東京の整体スクール・学校をお探しなら「てあて整体スクール」 » 院長ブログ » 浮腫(むくみ)解消

浮腫(むくみ)解消

読了までの目安時間:約 3分

浮腫(むくみ)が気になる季節になりました。
むくみは雨の季節と冬に気になります。
普段から塩辛いものが好きな人は、一年中気になるとは思いますが。

むくんでしまったらどうするか。

踵を上げましょう。
つま先を床につけたまま、踵を何度も持ち上げる。
椅子に座っても出来るし、壁に手をついても出来ます。
何度かやっていると、むくみが取れてきます。

どうしてなのか。
気になる人のために書いておきます。

むくみは毛細血管から出た水分が、毛細血管に戻りづらくなっておきます。
そもそも、人の血液は心臓から出て枝分かれして、どんどん細くなっていって毛細血管になります。
そこからまた吻合(少しずつまとまって)していって太い血管になって心臓に戻ります。
血管は心臓から出る動脈と、細い毛細血管と、心臓に戻る静脈から出来ています。
イメージと違うかもしれませんが、一番容積が大きいのが毛細血管です。
殆ど毛細血管といっても良いくらい。

毛細血管からは水分や酸素や栄養が、毛細血管の外に滲み出ていきます。
毛細血管の外にはそれぞれの部位の細胞があって、水分や酸素や栄養を使って生命活動をしています。
そしてまた、水分などは毛細血管に戻ります。
この時、毛細血管に水分などが戻りにくい状態で、細胞組織のところに水分が残っているのが、浮腫んでいる状態です。
筋肉が動いていなかったり、血液中の塩分濃度が高かったりするのが、戻りにくい状態です。

ブーツを履いていると足首が動きません。
足首が動かないと、ふくらはぎの筋肉=腓腹筋・ひらめ筋が動きません。
そのことで毛細血管に水分が戻りづらくなっていると、浮腫むことになります。
塩辛い食べ物を食べた翌日も似たような事で、まぶたがむくんだりしますよね。

ということで気になる人は、外から帰ってきたら、踵を持ち上げる運動をしましょう
全身(特に下半身)をマッサージしたりストレッチしたりも効果があります。

てあて整体スクールでは授業でこんな話もしています。
興味のある方は問合下さい。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
https://lin.ee/H5NyjYT


 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
てあて整体スクールLPバナー
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
mail teate@nifty.com
LINE https://lin.ee/H5NyjYT

院長ブログ

カテゴリー
おもてなし規格認証2019