整体学校・スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 変化することと変化しないことと

変化することと変化しないことと

読了までの目安時間:約 4分

整体スクールを始めて10年以上が経ちます。
卒業生は150人を超えました。
たぶん半分くらいの人が開業したり就職したり仕事に使ったりしています。
開業するとスクールで学んだことで最初はやっていますが、しばらくすると別の療法などを取り入れる方もいます。
就職先は紹介したりしますが、てあて整体スクールで指導している手技を使える整体院は殆どありません。
指針整体は独特でチェーン展開しているサロンや普通の整体院でも使っている所が殆どないからです。
(個人で開業しているってことですね。)
ピラティスやパーソナルトレーナーや他のボディワークをしている人は、指針整体やマッスルエナジー・テクニックを自分のスタジオのメニューに入れたり仕事に使ったりしています。


指導するのはとても基本的なベーシックなことです。
それは整体スクールを始めた当初から変わっていません。
整体師の仕事は患者さんの身体に触れて手で調整(整える)する仕事です。
そのために患者さんの状態を知るための触診。
調整(整える)のための指針整体とマッスルエナジー・テクニックなどの調整方法・手技を教えています。
これらの技術は本で読んだり動画を見たり話を聞いたりしただけでは身につかない技術です。
繰り返し練習することで、知らず知らずのうちに身体に染み込んで行きます。


変化して来たこともあります。
患者さんの見方や症状に対する調整法です。
この15年で患者さんの状態はずいぶん変わりました。
例えば15年前はストレッチの方法を教えれば良かった。
でも最近はストレッチの前に歩いたり運動をしたり、その他にも身体のケアをしなければいけません。
身体が弱くなったということではなく、環境として運動が不足するようになって来ました。
それを考慮しなければいけない。
また、調整法も骨や筋肉だけでなく、筋膜を意識した身体の見方を前提にするようになって来ています。
15年前は筋膜と言う言葉自体が殆どありませんでしたが、最近の研究で筋膜のことがクローズアップされて来ています。
あら木自身も筋膜の繋がりを考えながら調整をするようになりましたので、それを授業にも取り入れるようにしています。


授業内容も少し変わります。
来年はPNFがなくなって、姿勢と歩き方を新しく始めます。
姿勢や歩き方(基本的動作)は整体師として必須の知識になってきていると思います。
これからも少しずつ変化しながら続けていこうと思っています。


■ ■ ■ ■ ■ スクール案内 ■ ■ ■ ■ ■
てあて整体スクール 東京 >>>
てあて整体スクール 名古屋教室 >>>

■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>

■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>

■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: