整体学校・スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 整体スクール » 症例別の授業

症例別の授業

読了までの目安時間:約 3分

今日の授業はマンツーマン。
そろそろ卒業が見えてきた生徒さんです。
症例別の授業だったので、卒業後の開業に向けて臨床的な授業にしました。


授業170708・てあて整体スクール

最近は友人知人にお願いして整体施術の練習をしていると聞いていたので、腰痛の患者さんが来た時はどうしているのかを聞きました。
全身を指針整体で調整した後に、骨盤調整などで調整しています。
なるほど。
と言うことは、骨格の歪みの調整をしていると言うことですね。
そうです。
あら木が開業した時もそうでした。
腰痛の患者さんが来たら、全身の動きを良くする整体、歪みを調整する骨格調整、この二つがメインの施術でした。
そうやって臨床経験を積んでいくのは良いことです。
でも、もう少し患者さんの今を見られるようになって欲しい。


腰痛に限らず患者さんの痛みや症状の原因は、いつもと違う状態です。
それは歪みだったり動きの悪さだったり、血流だったり張りだったりします。
そこで覚えておきたい視点があります。
どこが違うのか何が違うのかをみる視点です。


形と動き
構造と機能
解剖と生理
モノとコト


今、見ている考えている調整しているのは、形・構造・解剖学的・モノの方です。
そしてもう一つ見たいのは、動き・機能・生理・コトです。
この二つを見て調整することで、いつもの状態に戻ってもらう。
そう言う視点でやってもらいたい。
今日はそんな話をしました。
もちろん話だけじゃなくて、調整も。


丁度、左腰部に痛みがあったのが、殆どなくなりました。
ホントです。(笑)
あともう少し頑張って行きましょう。




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >@>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: