整体学校・スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 日々好日 » 男の頭・女の心

男の頭・女の心

読了までの目安時間:約 3分

男は情報でコミュニケーションし。
女は感情でコミュニケーションする。

男女の脳には器質的な違いがあって、左と右の脳をつなぐ脳梁が男性は細く女性は太い。
左の脳は情報を司り、右の脳は情動(感情)を司る。
情報と情動(感情)の繋がりが深く、情報が少なくとも感情的に理解できていれば脳の中で整合性が取れる女性。
情報と情動(感情)の繋がりが浅く(細く)、情報がないと感情的な理解とは整合性が取れない女性。
だから男性は情報がないと納得しない理解しにくいと言うことがある。
なんてことを以前、脳科学系の本で読んだ。
眉毛に唾をつけて読まなければいけないところもあるとは思うが、感覚的には多いに納得できる考え方です。


ね、どうして分かってくれないの?
なら、どうしたら良いんだ。



男と女で交わされる会話の典型例だと思います。
「分かってくれないの?」とはつまり感情の話。
「何を(すれば良いんだ)。」とはつまり情報の話。
これでは会話が通じない。
感情のことを聞いているのに、情報の話をしていることになる。


と言うことは男性向けに何かを訴求する時には、情報を提供しないと理解や納得してもらいにくい。
女性には感情を提供することが理解や納得に繋がる可能性がある。
何かを宣伝する文句なら、男性向けは効能や効果やその理由や原因などを打ち出す。
女性になら受けた感じや気持ちについて擬音語や擬態語でと言うことになる。


最近は女性でも情報が欲しい人が増えているようなきがする。
いやそれは仕事の上だけなのかもしれない。
仕事の時間は情報で仕事が終わると感情になる。
そこの違いが男には分かりにくいのかもしれない。
男は終始、情報で考え情報で判断する。


好き嫌いと良い悪いは男は別になることがある。
女性は好き嫌いと良い悪いは同じことが多い。
美人だと判断したからと言って、好みかどうかは分からないのが男。
イケメンだと半田難したら、だいたいは好みだということになる女。
ちょっと決めつけすぎですかね。
まあそう言う傾向があるのではと言うことです。




手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: