整体学校・スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 日々好日 » ウサイン・ボルトとサニブラウン・ハキーム

ウサイン・ボルトとサニブラウン・ハキーム

読了までの目安時間:約 4分

毎晩、世界陸上を見ています。
昨日は男子4×100メートルで日本チームが銅メダルを獲りました。
そのレースが現役最後の走りとなるウサイン・ボルト選手は第四走者として出場しましたが、バトンを受けた直後にハムストリングスの故障で転倒。
そこで現役が終わってしまいました。
残念ですね。
でも、ボルト選手の残した記録、特に100メートルの9秒58は僕が生きている内には破られることはない記録だろうと思います。
これから人類は越えられないかもしれないと思わせてくれるような記録です。


そのウサイン・ボルト選手と日本のサニブラウン・ハキーム選手の走法が似ていると指摘している方がいました。
確かに似てますね。
体幹を左右に揺らしながら走って行きます。
太ももを持ち上げるのに強く働くのは腸腰筋という筋肉です。
腸腰筋は腰の骨(腰椎)と左右の骨盤(寛骨・腸骨)の内側から、太ももの骨(大腿骨)の内側につながる筋肉です。
この筋肉が縮むと太ももの筋肉が骨盤や腰の骨に引きつけられ、結果として膝が持ち上がります。
短距離走ではそこから膝下を前に伸ばして地面を捉え、後ろに押すことで体を前に押し進めていきます。
腸腰筋の引きつけをすると太ももと体幹が近づきます。
その時に体幹が左右に揺れているのがボルト選手とハキーム選手の特徴的な走法ということになります。
ボルト選手は背骨(脊柱)に軽い側湾があると聞きます。
確かに走る姿を後ろから見ると、腰部から胸部にかけてに少し左右の湾曲が感じられます。
これが体幹の左右の揺れに影響しているのかと思っていましたが、腸腰筋の引きつけも関係しているんだろうと思います。


ハキーム選手には一つ気になることがあります。
走っている時に顎が上がって、頭の後ろが下がっていることです。
こうなると後頭部の筋肉群が収縮します。
後頭部の筋肉群が収縮すると、頚椎一番や二番の動きが制限されるようになります。
首の回旋(横を向く動き)の45%は頚椎一番で起こっていると言われています。
そうなると、顎が上がった状態だと、首の動きが半分近く制限されてしまいます。
首の動きが制限されると、それを代替するのに胸椎(胸の骨)など体幹部分や健康帯などが使われる可能性が出てきます。
ようするに動く部分の一部が固くなると、他のどこかがそれに変わって動かなければいけない。
顎が上がらない状態で走ることが出来れば、首の周りはもっと自由に動くことが出来、体を左右に揺らすにしても自由度がますように思います。


ただ、もう一つ考えられることもあります。
黒人の選手は白人や黄色人種と比べて、骨盤が前傾している人が多い。
これは体の使い方の特徴かもしれないし、骨格的な特徴なのかもしれません。
骨盤が前傾気味になると、それとカウンターバランスを取るように後頭部は後ろに下がる可能性があります。
もしそうであれば、ハキーム選手も骨盤前傾と対応して後頭部が後傾しているのかもしれません。
それなら元々の骨格の位置関係なので問題はないのかも。
でも、少し後傾しすぎかなぁとは思います。
彼は首頭と肩に緊張が見られますから。


整体師が見る世界陸上の感想です。
こんなこと思いながら見てます。
また、寝不足です。


世界陸上・てあて整体スクール



アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: