整体学校・スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 整体スクール » アラフィフ(50前後)開業の危うさについて

アラフィフ(50前後)開業の危うさについて

読了までの目安時間:約 4分

自戒を込めて書いておきます。


50歳前後で開業しようとしている人は気をつけなくてはいけないことがあります。
自分の考えの前提となっている常識、ま、常識とまではいかなくても考え方のベースに近いものが、どんなふうになっているかを捉えておく必要があります。
今、50歳前後の人たちは約30年前に社会に出ました。
世の中はバブルの時代。
陰りはあったかもしれませんが、右肩上がりの時期だったと思います。
社会人になって暫くの間は、仕事をすれば給料は上がる時代、新しくどんどん仕事が出来てきている時代でした。


頑張って仕事をすれば何とかなって来た。
条件を整えれば何とかなってきた。
その仕事のエキスパートになれば何とかなってきた。
失敗する人もいるけど、成功する人もいる。


でもこんな時代は終わりました。
失われた20年と言われている通り、ここ20年近くは右肩下がりの時代です。
給料は下がってきています。
50歳前後の人がどうであれ自分自身がどうであれ、世の中はそんな風になっている。


整体師やセラピストで開業する時、考えなければいけないのは同じ時代に開業する人たちのことです。
今、30歳台から40歳前半までの人たちの開業が増えています。
彼らはここ10年から20年の間に社会人になりました。
ずっと右肩下がりの時代です。
がんばっても報われないことが多い。
技術や知識があって条件が整っていても、何とかならない時代の人達でした。
成功するのはほんのひと握りで、一般の人たちは一般の条件で仕事をして来ています。


50台で開業する人は、30・40台の彼らと勝負することになります。
ずっと厳しい状況をくぐり抜けてきた人たちが相手です。
給料が上がらなくても何とかやってきた人たちと勝負します。
技術や知識やスキルはあったりまえの前提の人たちが相手です。
食えなくても何とか食ってきた人たちです。
もしあなたが


「今の若い人達はまだまだ世の中のことは分かってない。」


と思ったら、立ち止まって注意して下さい。
分かってないのは相手ではなくて、自分です。
今の世の中が分かっていないのは我々50台の方です。
心して頑張りましょう。




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >@>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: