整体学校・スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » アレクサンダー・テクニーク » アセスメント

アセスメント

読了までの目安時間:約 3分

ATIのアセスメントというのを受けました。
ATIとはアレクサンダー・テクニーク・インターナショナルというアメリカに本部のある、アレクサンダー・テクニークの国際団体です。
そこの教師会員になるのにアセスメント(評価のようなもの)を受ける必要があります。
スポンサーと呼ばれるアセスメントをすることが出来るATIの教師会員3名にお願いして受けることになります。
ちょうど自分が教師になるための教育を受けたスクールに、カナダから先生が来ていたのでお願いすることになりました。


スーザン・シンクレアさんはカナダでピラティス教師とアレクサンダー教師を20年やっているベテランです。
彼女からは自分が教師になる前に何度かワークショップを受けたことがありました。
とてもシンプルで明確ではっきりした手を持っている素敵な先生です。


スーザン・てあて整体スクール



アセスメントは幾つかの質問と実際に手を使うワークの確認でした。
事前に聞いていたこともありましたが、その日その場で提案されたこともありました。


今回、セスメントを受けてみようと思ったのは、アレクサンダー教師になって2年半位が経って少し客観的に自分と自分のアレクサンダー・テクニークを見直してみたいと思ったことがありました。
定期的に母校の教師育成プログラムの授業に顔を出したり、個人レッスンを師匠から受けたりすることで勉強は続けています。
また逆に定期的なグループレッスンや個人レッスンを指導したりして、アレクサンダー教師として活動もしています。
それでも少し不安になる部分があったりします。
そんな時にアセスメントは良い確認になるなと思い、受けてみることにしました。
3人のアセスメントを受けるので、ちょっと時間がかかりますが、それもまた良い機会になるだろうと思っています。


スーザンからは最後に、おめでとう!と満面の笑顔で言われました。
サインもくれたのでOKだったようです。
後半に頂いたアドバイスを思い出しつつ、また勉強も続けて行きたいと思います。




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >@>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>>

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: