整体学校・スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 日々好日 » コツを知りたい。

コツを知りたい。

読了までの目安時間:約 4分

コツって何ですかねぇ。
セミナーをしたり整体師をしたりしていると聞かれます。
「コツが知りたいんです。」
コツは骨と書くようです。
体の中心にある骨。
だから物事の本質とか要領とか言う意味になったとか。
でも、本質的な話をするとだいたい言われます。


「ええ、それは分かってるんです。でも、コツが知りたいんです。」


確かに、簡単に直ぐに楽に一回で出来る要領について聞きたい。
出来れば練習しないで、何かに気をつければ出来るようになる何か、を知りたい。
先生が言ったり本に書いてあることじゃなくて、ホントはこれをやれば出来るようになるこれを知りたい。
そう言うことですよね。
でも、そう言うの実はないんだろうと思います。
たまに全然努力していないのに出来てしまう人がいます。
と思うでしょ。
実際にはそんな人はいませんが、いるように感じてしまいます。
な~んにもしてないのに出来る人。
そう言う人を見ていると、な~んにもしてなくても出来るようになる要領(コツ)があるように感じてしまう。
もしくは、あって欲しいと思う。


とここまで書いてきて何ですが。
コツはあるかもしれません。
でも、普通に考えているようなコツではありません。
ずっと練習したり勉強したりして、何かが出来るための要素は全部揃っているのに、自分の使い方や順番や方法が違うために出来ない人。
そう言う状態の場合。
にはコツがあるかもしれません。
バレエと整体で例えてみましょうか。


プリエからアップしてルルベに立てる。
片脚ルルベで反対脚パッセにして、バランスを取ってず~っと立っていられる。
ポールドブラを正確に使うことが出来ている。
背骨を真っ直ぐに保ったまま、顔を右と左に向けることが出来る。
なのにピルエット3回転出来ないと言う人には、出来るために何かコツがあるかもしれません。
先ずは最低でも最初の4つがきちんと出来るようになる練習です。
それが出来るようになってからピルエットの練習をする。
それで出来ない場合は、ちょっとやり方を考えてみる。
その時にコツと呼ばれるようなことがあるかもしれません。


触診をして患者さんの体の状態が分かる。
関節のズレを調整することが出来る。
筋肉の硬さを調整することが出来る。
筋膜の繋がりを感じることが出来る。
なのに患者さんの体の調整が出来ない。
こういう場合もコツはあるかもしれない。
考え方だったり患者さんの見方だったり。


読んで分かると思いますが、コツは人によって違います。
これをすれば出来るよ、と人に言われたことは、言った人が出来るようになったコツです。
だからあなたに当てハマるとは限りません。


基本を見直すことから始めるのが一番早く出来るようになるコツだと思います。




手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: