整体学校・スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 整体スクール » 良い姿勢・正しい姿勢

良い姿勢・正しい姿勢

読了までの目安時間:約 3分

今日は姿勢の授業でした。
患者さんの姿勢を見て、どこがどうなっているか判断し、良い姿勢・正しい姿勢に指導する。
言葉で言うのは簡単です。
でもこれなかなか難しく奥が深い。


姿勢授業・てあて整体スクール

先ず良い姿勢・正しい姿勢とはどんな姿勢なのか。
人によって何が良いのか何が正しいのか、その基準が違います。
見た目に良い姿勢、格好良く見える姿勢は、果たして良い姿勢・正しい姿勢なのか。
患者さんが考えている良い姿勢・正しい姿勢と、整体師自身が考えている姿勢とは同じなのか。
整体師としては、良いや正しいの基準を持っておく必要があります。
その上で患者さんの考えている、良い姿勢・正しい姿勢と突き合わせをする。
そこから始まります。
整体師の考える姿勢と患者さんが考える姿勢の基準が違う時、どちらを採用するかの話し合いも必要です。


てあて整体スクールで考えている良い姿勢・正しい姿勢は、生理的な状態の姿勢です。
具体的には。
呼吸が楽に出来る。
血流が阻害されていない。
余計な筋力を使っていない。(必要最小限力)
そんな姿勢です。
見た目には格好良いかどうかは分かりません。
それを患者さんに話します。
それで良いのかどうか。


姿勢の指導も意外にややこしい。
例えば猫背の人がいます。
「背筋を伸ばして下さい。」と言えば、猫背ではなくなります。
でもこれ姿勢の指導をした事になりません。
だって、背筋を伸ばさなければ治らないんですから。
猫背にしている体の使い方はそのままで、それに背筋を伸ばす使い方をプラスしています。
ブレーキを踏みながらアクセルを踏んでるようなもの。
すぐに出来なくなって元に戻ります。
この場合、猫背にしている使い方を止めさせる。
踏んでるブレーキを離す。
そんな指導をします。


頭こんがらかりますよね。(笑)
でもそれしかないと思ってます。
てあて整体スクールの姿勢の授業はそんな指導するための授業です。




手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: