てあて整体スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら » 院長ブログ » 日々好日 » うどんはかるかや

うどんはかるかや

読了までの目安時間:約 4分

うどんは【かるかや】である。
池袋西武屋上にある立ち食いうどんのお店。
西武の地下食品売り場でうどんは手打ちされている。
そのうどんを目の前で茹で、つゆに投入されたものを食する。


かるかやうどん・てあて整体スクール

旨い。


こんな旨いうどんは他に食ったことがない。
もう10年位食べているが、いつ食べても安定の旨さだ。
旨い以外の言葉が出ない。
何が旨いのか。


粉である。


かるかやの粉は讃岐の粉を使っているらしい。
讃岐と言えば四国。
うどん県香川であります。
その香川の粉を手打ちでこねている。
間違いない。


太さはかなりまばら。
このかなりまばらと言うのがまたたまらない。
食感が違う。
そして味の染み方が違う。
長さも太さもまばらで、どうやったらこんなにバラバラに出来るのかと思うくらいだ。
そしてつゆ。


透明で黄金に光るつゆ。
そこに天かすを投入してもらう。
天かすはごま油で揚げた時の天かすだ。
香ばしい。
これだけでメシが食えそうなくらい香ばしい。
しかしメシは食わない。
メシではなくうどんを食う。


通常。
天かすの投入されいてる、たぬきうどんを食う。
讃岐うどんだから、たぬきうどんなのではない。
天かすが好きだから、たぬきうどんなのだ。
しかし今日はおろしに挑戦した。
おろしうどん。
本来は生卵が投入されいているが、それは遠慮した。
なぜなら生卵を溶かすと、せっかくのうどんの粉の味が分かりにくくなる。
そこで、おろしと天かすのうどんを注文。
「代金は変わらないんですが・・・」
・・・
『もちろん。』
静かに答えましたね。
ええ。
そりゃもう当然です。
そして食いました。


やっぱ旨い。


天かすとおろしのコラボレーション。
脂っこいんだかサッパリなんだか。
そこがまた絶妙。


実はたぬきうどんとは違う頼み方をすることもある。
「きつねうどんにたぬき入れて!」と言う注文だ。
きつねうどんはお揚げさんが入っている。
そこに天かすを入れてもらう。
以前は無料で入れてくれていたが、最近は有料になった。
セチガライ。
いや当然か。
それもまた旨い。


池袋西武屋上【かるかや】。
是非一度試してみて下さい。
なるべくシンプルなのが美味しいと思います。
たぬきとかきつねとか。
そして食い終わったら、なんだかモネ的な庭園の横でゆっくりすることも出来ます。


西武屋上・てあて整体スクール



整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >@>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>>

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: