整体学校・スクール 東京/名古屋で開業を目指すなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 日々好日 » 使わない筋肉は重たくなって不要なだけ。

使わない筋肉は重たくなって不要なだけ。

読了までの目安時間:約 3分

昨夜、TV番組を見ていたら体操の内村航平さんが出ていた。
オリンピック金メダリストでオールラウンダーの内村さんの話はどれも興味深く面白い。
中でも印象深かった一言があります。


使わない筋肉は重たくなって不要なだけです。


どういうことか。
体操では自分の体を両腕で支持します。
そのため体を支えるだけの筋力が必要になります。
腕だけでは支えられないので、肩や胸や背中にも必要になります。
また、つり輪や平行棒などで体を一直線にして、床と水平に保つ技などもあります。
体を水平(真横)に保つためには、体が曲がらないために必要な筋力も必要になります。

体を支持したり押し返したり水平に保ったりするのに必要最小限の筋力意外は、ただの重し(負荷)にしかならないと言うんです。

なるほどなぁと思いました。
試しに背筋運動を軽い負荷(重り)をつけてやってみると、あの内村さんが出来なかった。
不思議な光景でした。
でもだから体操は出来るんでしょう。
自分の体以上を支える筋力は必要ないということなんでしょう。
特にオールラウンダーともなると、種目別に使う筋肉も違うので、ある種目では必要な筋肉も他の種目ではただの重り・負荷でしかないこともありえます。
そうなると使わない筋肉は不要と言うことです。
そして逆に持っている筋力は指先でも使うと行っていました。
倒立する時も腕の筋肉だけでなく指の一つ一つの筋肉も使っていると言うことでした。

何かいろいろなことに通じることを感じました。


手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: