てあて整体スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら » 院長ブログ » ワークショップ » NHK文化センターでの講座

NHK文化センターでの講座

読了までの目安時間:約 5分

月に一度、NHK文化センターでアレクサンダー・テクニークの講座をやっています。
昨日がその日。
【感じる姿勢】と題したアレクサンダーのグループレッスンです。
去年の4月から初めて今回で10回目。
NHK文化センターの講座は4月から始まって半年間6回が1クールになっています。
今は10月から始まったクールをやっていて、今日を含めてあと3回でこのクールが終わります。
4月からまた継続で講座が続くことが決まっていますが、募集は3月から。
ただし、見学や体験をすることが出来ますので、文化センターに直接問合せ下さい。


NHK文化センター1月

年初と言うこともあったので、「自分(身体)を感じること」を念頭に置きながらレッスンをしました。
いつもその日のテーマと内容(ゲーム的な)を決めて挑みますが、内容はどんどん変わってしまいます。
実は最初に決めていたテーマは、「エンドゲイニング」と「ミーンズウェアバイ」でした。
そのエンドゲイニングとミーンズウェアバイを感じて知ってもらうために、何かゲーム的なことをしようと思っていました。
最初は前後左右に一歩出す指示をランダムにすることや、二人ひと組で一方の身体の一部分を押すことなど。
(と書いても分かりにくいですよね。)
それとお手玉を的に入れるように投げるのはどうかなど考えていました。
終わってみたら、お手玉を最初から最後まで使ってゲームをしていました。


なんのことやら分かりにくいと思うので少し説明。
お手玉を2・3メートル離れた的に投げ込みます。
最初は何も考えず、的に入れようとして投げます。
次に自分の首が楽になっていることを思って投げてみます。
次に自分の足・足首・膝・股関節・肩・首などを感じて投げてみます。
次に自分がやっていることを一つ一つ思い出して確認しながら投げてみます。
(膝と股関節を柔らかく上下しながら、手でリズムをとって良きタイミングでお手玉から手を離す。とか)
ここまでやって感想を聞いていて、ちょっと別のことを思いつきました。
今度はお手玉をキャッチボールしてみました。
先ずは何も考えずキャッチボールします。
次にお手玉の重さを感じたまま投げてみる。
次にお手玉を生卵だと思って投げてみる。
受ける方も生卵だと思って受け止めてみる。


そんなことをやりました。
答えがある訳ではありません。
それぞれ設定した条件の中でやってみると、身体や投げた結果に変化があります。
その変化をフィードバックするということをやったと言うことです。
アレクサンダー・テクニークは自分の使い方のワークと言われています。
何かをするためのレッスンと言うよりは、その何かをする自分の使い方を整えるという感じです。
そのためには先ず自分がどうなっているのか、自分を感じることから始めます。(僕の場合は)
知らないうちに身体に力が入っていたり、無駄な力が抜けなかったり。
その力を抜くためには、力が入っているかどうか自分の状態を知ることから始まります。
今日は一人一人の身体に触れて(ハンズオン)、自分の状態を感じてもらった後に色々なゲームをしました。
そうするとどんな時にどんな身体になるのか自分になるのか、一人ひとり自分の中で気が付くことがあるようでした。
(写真の右下はいつもおまけにやっている今日のストレッチ。 今回は肩と上半身でした。)


来月もあります。
来月は『触れる』ことを題材にしてほしいという要望がありました。
見学・体験が無料で出来ます。
直接申し込んで下さい。

■NHK文化センター光が丘教室
2月7日(日)、3月6日(日)10:00~12:00
https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_857321.html


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■ 
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>

■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>

■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: