整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 整体スクール » 触診の授業

触診の授業

読了までの目安時間:約 3分

触診・てあて整体スクール

今日の授業は触診でした。
授業では触診の練習もしますが、触診の時の考え方や触れ方、体の使い方などをまずは学ぶ授業です。
手前味噌ですが触診を授業としてカリキュラムに入れている整体学校はほかにはないと思っています。
難しい手順や技術がある訳ではなく、気をつけておくべきことや、考えておくべきことがあると言うことをお伝えしています。
知っているのと知らないのとでは、のちに大きな差になってくると思っています。

てあて整体スクールを卒業した人は、全身の筋肉を緩め軽く動きやすいものにし、体の歪みや関節の動きの悪さを調整することが出来るようになっています。
その上で腰痛や肩こりなどの患者さんをどうやって診ていくのか、どんな風に考えをまとめていくかの基準を知っています。
でもこれらはどこの整体学校や整体スクールに行っても身に付くものだと思います。
他校とのいちばんの違いは多分、触診だろうと思います。
触診がある程度出来るようになっていること。

これ実はかなり重要です。

触診さえ出来るようになっていれば、あとはどうするかを考えるだけです。
でも、触診が出来なければ、患者さんの体を調整することができません。
歪みや動きの悪さが分からない訳ですから。
硬くなっていれば柔らかくする方法を考える。
歪んでいれば元に戻すことを考える。
どんな方法だって良いです。危険でなければ。
その時に骨格調整の手技や指針整体など全身を緩め軽く動きやすくする手技があれば、すぐにでも手をつけられることになります。

患者さんの言っている痛みや体の調子をそのまま聞けば良いと言うことはありません。
患者さんは自分の症状を伝えたいがために痛みや症状を強調して言うこともあるし、逆に口下手な人は症状を軽く言ってしまうこともあります。
例えば患者さんと自分の感覚の違いもあります。
けっこう痛い、と言ってもどれくらいなのか。
腰が痛いと言っても、腰のどのあたりなのか。
肩が痛いと言っても、肩や首や腕のどのあたりなのか。
触れてみて、実際にソコがどうなっているのか。
腫れているのか、熱感があるのか、歪みはあるのか、可動域はどうなっているのか。
触診ができるようになっていれば、患者さんの言葉とのギャップも分かります。

卒業時に触診が出来る様になっていると言っても、完璧に全てわかるようになっているわけではありません。
調整が出来る程度には出来るようになっています。
卒業後もどんどん精度は上がっていきます。
どんどん精度が上がっていくことが出来るような状態で卒業してもらうと言うことです。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5−27−18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
アーカイブ
おもてなし規格認証2019