てあて整体スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら » 院長ブログ » 整体スクール » ビジネスとレイバー

ビジネスとレイバー

読了までの目安時間:約 6分

ずいぶん前(2010年11月)に書いた記事です。
仕事についての考え方。
これから整体師やボディワーカーになろうとしている人に、ひょっとしたら参考になるかもしれない。
リンクは面倒なのでコピペします。

***************************

内田樹先生の『疲れすぎて眠れぬ夜のために』(>>> )を読んでいます。
別に疲れすぎて眠れぬ夜が続いているということでは全くありません。
疲れたら布団に入ってバタンキュ~。
ゆすっても叩いても起きない人です。
内田先生の本が古本屋チェーンにあると、気がついた時にはレジで財布を開けてしまっているからです。
別に僕が悪いんじゃ~ない。
内田先生が面白いもの書くからいけないんだ。

えっと。
まだ読み終わっていないので、全体の感想ではありませんが、仕事についてなるほどという記述があったのでご紹介します。
文庫本の69ページ、Ⅱ働くことに疲れたらと言う章の『ビジネスとレイバー』と言う文章の中にあります。

(前略)
マーケットのよいところは、原則として、クオリティのよいものをリーズナブルな価格で提供すれば、評価してもらえると言うことです。
自分があるビジネスモデルを創りだしたとき、そのモデルが正しいか、正しくないかの検証が非常に速い。
マーケットがすぐに答えを出してくれます。
失敗したときに「私が正しくてマーケットが間違っていた」と言い張っても別に構わないんです。
ただ、そういう人はビジネスの世界からは退場しなければなりません。
人間が生きている中で、ビジネスほど「分かりやすい」ゲームはほかにありません。
愚かな人と利口な人がビジネスをしたら、必ず利口な人が成功する。
正直な人間と不正直な人がビジネスをしたら、必ず正直な人間が成功する。
クライアントの利益をまず配慮する人間と自分の利益をまず配慮する人間がビジネスをしたら、必ずクライアントに配慮する人間が成功する。
そういう点では、ビジネスはほかのどんな種類の人間的活動よりも「合理的」な世界でしょう。
(後略)

と続きます。
ここだけを抜き出して読むと、全体の言いたいことは伝わりませんが、この文章は本当に面白い説明をしていると思います。

開業して成功する人と失敗する人がいます。
その二種類の人間の分類が分からなかった。
でも、一つの答えがここにあるように思います。

整体師になりたいと言う人が見学に来ますが、その人達の多くは『人に喜ばれる仕事をしたい。』と言います。
もっともな考え方だと思います。
でも・・・と思います。
いつも思うのは、その人がいまやっている仕事だって、人に喜ばれる仕事のはずです。
何故なら仕事と言うのは、誰か相手がその価値を認めて対価を支払うから成立している訳で、価値を認められないものには対価は支払われません。
だとすれば”その人”がやっている今の仕事も、給料を頂けているのなら、人に価値を認められている(喜ばれる)仕事と言うことになります。

結局、”人に喜ばれる仕事をしたい。”と言うことではなく、”人に喜ばれる自分になりたい。”と言う、自分本位の考え方なのではないかと思います。
その”人に喜ばれる人”とはどんな人か、と考えた時に、目の前で『ありがとう』と相手が言ってくれるような職業と言うことになり、整体師という手技療法がそんな風に見えるということなんだろうと思います。
”人に喜ばれる仕事”(自分のための仕事)と”人を癒す仕事”(相手のための仕事)は、かなり違うと思います。
そこのところを勘違いしてしまうところに問題があるのかもしれません。

文章はビジネスとレイバーの違いについて言及していきます。
同じ仕事と訳される言葉ですが、指している意味が全く違います。
ビジネスは楽しく、レイバーは辛い苦役という話。
面白いですよ。

***************************

もう6年も前の記事なので、最近の雰囲気とは少し違うかな。
「人に喜ばれる仕事がしたい。」と言って見学に来る人は減りました。
それよりも自分がやりたい仕事として、体に関係すること人に関係すること癒しや自然療法に関係することを目指す人が増えた感じがします。
でも、ビジネスとレイバーの違いってのは仕事について考える時に、面白い視点だと思います。

そう言えば内田先生は読まなくなったなぁ。
ちょっと以前とは雰囲気が変わってきた気がする。




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師・独立・開業なら てあて整体スクールへ! >>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 募集中 !! >>>

アレクサンダー・テクニーク
 
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: