整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 整体スクール » 副業

副業

読了までの目安時間:約 4分

今朝のニュース番組で副業の特集をしていました。
増えているんでしょう。
少なくとも話題になっていることは間違いないと思います。
サイボウズというIT系の会社では副業OK。
奨励しているようでした。
今、サイトを覗いてみたら、副業としてサイボウズに就職しませんかという募集もあったりしました。


ニュース番組を見て驚いたことが一つだけありました。
本業が整体師で副業に自転車のメンテナンスをやっている人がいました。
整体師を副業にと考える人がいるのは知っていましたけど、整体師の副業に別のことをする人が出てきたんだなぁと。
それだけ整体師が増えて仕事として成り立って来ているんだろうなと思います。
整体師だけじゃ食べられないから別の仕事をしているのではなく、副業として別の仕事をしていて、副業で得たお金で好きなお酒を飲みに行くなんて言っていました。


とは言えやっぱり整体師を副業として考えることの方が多いでしょう。
やり方によっては初期投資は勉強をするお金だけで、整体の仕事を始めても出張形態であれば固定費は掛かりません。
整体院を構えなくても、呼ばれて行って患者さんの家やレンタルサロンで整体をして代金を頂く。
会社で休みが決まっている人なら、休みの日に受容があればその分副収入があるということになります。


30代40代位から整体の勉強を始めて、卒業しても開業しない方がいます。
勿体無いと思います。
勉強を始める前は色々と理由があって始めたけれど、終わってみると理由となっていたものがなくなったりすることはあります。
それでも少しずつでも人の体に触れておけば良いのにと思います。
整体師はやっぱり経験値です。
週に一人でも整体をやっていれば、3年5年と経つうちにイメージのようなものが出来てきます。
イメージが出来なくても忘れないという効用があります。
一度忘れてしまうと元に戻るのには、もう一度最初からということになったりします。
だから少しずつでもやっていると良い。


少しずつでもやる時には、出来れば家族以外の人が良い。
家族だといつも同じ人で、同じような状態になっていることが多いですから。
家族以外の人に触れていれば、違う状態の体に触れられることになります。
また、最初から話をする練習にもなったり、整体を受けてくれる人を探す練習にもなります。
そうやって5年10年と続けていると、知らないうちに定年が近くなったり、早期退職制度に引っかかる年になったりします。
週に一回の整体でも続けていれば、これからどうしよう!?ってことにはなりません。
経験も積んでいるし、手技も身についていることになります。


先ずは副業から整体を始めるという手もあります。


手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: