東京の整体スクール・学校をお探しなら「てあて整体スクール」 » 院長ブログ » 整体スクール » 自宅で整体を副業にする時の注意点

自宅で整体を副業にする時の注意点

読了までの目安時間:約 3分

整体で副業や開業をする人が増えています。
自宅の一室を使って整体院やサロンを始める時、注意することがあります。


宣伝広告・予約
女性が自宅でサロンや整体院を開く場合、ホームページやブログ、SNSで宣伝することになります。
住所や連絡方法(電話・メール・LINE)などの表記には気をつけましょう。
女性専用にすれば心配は少ないですが、性別に関係なく受ける場合は気を付けることがあります。

住所は所番地までは入れないようにします。
問合があって予約になってから、住所をお知らせするうにします。
問合に電話やメール・LINEなどを使う場合は、個人のものとは分けて別にすると良いでしょう。
メールはLINEなら別アドレスやアカウントを作るのも簡単なので、これも別に用意するようにして下さい。
ホームページやネット予約のアプリもありますので、利用する方法もあります。


家族
家族がいる場合は、家族との時間との区分けが大切です。
家族が在宅の場合は音が気になります。
ホームページなどに音がすることがあるなど書いておく方法もありますが、基本的には静かにしてもらうことになります。
家族の協力は開業や副業をする時にかなり大きなポイントになります。


オートロック
オートロック式のマンションなどは、大家さんや貸主がサロンや整体院をする事を許してくれない事があります。
オープンしてから大家さんに苦情が入って、やめなければいけなくならないように、事前に確認するようにして下さい。
オートロックは不特定多数を入れない事を前提にしているので、意外に難しい事が多いようです。


看板 一戸建てでもマンションでも看板を出せる場所は決まっています。
外に置くタイプの看板は、一戸建ての場合は基本的には敷地内、マンションは一般的には出せません。
表札の横に小さく掲示したり、表札に店名を併記したりすることになります。
マンションの場合は賃貸でも分譲でも、管理会社などに聞く必要があります。


幾つか注意点を書きましたが、それほど難しいことはありません。
いろいろなことを想定して準備すれば、問題はないと思います。


会話

てあて整体スクールLP

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
てあて整体スクールLPバナー
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
mail teate@nifty.com
LINE https://lin.ee/H5NyjYT

院長ブログ

カテゴリー
おもてなし規格認証2019