなり動けていると思います。
体が疲れて重くなって動きずらくて踊れないってことはないです。
動画を撮ったりすると動きが緩慢には見えますけど、見られないという程でもない。
出来れば気が付かないうちに70位になっていたいなと思います。
あれっ!?
てなもんで。
自分の年齢に気が付かないように。
普段通りに踊っていたら70超えてた!?みたいな人になりたいと思います。
そして次回作を考えているような人になりたい。
いや、別になろうと思わなくても良いか。
今と変わりなく次回作を考えてればいいだけなんだから。

このところの日々

読了までの目安時間:約 5分

このところはやっぱり新型コロナウィルス感染症ですよね。
毎日感染者数や亡くなった方の人数が気になります。
今月に入って少し減ってきてはいますが、今だ毎日続いていて。
これでもう1年になります。
あ~あ、何だかなぁみたいな感じですね。
なるべく心配はしいないように。
ただ、用心はしてマスクや手洗い、外出は控えてということになっています。
さすがに少しストレスが溜まっているんだろうなとは思います。
自覚症状的に出て来る訳ではありませんが、何となくうっすらそんな感じがしますね。
ニュース番組よりもお笑い番組を見るようになったりしているのも、そのせいなんだろうなとチェンネルを変えながら思います。
同じニュースばっかりで、どうもヘキエキって感じです。

夏にはオリンピック・パラリンピックがあるのかどうなのか。
一応、パラリンピック陸上決勝のチケットを持っています。
開催されて入場できるのなら行こうかと思っています。
これについて、やめた方が良いのか開催した方が良いのか。
正直なところ気持ちが決まりません。
こんな状況で出来る訳ないだろうというのも分かります。
でも出来ることなら様々対策をして入場者数や入場者を制限してでもやるべきという気持ちも分からないではない。
原発をどうするかについて考えていた時と同じような気持ちです。
これはなかなか難しい問題だと正直言って思っています。
簡単に言うことも出来るし簡単に考えることも出来ますが、いろいろと複雑に考えてしまう性格です。

運動は続けています。
週に1回程度ですがダンスレッスンに行っています。
レッスンはマスクをしたまま。
心肺機能が向上するんじゃないかと思ったりしますね。
途中でゼイゼイしてますから。
19:30に終わるのでそそくさと帰って来ています。

昨年夏くらいからピアノの練習をしています。
遠い昔、高校生の頃に習っていたことがあって、昨年の自粛期間にやろうと決めて電子ピアノを購入。
昨年中は毎日やってましたが、1月に入って少し熱が冷めてきて、週に3・4日程度練習しています。
毎回30分程度なので練習にはなってないんですが、プレインベンションという楽譜集の中の4曲と、エリーゼのためにを練習してます。
エリーゼは45年くらい前に一度弾けるようになったことがあったので、昨年夏から始めてやっとつなげて弾けるようにはなりました。
プレインベンションは2曲はなんとか引けますが、あとの2曲がどうしても進みません。
当たり前です30分しか練習しないんだから。
それでも4・5回ずつ弾く練習をしていると、恐ろしく遅遅としてはいますが、数週間すると進歩をうっすら感じられます。
この感じだとあと2・3か月経てば続けて弾けるようになっているかもしれません。
次は何にしようかと思ってますが、もう少しウキウキする曲にしたらどうですか?とピアノの先生をやっている患者さんに言われました。
確かに弾いててウキウキしている訳ではないですね。
弾けるようにはなりたいですが、ウキウキする曲を捜したいと思って探した訳ではなかったですから。

来週は名古屋です。
名古屋では整体スクールと整体とアレクサンダーをやります。
泊まりはホテルです。
いつもは愛知県の隣の三重県にある実家に泊っていましたが、この状況でホテル泊になっています。
繁華街近くのホテルに泊まっているのに、夜8時になると街は暗くなって食べるところさえなくなってしまいます。
早めに仕事を引き上げてお弁当を買って、ホテルで食べるってのは、これがなかなか以外に面白くないものです。
楽しみは朝のブッフェ。
前回止まった時、これが意外に美味かったんですよね。
とてもお安いホテルなんですが、一生懸命頑張ってくれていて好感が持てました。
好きな時間にゆっくり朝食を食べて、仕事場は地下鉄に乗って3つめなのですぐ近くです。
名古屋教室は今月から新しくなったので、備品などぼちぼち考えるのは楽しみですね。
やってみないと何が足りないのか分かりませんから。
きっと驚くようなものが無かったりするんだろうと思います。

書き始めてみて、ちょっと静かな文章になりました。
元気が出るように書こうかと思いましたが、無理はいけません。
まだ暫くはなんとなくうっすら曇りのような生活なのかもしれませんが、まあ落ち込んでも仕方がありません。
用心はしつつ、心配はあまりせず、明後日のために頑張っておきたいと思います。
皆さまもお体には気を付けて。

触診の授業

読了までの目安時間:約 3分

来週、名古屋教室で行う授業の一つに触診があります。
今年からカリキュラムの一つとして出すことにしました。
今までも授業の中で触診についての説明をしてきましたが、今年からテキストも作って時間を取ってやることにしました。


触診は全ての手技の基本です。


触診がきちんと出来ていれば、調整の7割位は出来たことになる。と言われます。
確かに触診がある程度出来て、骨格のズレや歪み、関節の動きの悪さが分かれば、どちらの方向に動かす必要があるのかが分かります。
方向が分からなければどんなに素晴らしい手技を持っていても調整は出来ませんからね。
でも触診は歪みやズレだけを触知するものではありません。
整体の勉強を始めるまでは信じられないかもしれませんが、かなり多くのことが分かります。


・骨格の歪み、ズレ
・関節の動きの良さ悪さ
・皮膚や皮下組織、筋肉などの張り具合
・体表面の温度(体温)
・浮腫み
・深部の体温
・筋肉の状態(動きや反応速度)
・筋肉の疲れ具合(疲労物質?)
・内臓の状態


これくらいのことは暫くすれば分かるようになります。
この他にも分かってくることがあるように思います。


整体師やセラピストの仕事は患者さんの状態を変えることです。
歪みを整えたり筋肉の硬さを取ったり、関節の動きを良くしたりすることによって、状態を変えます。
人の状態は物理的な刺激(押したり揉んだり)で変わりますが、それ以外のことでも変わります。
話の内容や方法、表情や手指の使い方。
部屋の内装や音楽や環境でも変わることがあります。
それらをどうコントロールするのかは、その時の患者さんの状態によります。
触診で分かる患者さんの状態。
そこから全てが始まります。


その触診をどうやってするのか。
体の使い方やどうしてそう使うべきのか。
その時の考え方なども話をします。
すぐに出来ることではありません。
時間はかかります。
でも、目標があってすべきことが分かっていないと、ただ触れているだけでは上達しないし熟練しないものです。
どうやるかを学んで、あとは繰り返し何度も何度も練習することで少しずつ身についていくと思っています。


てあて整体スクール名古屋教室
愛知県名古屋市千種区今池 2-1-16 八晃ビル408
teate@nifty.com
03-3922-7230


触診の授業を受けたい人は連絡下さい。
2月16日(火)10:00から1時間位。
名古屋教室で行います。
6,000円でセミナーとして受けてもらえます。
連絡お待ちしています。


触診・てあて整体スクール

来週、2月16日から19日は名古屋です。

読了までの目安時間:約 2分

こんにちは。
押さない揉まない体重をかけない、トントンと軽い刺激を全身に入れていく指針整体。
ボキボキしない骨格調整・筋肉調整のマッスルエナジーテクニック。
安心して使える手技で整体師を育成している、てあて整体スクール・荒木です。


今月の名古屋教室のスケジュールです。
来週、2月16日から19日までは千種の新しい教室で授業を行います。
今月の授業は「触診」「指針整体」「ストレッチ」です。
触診はセミナーとしても受けて頂けます。
希望の方は連絡をください。(60分=6,000円)
スクール見学も受け付けています。(無料)
整体スクールや整体学校を捜している方は、身に来て試して下さい。


てあて整体スクール 名古屋教室
愛知県名古屋市千種区今池 2-1-16 八晃ビル408
teate@nifty.com
03-3922-7230
JR・地下鉄 千種駅徒歩5分

授業 : 2月16日から19日 10:00~13:00


名古屋分院1
名古屋分院3

整体(骨盤調整)で痩せるのか?

読了までの目安時間:約 3分

整体で痩せますか?と聞かれることがあります。
たぶん無理なんでしょぅ?というような顔で聞かれます。

そうですねぇ。
整体ではねぇ。
なんて答えた後に少し説明をします。

全否定はしませんが、整体で痩せるのはなかなか難しいと思います。

整体で痩せると初めて聞いたのは、たぶん15年位前だったんじゃないかと思います。
えっ!?と思って少し調べました。
どんな根拠でそんなこと言っているのか。
調べていくと、整体や骨盤調整をして体の歪みが取れ整うと、内臓の働きが改善され消化吸収が良くなって痩せる、というのがありました。
同じように整体や骨格調整をすることで血流が良くなり、むくみが取れるので痩せるというのもあったと思います。
消化吸収が良くなって痩せるというのは、余程、標準体重よりもオーバーしている場合に可能性がゼロではないと思います。
ただ、目に見えて痩せるかというと、それは難しいかなと思います。
血流が改善して水分が出てしまって痩せるというのは、見た目的には可能性があります。
ただ、その場ではウェストや脚が少し細くなることはありますが、同じような食生活や生活習慣だとまたすぐに浮腫みます。
それに体重は一時的に減るかもしれませんが、水分が抜けているだけですから、痩せるというのとは少し違うかもしれません。
いずれにしても、整体や骨盤調整で痩せる、というのは少し無理があるのかなと思います。

ですよねぇ。(笑)

質問した方はだいたいそんな感じですね。
まあ、整体だけで痩せるなんて虫の良い話はないよなと思っているようです。
整体は腰痛や肩こりや膝痛など、筋骨格系の痛みや症状に対して骨格調整をしたり筋肉を整えたりしすのが得意です。
でも実はそれだけが整体でやろうとしていることではありません。

体の調子を良くする。
元気になる。
その人本来の体を手に入れてもらう。

みたいなことも目指しています。
ストレッチや姿勢や歩き方や日常的に気を付けることをアドバイスするのは、そう言うことも考えてのことです。

マスクとTPO

読了までの目安時間:約 2分

TPOって聞いたことありますか?

Time (時間)
Place (場所)
Occasion (場合)

これら三つの言葉の頭文字を合わせた和製英語です。
もう随分以前ですけど石津健介というVANジャケット(ファッションブランド)を創業された方が造語したと聞きました。
昭和の中頃、まだまだカジュアルな服装やファッションが普及しておらず、時と場合、場所に合わせた服装があるんだよと提案していたのかと思います。
それまではハレとケ、冠婚葬祭など正装か仕事着以外は、自宅にいる時の普段着しかなかったですから。
で、マスクです。

マスクにもTPOを適用してはどうかと思います。

一日中、四六時中していることはないと思いますよ。
自転車通勤している時や、人通りの少ない昼間に公園まで犬の散歩なんて、マスク必要ないでしょう。
近くに人がいれば別ですが、2メートル以上も距離が取れていれば飛沫感染も殆ど心配はありません。
時と場所をわきまえてするようにしたらどうかと思います。
外出した時も、たまに人混みを避けて誰もいない場所でマスクを外して深呼吸。
少しそういうことが必要なんじゃないかと思います。

マスクのし過ぎで呼吸が浅くなっている人がいると聞きます。
マスクしていることで、ストレスを感じている人も多いと思います。

時と場所と場合を考えて、たまに外してみてはどうでしょう。
もうやっているとは思いますが。
マスクとの共生は暫く続きます。
ちょうど良い距離感で付き合って行きたいと思います。

検索順位

読了までの目安時間:約 8分

グーグルやヤフーなどの検索エンジンと呼ばれるサイトで検索した時の順位の話です。


整体院やサロンに限らず、自分のお店をオープンしたら宣伝をします。
整体師の最初の仕事は整体ではなく宣伝で、意外に勘違いしている人がいます。
宣伝をして知ってもらわなければ、誰も自分の店を知りません。
誰も知らない店には誰も来ない訳で、存在すらしていません。
存在していないようなものだと言う人がいますが、それはかなり楽観的な分析で、知られていない店は”存在しない”んです。
でまあ、宣伝をします。
2000年代に入ってからはインターネット上での宣伝がとても大切になって来ました。
荒木が開業した2001年には、整体院でホームページ(HP)を持っているのは30%くらいだったと思います。
だからHPを作っておけば、よほど下手に作らない限りは、ネットで検索する人にはHPヒットして来院に繋がりました。
暫くするとブログというのが出て来ました。
最初は毎日更新される個人の日記が主流だったと思いますが、暫くすると店舗や企業でも毎日更新されるようになって来ました。
そのブログからHPに誘導するというような図式もあったと思います。
その後、SNSが出て来ます。
最初はSNSの言葉の通りミクシィなど紹介制で限られたコミュニティが創られていたと思いますが、今は随分オープンな世界になったように思います。
ツィッター、フェイスブック、インスタグラム、ユーチューブ(はちょっと違うか)。
つい最近はクラブハウスなんて言う音声だけのものも出て来ました。
それぞれのSNSを入り口としてHPに誘導したり、そのままSNSから来店に繋げたりしているようです。


検索エンジンと言うのは、調べたい言葉を入力したら、その言葉に関係するサイトやページを表示させるサービスです。
例えば「整体スクール」と検索すると、整体スクールに関係するサイトやページが表示されます。
表示される順番がとても重要で、最初のページには10くらいのサイトしか表示されません。
10くらいのサイトの他には広告のページも表示されたりしています。
普通の人は最初のページか次のページ位しか見ないで、それぞれのサイトやページに飛んで行って必要な情報を読んだりします。
お店をやっている身としては、最低でも2ページ目までに表示されないと、せっかくHPやブログを書いても見てもらえません。
見てもらえなければ、やっぱり存在しないということになります。
この検索エンジンで上位表示されるための対策のことを、SEO、と言います。
当然ですが沢山業者さんがいて、有料で対策を考えてくれたり対策したりしてくれます。


グーグルのトップページの真ん中位に地図が出て、地図の下に3つくらいのサイトが表示されます。
これはグーグルのサービスですが、この地図の下に表示させるための対策は、MEO、と言います。
これも業者がいて同じようなことをしています。


SEOもMEOも自分で対策することも出来ますが、荒木は業者さんに少しだけお金を払ってお願いしています。
でも、業者にお願いをするだけでは上位表示はされません。
日々、ブログを更新したり、グーグルマイビジネスなどにアカウントを作って店舗を登録したり、こちらの情報を更新したりする必要もあります。
ま、ここでブログを書いているのも、SEOの一環だったりします。
文章書くのは好きですが、ここまで頻繁に更新するのは、そう言う訳があります。
お仕事ってことですね。(笑)
てあて整体スクールのサイト(https://teate.co.jp/)の検索順位は結構よいです。
グーグルだけですが、今日(2/8)時点での順位を書いて置きます。


整体スクール 東京  9位(スマホ 9位)
整体学校 東京 9位(スマホ 9位)
整体スクール 8位(スマホ 7位)
整体学校 6位(スマホ 7位)
※検索順位チェックツールGRC(https://seopro.jp/grc/)による。


たまに、50位くらいに突然落ちてしまったり、圏外に消えたりもしますが、最近は結構頑張ってくれています。
検索順位を上げるのに気を付けていることややっていることは、出来るだけ毎日このブログを更新すること。
週に1回はグーグルマイビジネスで投稿をすること。
ツィッター(https://twitter.com/teateseitai)にも週に数回以上は投稿して、リンクを貼ること。
ピンタレスト(https://www.pinterest.jp/teateseitaischool/_created/)に写真を投稿してリンクを貼ること。
ユーチューブ(https://www.youtube.com/channel/UC0cnO3BG0Wd5Snn1axXSaug?view_as=subscriber)は月1回程度ですが、こちらも動画を作って投稿しリンクを貼るようにしています。
他にアメブロ(https://ameblo.jp/teate-seitai-school/)でもブログを書いていますが、こちらは最近は少し更新していますが、ここ数年は月1回程度の更新でした。
インスタグラム(https://www.instagram.com/araki_san/?hl=ja)にもアカウントがありますが、昨年11月位からは個人的な投稿だけにしました。
整体やアレクサンダーテクニークなどに来たい人が、インスタグラムから来るとは思えなかったことと、コロナの影響で自粛生活が長く、息抜きが欲しいなと思っていたこともあります。
そのうちまた整体やアレクサンダーテクニーク関連に戻すかもしれません。
ポイントは幾つかのSNSや自分のブログを休止させないことが大切だと思っています。
最低でも週1回程度は更新していないと、休止したサイトやブログと判断されてしまう可能性がありますから。
内容については実はあまり気にしていません。
問題は更新頻度です。
文章の中に検索されそうな言葉を入れる努力はしていますが、それに縛られるようなことはありません。
整体関連や体のこと、故障や運動などについて限定してしまうと、こんなに頻繁には更新出来ません。
それよりもブログやHPやSNSが動いている状態にあるということが大切だろうと思っています。
これは読んでいる人に対してもです。
たまにしか更新されないようなHPやブログは見なくなってしまいますから。


こうやって検索順位が上がっていても、このところは問合せは増えていないですね。
ちょっと残念です。
ま、緊急事態宣言下では仕方がないことだと思います。
逆に今は情報をどんどん出しておけば、将来の問合せに繋がるんだろうと思っています。
ということで、これからも更新を続けます。
良かったらお付き合いください。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市千種区今池 2-1-16-408
teate@nifty.com
03-3922-7230

※ところで「整体スクール 名古屋」「整体学校 名古屋」については全然対策していないんですが、東京に引きずられて15位前後をうろうろしています。

8年前のダンス作品 【パラライフ】 2013/04/07 シアター21フェス

読了までの目安時間:約 4分

荒木の趣味はダンスです。
正確に言うと趣味と呼べるかどうかは分かりません。
人前で踊ることもあるし、呼ばれて踊ることもあります。
本業は整体師でアレクサンダー教師で整体学校の先生ですけど、踊りも趣味というには嵌まり込みすぎていると思います。
どんなダンスを踊っているんですか?と聞かれます。

コンテンポラリーダンス

と言って、???という顔をされます。
やっと最近になって少し見聞きすることもありますが、多くの人は知りません。
そのまま和訳すれば現代舞踊です。
でも、一般的に言われている現代舞踊とはまた違うと思います。
コンテンポラリーダンスはコンテンポラリーダンスです。
最近なら瑛人さんの「香水」のMVで彼の横で踊っている女性ダンサーのそれです。
とは言え、あの形態が全てではありません。
何でもあり。
現代の芸術は凡そそうだろうと思いますが、何か決まった規範のようなものや垣根もないと思います。
少なくとも自分ではそう思っています。

自分で作品を創ることがあります。
分かりやすく言えば創作ダンスです。
仲間内というかダンスを最初に始めたスタジオ関係の所でずっと発表したり踊って来ましたが、50歳を過ぎてもっと知らない人達の前で踊っておこうと思うようになりました。
イイとしてして、何言っちゃってんの。
自分に突っ込んだりもしましたけど、まあ、そうでした。
最初は2人以上の作品でした。
今回、ユーチューブにアップしたのがそうです。
その後、ソロを創るようになりました。
ダンスのソロ作品はテクニック的に優れた人しか作っちゃだめだろう、と思っていました。
多くのことに、これはこうだろうと、自分で基準というか規範というか常識というか、普通こうだろうと決めつけていたんだと思います。
もちろん決めつけてるなんて思ってません。
普通はそうなんだから。(と思っていたから。)

ソロは怖かったですね。
一人で舞台に立つと、客席の全員が自分を見ます。
当たり前です。
他に誰もいないですから。
でも、好きなことを出来ます。
当たり前です。
自分しかいないんんだから。
自分の思った自分の作った世界を自分で演じられます。
(ソロもユーチューブチャンネルにあります。良かったら見て下さい。)

この作品はセッションハウスというダンススタジオでたまに一緒になる同年配の男性に出てもらったデュエット作品です。
椅子と曲と二人のおじさん、から発想した作品です。
ホントだったら今日で緊急事態宣言も終わってたはずなのに、まだ1ヶ月増えるみたいなんで、暇つぶしになるかと上げてみました。
整体学校の先生が踊ってます。
ダンス続けて作品創って人前で踊るってのは、脱サラした時のいわゆる一つの目標みたいなものでもありました。
笑ってやって下さい。





神楽坂セッションハウス
シアター21フェス vol.91 2013/04/07
【 パラライフ 】
振付・ダンス 荒木靖博
ダンス 吉川貴司

てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
アーカイブ
おもてなし規格認証2019