整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » アーカイブ

これじゃぁ たぁだ 生きてるだけよねぇ。。。

読了までの目安時間:約 4分

「 これじゃぁ たぁだ 生きてるだけよねぇ。」


先日、患者さんと話をしていて出て来た言葉です。
普段は時間があれば歌舞伎やバレエの舞台を観に行ったり、自分自身でもヨガやバレエやピラティスなどに行っている方です。
歌舞伎や舞台を一緒に見に行く友人がいて、その友人と話をしていた時に友人から出た言葉だそうです。
ここ1年、何もやってないよね。
これじゃただ生きてるだけよね。
そんな感じだったみたいです。
まあ、ただ生きてるだけってことはないと思いますが、なかなかやりたいことが出来ない日は今も続いています。


こんな状態になって1年が過ぎています。
思い出してみると、昨年4月は整体院も整体スクールもお休みをしていました。
お休みと言っても、整体をしないスクールをしないというだけで、実は毎日通勤して来ていました。
整体院・スクールに来ると、ブログを更新し、緊急事態宣言が終わる連休明けまでは、毎日、ストレッチの動画を上げていました。
( ストレッチ動画はコチラ >>> )


7月にはピアノを再開しました。
実は高校生の頃に2年ちょっとだけピアノを習っていたことがありました。
友人に誘われて(友人は1回でやめましたが)始めて、結局、高校3年生の夏まで続きました。
当時、バイエルは終わりブルグミュラーだとかツェルニーだとかをやり、エリーゼのためにが弾けるようになっていました。
大学で東京に出て来て以降は全く弾いておらず、30歳位の時に一度、練習をしてエリーゼだけはも一度弾けるようになっていました。
それを思い出して練習を始めました。
今回は30年ぶり。
で、全く弾けないことが分かって地道にやって、昨年暮れくらいにはなんとか弾けるようになっていました。
でもまあ弾けるようにはなったけど、まだなかなか思うよには弾けないということで、ぼちぼち練習をしていたんですが、1曲しかないと飽きる。
そこでピアノの先生をやっている患者さんに教えてもらって、プレ・インベンションというのを今年に入ってから練習をしていました。
それがまあ実はあの、、、またちょっと飽きまして、どうしようかと思っていたら、同じものばかりだと飽きるから、また別のをやってみると良いですよということで、平均律クラビア第1巻第1番プレリュードというのを教えてもらいました。
長々と何を書きたかったかというと、最近になって新しい曲を練習し始めたということが書きたかったんです。


何か始めてみるのも良いですよ。
いろいろな人が言っているし、試してみているとは思いますが、やっぱり何かが出来るようになって来るのは楽しいものです。
時間がもっと持て余すようだったら、デッサンをやってみたいと思っています。
紙とエンピツがあれば出来ますから。
散歩でも良いし、口笛でも良いし、トレーニングでも良いし。
一日に10分。
何か始めると良いかもしれません。
自粛自粛だけだと面白くないですからね。

何歳まで人生をやり直せると思いますか?

読了までの目安時間:約 2分

今日、電車に乗っていたら目の前に貼ってあったポスターに書いてありました。

何歳まで人生をやり直せると思いますか?

きっと人生は何度でもやり直せるというようなことが言いたいんだろうと思います。
確かに何度でも繰り返しチャレンジすることは出来ます。
でもね、それはやり直しではありません。

人生のやり直しは出来ない。

そうではなく。
人生は今日から、今から新しく始めることは出来ます。
何度でも繰り返し始められます。

今までの人生も自分の人生です。
それをなかったことにするなんて出来ないしする必要もない。
やり直しではなく、もう一度初めから。
確かに年齢制限があるものもあります。
でもそれを除けば何だって出来る。
方法はいくらでもあります。
今まであった方法が全てではありません。
今まで誰もやったことがなくても、それがそれが出来ないということではありません。
誰もやらなかったというだけです。

人生は今日から、今から新しく始めることが出来ます。
やりたいことをやらないと。

体がない人が増えている。

読了までの目安時間:約 2分

最近、体がない人が増えている印象です。

物理的な体はあるんですが、体がないように自分を使っている人がいます。
また、体ではなく頭でだけで考えて生きている人もいます。
人によっては体が何か言っていても聞かず、無理に体を引っぱっているような人もいます。
無視している場合もあるし、聞いても聞かないふりをしているようなこともある。

脳脊髄などの中枢神経は体の一部です。
心は脳脊髄などの機能だと言う人もいます。
心は体の一部なのに、体が心に従っているような感じです。

上手く行っているときは良いんですけど、上手くいかなくなると大変です。
何が悪いのか分からなくなりやすい。
頭で考えているので整合性は取れているように思ってしまいます。
でも体は悲鳴を上げていたりする。

体は何を考えているか。
分からなくなっている人も増えているような気がします。
こうしたいではなく、こうなっているからこうするというような。
だから先ずは自分の体を感じることから始めると良いと思います。

床に寝て、背中が床についているところを感じて行く。
ゆっくりひとつひとつ。
頭、肩甲骨、腕、手、背中、腰、お尻、太もも、フクラハギ、踵
顔、頬、耳、胸、腹、前もも、爪先
体に当たる風を感じてみる。
歩いている時に、脚や腕や胴体の様子をチェックしてみる。
深呼吸して空気が体にどんな風に入って来るのか観察してみる。
何でも結構。
自分に目を向ける時間を作ることが必要だと思います。

先ずはそこから。

トウシューズは何歳から履くべきか。

読了までの目安時間:約 3分

トウシューズ、ポアントとも言います。
お子さんがバレエを始めるといつかは履いてみたいと憧れるあの靴です。
爪先立ちをするために必要な靴ですが、最近はかなり低い年齢で履かせる教室があると聞いています。
いろいろな事情があることは分かります。
ただ、やっぱり考えておかなければいけないこともあります。

国際ダンス医科学学会が2009年に出したガイドライン(指針)があり、要約するとこんな感じです。
https://iadms.org/media/4698/iadms-resource-paper-guidelines-for-initiating-pointe-training-japanese.pdf
***************************************
生徒の筋骨格などの体の状況や練習状況などを注意深く評価し、必要条件を満たしていること。
その上で8歳かそれ以降にバレエを始めて少なくとも週2回以上のレッスンを受けていること。
バレエを始めて4年目にトウシューズの練習を始めるべき。
(ガイドラインには『決して12歳以下ではないこと。』ともあります。)
***************************************

そしてこんなことも書いてあります。

***************************************
体幹の安定性が弱く、足と足首が柔軟すぎる生徒は、安全にトウシューズの練習を始めるために更なる筋力トレーニングが必要でしょう。
バレエのレッスンを週に1 回だけ受けている、あるいはプロを目指して練習していない生徒には、トウシューズの練習を思いとどまらせるべきです。
また足関節底屈動作の可動域が小さく、脚のアライメント問題を抱えている生徒には、トウシューズを履くことを許すべきではありません。
***************************************

荒木が調べたことと合わせ以前に書いたブログがあります。
それぞれに考えてもらいたいと思います。

https://teate.co.jp/whypoint12

ゆず

読了までの目安時間:約 2分

ゆず
です。

あの柚子です。
柑橘類と呼ばれている(であろう)柚子です。
丸くてゴツゴツしていて手に持つと意外に少し軽いなとつい思ってしまう柚子です。
栄光へ架けはさないユズ。
幾つもの日々を超えない方のユズです。

あれ、どうですか?

どうも気になることがあります。
一年のうちで昼が一番短く夜が一番長い日に風呂に入っている分には良いと思うんです。
胡椒とか塩とコラボしている時は良いと思うんです。
でもたまに、余計なことする時があるように思います。

うどん
です。

何故に柚子をうどんに投入されたりするのか。
分かりません。
理解の外です。
関東濃い濃い汁でも関西薄うっす汁でもです。
オーダーしたうどんに投入されて出て来たら即座に箸で取り除きます。
付け合わせのように出て来たらチラと見て無視をきめます。
申し訳ないけど。
すまぬすまぬと手刀を切ります。
その上でおもむろにうどんに向かいます。
うどんにはうどんの矜持がある。
いやそれほどでもないとは思うんですが、あれです。
香りが変わりすぎる。
せっかくの出汁の香りが飛ぶ。

何故そのものの匂いを消そうとするのか。
魚だって羊肉だってパクチーだって。
その香りこそがソレだと思うんですけどね。
違うんですかね。
それが嫌なら食べなきゃいいのに。
と思ったりします。

整体屋 道了院

読了までの目安時間:約 2分

名古屋の卒業生 加藤さんが整体屋道了院のホームページをアップしました。
以前から整体師として活躍されていましたが、やっとサイトをオープンしたのでご紹介します。


加藤さんは整体師になる前は介護の仕事をしていましたが、体を整え改善させることの必要性を感じて、てあて整体院に入学されました。
卒業後には別の療法も学んで開業しています。
とにかく勉強熱心で色々なことにチャレンジしている方です。
姉御肌というんでしょうか、何でも聞いてくれる良い先生になってくれると思っています。
愛知県や東海地方の方は是非どうぞ。


整体屋 道了院 >>>
〒490-1142
愛知県海部郡大治町三本木屋形95-1
カーサデルフィオーレ302

電話 070-2218-5566
メール doryoin2020@gmail.com
LINE ID doryoin


以前、送ってくれた動画があります。
荒木はスピリチュアルなことは分かりませんが、そう言う方向に進む先生もいます。
ご覧になってみて下さい。


今月の名古屋教室は4月20日から23日までです。

読了までの目安時間:約 1分

てあて整体スクール・荒木です。

今月も名古屋教室の授業を予定しています。
4月20日から23日まで、解剖学と指針整体の授業を行います。
名古屋教室はJR地下鉄千種駅から徒歩5分の場所のマンションにあります。
南向きの大きな窓が特徴で、静かで明るい部屋で行っています。


名古屋教室2103

卒業記念品

てあて整体スクールの授業や整体の体験を無料で受けることが出来ます。
ご希望の方は以下のフォームに希望日とお名前を記入してお申し込み下さい。


てあて整体スクール 名古屋教室
愛知県名古屋市千種区今池 2-1-16 八晃ビル408
teate@nifty.com
03-3922-7230


見学申込フォーム

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

名古屋見学希望日(必須)

連絡欄

フォームを入力したら「確認」にチェックを入れ、
最後に「送信」ボタンをクリックして下さい。

確認


授業見学・資料請求はメールや電話でも出来ます。

荒木です。

読了までの目安時間:約 3分

てあて整体院と整体スクールをやっています。
整体師でアレクサンダーテクニーク教師もやっています。
たまに舞台にも出たりします。
荒木です。

先生業を長くやっていると自分がどんな風に見られているかが分からなくなって来たりします。
荒木を健康的だと思っている人は多いと思います。
しかしその実、酒は飲むし夜更かしはするしお菓子大好きラーメン大好き小池さんだったりします。
いや小池さんではなく荒木ですけど。
会社員時代の持病は二日酔いと言っていた位ですから、飲むというより呑む、呑むというより浴びていたのかもしれません。
ザルだとは言われましたが、知り合いに底の抜けた桶みたいな奴がいたので自分が強いとは思っていませんでした。
二日酔いには牛乳だと聞けば飲み、どうやら寝る前のお茶が良さそうだと思えば飲み、ウコンだシジミだ仁丹だキャベジンだといろいろお世話になったアフラフォー前でした。
それが整体師になる頃から流石に少しずつ変化があり。
最近は塩分控えますおじさんでありラーメンスープ少しだけ残してみたいおじさんであり酒だって抜く日が増えてる意識高い系おじさんという今日この頃な訳です。

いや。
信じられない。
酒抜くなんて。
こんな日が来るなんて考えたこともなかった。
ホントウに。
人生分からないものです。
どうしちまったんだ荒木。
それでイイのか荒木。

いやいや。
いやいやいやいや。
いぃ~んです!とカビラさん的な声が聞こえてきます。
心の声です。
はい。

そんな訳で。
どんな訳で。
そんな訳で最近は少し健康的です。
たいして健康的ではなかったと思っていた荒木ですがワリト健康的です。
普通ですね。
整体師としては。

週に数回はダンスレッスンに行っているし。
休日は人のいない時間を狙って映画を観たり散歩に行ったりしているし。
酒はけっこう抜いているし、というか最近は酒を飲む日の方が少ないし。
塩分控えめおじさんだし。
BMI 21.9584で中肉中背中の中肉中背だし。
禁煙歴も18年目に入って来たし。

まあ、イイ感じになって来ています。

骨格調整の授業 【動画】あり

読了までの目安時間:約 1分

てあて整体スクールで学ぶことが出来るのは、指針整体と骨格調整・筋肉調整の手技です。
骨格調整・筋肉調整はマッスルエナジーテクニックという手技で、ボキボキしたり強く押したりしない方法です。
今月(2021/04)の東京校では日曜に授業を行っていますが、5月には土曜に4回連続で授業があります。
また、名古屋教室でも5月18日から連続で授業を行います。
どんな手技を行っているのか。
先日の授業風景を動画に撮りました。


この日の授業は骨盤調整。
骨盤の歪みに対しては3方向からの調整を行います。
歪みを3方向に分けて捉えることで、ひとつずつは単純な調整法になっています。
ひとつひとつ触診をして調整します。
ボキボキしないというのはこんな感じというのが分かると思います。
ご覧になって下さい。


年のせい、なんて言いません。

読了までの目安時間:約 3分

年のせいですね。
加齢によるものです。


整体院に来院する患者さんが病院や接骨院や他の整体院で言われて来ることがあります。
これが意外に多い。
聞いていると、その後ろに聞こえて来る言葉があります。


だから仕方がないですね.
一生付き合うしかないですよ。
もう歳なんだから。
そろそろ無理はせずに。
痛みがあるんだったらやめておけば。。。


そうしたくないから来ているんです。
諦めたくない。
何とかしたい。
だから病院や接骨院や整体院に来ているのに、そこでそんなこと言われたらどうしましょう。
腹が立つ方もいます。
がっかりして力が抜ける方がいます。
病院も接骨院も整体院も、腹を立てたりがっかりしたりする為に来る場所ではありません。
だから、こういう事を言う意味はない。


確かに加齢によって変わることがあります。
疲れやすくなるし疲れが抜けにくくなります。
筋肉は落ちやすく付きにくくなります。
怪我をしやすく治りにくくなります。
骨の形も若い時よりは変形しやすくなる。


だからど~した。
と思います。
それがど~した。
とも思いますね。
別に若くなりたい訳ではない。(そうなりたい人は整体院には来ないでしょう。)
今よりもパフォーマンスを上げ、痛みを軽減し、好きなスポーツや趣味を楽しみたい。
毎日の生活を生き生きしたい。
そう思っているだけです。


今の年齢でベストな状態に持って行きたい。
そこが目標です。
だから、歳ですね。
なんて言いません。
替わりに出来ることをお願いすることになります。
ストレッチかもしれないし、トレーニングかもしれない。
生活習慣かもしれないし、逆に諦めてもらうこともあるかもしれない。
若い時と同じ生活のままでは、疲れは抜けないし痛みも取れずらいし怪我も治りにくい。
疲れを抜き痛みをやわらげ怪我を治すための生活です。


ガンバって行きましょう。
ご同輩。

てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
アーカイブ
おもてなし規格認証2019