整体学校・スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 整体師の仕事

整体師の仕事

読了までの目安時間:約 3分

整体院にはさまざまな患者さんが来ます。


腰痛・肩こり・膝痛など身体のいろいろな場所が痛いと言う人。
痛いと言うのではなく、動きが悪いとか違和感があるとか引っかかりがあるなどと言う人もいます。
また、どうも調子が良くない、どことは言えないけどスッキリしないという人も来ることがあります。
最近はダイエットやO脚や小顔などの矯正に来る人もいます。
(出来るところは限られていますけど。)


整体スクールにもさまざまな人が入学します。


これから脱サラ独立開業して整体師になって開業したいと言う人。
パーソナルトレーナーで開業していて、スタジオのメニューに入れたいと来る人。
ピラティスやヨガのインストラクターでクライアントさんの身体の調子を整えてからレッスンをしたいと言う人。
自宅で副業をするのに勉強をしようと主婦やOLさん派遣さん契約社員の方々なども来ます。
純粋に身体に興味があって学びに来る人もいます。
ダンスやクラシックバレエを本人やお子さんがしていて、故障を直したりケアしたりしたいと言う人。
(開業だけでなく周りの人の面倒を見たいと言う人もいます。)
最近は癒し系サロンで働いていて、これから開業するのに調整や治療の手技を学びたいと言う人もいます。
すでに整体院で働いているのに不思議!?と思われるかもしれませんが、20分40分60分など時間が区切って施術をしている所は、調整や矯正はせずにリラクゼーションだけを目的にしているところが殆どなので、開業となると改めて勉強をする必要があります。


整体師の仕事も整体スクールで教えていることも意外に沢山あります。
筋肉を動きやすくし、骨格の歪みや動きの悪さを調整することは、殆ど全てのスクールで教えているし、整体師も技術・知識として持っています。
ポイントは身体のことが分かっているだけでなく、触診や望診(目で見る)で分かると言うことです。
それらの知識や技術を「自分のやりたいこと」に使う。
整体の技術知識は整体師が整体院だけで使っている訳ではありません。
何にでも応用出来る、身体を調整する技術と知識です。


てあて整体スクール  >>>

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: