整体学校・スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 整体スクール » どんな整体師になって欲しいのか。

どんな整体師になって欲しいのか。

読了までの目安時間:約 4分

整体スクールと言えば整体を教える所。
整体の先生と言えば整体を教える人。
です。
では整体とは何かと聞かれると十人十色の千差万別。
人それぞれに違います。
えっ!? 一緒じゃないの!?と思っている人がいるかもしれませんが。
違います。
世の中にはいろんな種類の何かがあります。
人の数だけソレがある。


てあて整体スクールでは。
どんな整体師を育てたいのか。
どんな整体師になってもらいたいのか。


人によって向き不向きがあります。
整体師が向いているとか向いていないとかではなく、このタイプには向いているけど、こっちのタイプには向いてないとか。
まあそう言うことです。
そう言うことはありますが、なんとなくこんな整体師になって欲しいと言うものがあります。
共通する部分と言うんでしょうか。
上手く言葉には出来ませんけどね。
ちょっと言葉にしてみます。


患者さんをみることが出来る整体師にはなってもらいたい。
みることとは、今の状態。
今どんな感じなのか。
骨の歪みだったり。
筋肉の硬さの偏りだったり。
皮膚の状態・暖かさ冷たさ・張り具合・緩み具合。
関節の動きや可動域。
疲れているのか疲れていないのか。
痛みはどれくらいなのか、大きいのか小さいのか、大きくても我慢出来るのか小さくても我慢出来ないのか。
ここでどうなりたいのか。
痛みが取れればそれでOKなのか、原因を知りたいのか、自分で何とかしたいのか全部任せたいのか。


患者さんを調整出来る整体師になってもらいたい。
骨の歪みを調整出来る。
関節の動きを調整出来る。
筋肉のアンバランスを整える。
全身の血流を整える。
筋肉を軽く動かせる状態にする。


患者さんに話が出来る整体師になってもらいたい。。
今日の状態を説明出来る。
今日何をやったか話が出来る。
これからどうなるか説明出来る。
今後の方針を説明出来る。
そのために。
患者さんとコミュニケーション出来る。
患者さんの話が聞ける整体師。


ここまでは普通の整体スクールでも目指していると思います。
技術や知識の話ですから。
では他はあるのか。
他もあります。


自分の体を整えられる整体師になってもらいたい。
整っていない整体師は患者さんを治すことが難しい。
だから自分を整える術を知っていて欲しい。
自分で自分を整えられる。
整った状態で整体が出来る。
そんな整体師になってもらいたい。


整体師の基礎を身につけて欲しい。
実はこれが一番大切なことだと思っています。
難しい高度な技術を身につけて欲しいとは思いません。
ベーシックで基本的な技術を身につけて欲しい。
どんな人にも対応出来る汎用的な技術と知識。
必要最低限の技術と知識を身につけてもらいたい。
そうすることで、卒業後・開業後に伸びしろを多く持ってもらいたい。
基礎が出来ていれば、応用編は難しくありません。
単純であっても応用編ばかり学んでいると、卒業後に伸びません。
だから基礎。
基礎を身につけてもらいたいと思っています。




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >@>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: