てあて整体スクール 東京で開業を目指すなら » 院長ブログ » 日々好日 » 無理をする。

無理をする。

読了までの目安時間:約 3分

アラフォー、アラフィフ、アラカン(アラウンドカンレキ)には、ちょっと無理をして身体を追い込んでおくと、次の10年位は自分の思うような身体でいられる。
ような気がする。



超個人的な実感です。
だから根拠はありません。
整体師としてボディワーカーとしてアレクサンダー教師として、エビデンスのないことを書いて良いのか!と言われそうですが、経験則で実態権で実感なんだから個人的見解として読んでおいて下さい。
無理をしてトレーニングして故障しても自己責任で!お願いします。
(でも、故障するまでは追い込まないでネ。笑)


30歳前後でそんな感じはありませんでしたが、40歳前後・50歳前後、そして最近の60歳前後は身体が変わる時期のように感じます。
男性なら40前後と60前後には厄年があります。
女性は30歳代がほとんど厄があるので、30歳代がそんな感じなのかもしれません。
厄年は身体が変わる時期だろうと思います。
その身体が変わる時期に、自分の体と向き合って無理をするくらいのトレーニングをしておくと、その次の体の変化まで自分の体を自分の体として感じられると言うことです。
筋力や体力が落ちるのは、年齢を重ねれば普通のことです。
その筋力や体力がどれくらいの位置にいるのか、どれくらいのレベルなのかを確認するためにも、そしてその年齢で出来るだけ良い状態を手に入れておくために、一度位は追い込むと良いのではと思います。
何か趣味でスポーツをしている人は、そのスポールで筋肉痛になるくらいのトレーングです。
いつものペースよりも頻度を上げて、筋肉痛になって体が重くなるような状態になってみる。
その時に自分の今の状態が分かるように思います。


アンチエイジングとか衰えないようにとか、そう言うこととは少し違います。
今のベストを作ってみる努力をして、今の状態を知る。
そのことで今の状態が変わって、これからを今を知った状態で過ごせる。
そんな風に思います。




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 募集中 !! >>>

アレクサンダー・テクニーク
 
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>>

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: