整体学校・スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 整体スクール » 見ただけで中がどうなってるか分かるんですか!?

見ただけで中がどうなってるか分かるんですか!?

読了までの目安時間:約 3分

israel・てあて整体スクール

ハワイの有名な歌手のCDです。
ISRAELさん
とても繊細な歌を唄う歌手です。
この人の骨盤の大きさがどれくらいだか想像してみて下さい。
左右にどれくらいの幅があるんでしょう。


腰のところに布を巻いているので、この布の幅位ありそうに感じる人もいると思います。
でも、そんなにありません。
同じ身長で体重が半分位の人と同じ位の幅しかありません。


てあて整体スクールでは触診をよくやります。
スクールに通っている間に触診のスキルを上げておきたいからです。
骨格調整をするにしても、関節の歪みが分からなければ調整は出来ません。
だから先ずは触診です。
触診で骨がどんな位置関係にあるのかを触知します。
直接、触れる。
触れて骨を感じる。
そうやって患者さんの状態を知ります。


最初はなかなか分かりません。
分からない理由はいくつかあります。
手指で触れても感じられない。
そして、患者さんの体型に惑わされてしまう。
視覚情報に騙されます。
特に上の写真のような人が来たら、つい幅広い骨盤や胸郭を想像してしまいます。
でもそこには骨はありません。
横にはそんなに広がらないんです。


力士の体格を思い出して下さい。
幕内や三役になると大きな体になります。
そうするとその体に見合った骨格の幅を想像してしまいます。
でも、入門当初の写真を見て下さい。
ひょろひょろして細い力士もいるでしょう。
ひょろひょろしていた時と、横綱になって大きな体になった時も、骨格は変わっていないんです。
周りについている筋肉が変わっただけ。


先生は見ただけで中がどうなっているかわかるんですか?


なんて聞かれます。
見ただけで分かる訳ではありませんが、沢山見ているとおよその様子は分かるようになります。
骨格を触診する時、横幅に惑わされないようにします。
横たわっている人の身長から想像される骨格(ガイコツ)を想像して触れるようにしています。


手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: