東京の整体スクール・学校をお探しなら「てあて整体スクール」 » 院長ブログ » 整体あるある » 体を緩めるにも様々な方法がある。

体を緩めるにも様々な方法がある。

読了までの目安時間:約 2分

筋肉が硬くなっている時。
関節が動きづらくなっている時。
体を緩め柔らかくするにも様々な方法があります。

押したり揉んだり体重をかけたりして、筋肉を緩めていく方法があります。
一般的な方法で上手い先生にやってもらうと、とても気持ちよく全身が緩んでいきます。
ポイントとなる部位の骨格を動かす方法もあります。
カイロプラクティックなどで一部位だけを動くようにすると、周りの筋肉や筋膜が緩んできます。
上手く出来ればという条件付きですけど、そういう事もあります。
でも、これだけではありません。
他にも方法があります。

例えば指針整体(ししんせいたい)は全く別の方法です。
トントンと軽い刺激を全身に入れていきます。
タイ式マッサージにトークセンという木槌でトントン叩く方法がありますが、これも似ています。
リズミカルな刺激を全身に入れていくことで、血流改善と自律神経系の働きを利用して緩めます。
受けていると大して押されていないのに、途中で体が暖かく緩んでくるのが分かります。
血流が良くなる方法だと、終わったあとにもどんどん緩んでくるので、翌日の朝の感覚も変わります。

整体や手技療法には沢山の方法があります。
どんな整体を学んで活躍するのか。
考えて選んでください。
てあて整体スクールでは力を使わないのに全身が緩む指針整体と、ボキボキしない骨格調整を教えています。


開業整体バナー

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
てあて整体スクールLPバナー
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
mail teate@nifty.com
LINE https://lin.ee/H5NyjYT

院長ブログ

カテゴリー
おもてなし規格認証2019