整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 整体スクール » 症例別の授業

症例別の授業

読了までの目安時間:約 3分

今日の整体スクールの授業は症例別。
腰痛や肩こりや膝痛などの症例を題材に痛みの原因の考え方や手技の練習をする。
てあて整体スクールで指導している手技は、指針整体と骨格調整(METや面圧など)とPNF。
それらだけを使って原因となっている部位を調整出来れば良いが、そうとばかりはいかないこともある。
こんな時はどうしようと言うことも臨床では出てくる。
そんな時に慌てないために、いくつか別の手技の練習もする。
症例別の時にだけ指導する手技はそういう手技です。


二点療法1・てあて整体スクール

二点療法と言う手技があります。
痛みをその馬で抜くと言うもの。
二点の筋肉を使って調整をする手技で、原理は同じだけど同じことをする訳ではないと言う。
患者さんを目の前にして、その場その場で検証しながらする手技です。
今日は症例別の授業を二回以上受けている生徒さんばかりだったので、この練習に時間を取りました。


二点療法3・てあて整体スクール

この療法の良いところは、その場で痛みが消えること。
筋肉の硬さや筋膜の硬さが柔らかく変化することが、患者さんにも術者にも明らかに分かること。
フシギ~エエエ~ナンデ~が連発となる授業になります。
今日もそんな感じ。
何人かで練習しているうちに、あああそうかぁなるほど、と言う声に変わってきます。
しばらくすると床で練習をしたいと言う人も現れます。


二点療法2・てあて整体スクール

指針整体はベッドを使いません。
ベッドを使って整体することも出来ますが、基本は床でやります。
出張の時などは手拭い一本で患者さんの家に行くことが出来ます。
入学動機の一つとしてベッドがいらないと言うこともあり、ベッドを使わないで骨格調整や二点療法も練習をしたいと言うことになります。
出来ることと出来ないことがありますが、原理が分かっていれば殆どのことは床の上でも出来ます。
いつものことですが、皆さん体が軽くなって帰って行きました。


手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: