整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » バレエ » アラベスクの脚をもっとを上げる。

アラベスクの脚をもっとを上げる。

読了までの目安時間:約 3分

アラベスクの脚をもっと上げたい。
そんな時に大人バレエな皆さんなら先ず何を考えるか。
「どこの筋肉を鍛えれば良いか。」
アラセゴンやドゥバンに脚を上げる時と同じ事を考えるようです。
確かに筋肉は必要です。
でもそれよりストレッチや体の使い方を変える方が手っ取り早い。

先ずは背中を反らせる。
脚がアラベスクに上がるという事は、背中が反るという事になる。
だから背中を反らせる。
そう考えます。
間違ってはいない。
でもこれだとちょっと感違いしやすい。
アラベスクの場合、背中は反らせると言うより上に伸びます。
じゃあ反るのは必要ないの?
いえいえ腰が反ります。
でもこれも感違いしやすい。
腰を反らせるのではなく、骨盤から脚を後ろに上げます。
もっと言えば、骨盤の下を後ろに上げるから脚が後ろに上がる。
結果、腰の前弯が強くなる。
あくまで結果として。
という事になります。
なんだか分かりにくいかもしれません。

胸のところの背骨は後ろには反れません。
反れないような形になっています。
反らしたと思っても真っ直ぐくらいまでしか行きません。
そして
脚は骨盤から後ろには20度くらいしか行きません。
だから脚を後ろに上げるには、背中は上に伸ばし、骨盤の後ろを上げる。
こういう事になります。

アラベスクに脚を上げると骨盤が少し開きます。
そのまま背中を上に伸ばすとアラべゴン。
ノシのようになってしまいます。
ノシってのは多分ノシイカのことだと思いますが。
ノシにならないために胸のところの背中を捻ります。
これが少し難しい。
1つにはターンアウトと逆方向だからです。
そしてもう1つ。
背中が硬い方が多いからです。
なぜでしょう。
バレエな皆さんは背中が少し硬い人が多いように思います。
お疲れと言うのもあるかもしれませんが、使い方という事もあります。
使っていない動かしていないという事もある。
だからアラベスクのために背中を捻るストレッチは意外に有効です。
色々あるのでやってみて下さい。

あとはパンシェ。
後ろタンデュしたところから背中を反らし(後ろに伸びる)、そこからパンシェするようにして行くと。
アラベスクになったりします。
面白い練習法です。
試してみて下さい。

※2019年1月27日にオンポワントと言う会社の「バレエカレッジ」と言う企画で、アラベスクの脚を上げるための講座を新宿でやります。
興味のある方はコチラ >>>https://balletcollege.amebaownd.com/posts/5537303

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
アーカイブ
おもてなし規格認証2019