整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 整体スクール » 症例別の授業 ~ 首がピキンとなる ~

症例別の授業 ~ 首がピキンとなる ~

読了までの目安時間:約 3分

症例別・てあて整体スクール

てあて整体スクールは今日まで名古屋教室で症例別の授業でした。
肩こり・腰痛・膝痛とやって今日は最終日。
いろいろありますが、疑問に思っていることや聞いてみたいことについて話をすることにしました。
お尻のしびれ。
女性特有の症状はあるか。
内蔵が原因の痛みはあるか。
首がピキンとする。
首がピキンとした後に頭までピキンと来る。
ポリヴェーガル理論について再度聞きたい。
お医者さんを薦めるのはどんな時。
などなどでした。
一つ一つ話をしていきましたが、中で「首がピキンとする。」については本人が時々なる症状だったので、先ずは本人の状態を見ることにしました。
それが写真です。


左ビフォーで右アフタ-


首が長くなっているのが分かります。
症例別の授業では細かな対応方法までは練習出来ませんが、アレクサンダーテクニークの授業で自分の体のこととしてワークをすることになります。
首に力が入っているような印象だったので、首の中、頸椎(首の骨)と頭の骨の関節あたり(左右の耳をつないだ中央)の力を抜いてみることをやってもらいました。
首の中心の力が抜けていくと、背骨が上下に伸びて来るような感覚があり、写真のような変化につながりました。
本人としては、首が楽で頭が軽い。
写真を見て初めて首が伸びているのに気が付きました。
(つまり、首を伸ばしたということではありません。)
首のピキンは骨ではなく、胸鎖乳突筋や斜角筋の緊張の可能性があると言う話をしました。
首と頭の位置関係を整えるのは、実は少し難しい部分もあります。
試行錯誤しながら覚えて行ってもらえたらと思っています。
首と頭の位置関係については、拙著「『カラダの地図』で疲れ・不調・故障が消える!(さくら舎刊)」にも書いてあります。
興味のある方は読んでみて下さい。 ( 販売ページ >>> )


明日からはまた東京で授業があります。
感染症予防対策を徹底しながらやりたいと思います。
授業見学なども受け付けていますので、興味のある方は問い合わせ下さい。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
アーカイブ
おもてなし規格認証2019