整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 整体スクール » 手を動かしながら話をする。

手を動かしながら話をする。

読了までの目安時間:約 3分

症例別名古屋・てあて整体スクール

名古屋で症例別の授業が終わって東京に帰って来ました。(写真は名古屋)
今日は東京の教室で症例別の授業。
続いてしまいましたね。
卒業生が参加していたので少しアドバンスの内容にすることにしました。

症例別の授業では、腰痛や肩こりや膝痛を題材に、患者さんの体をどうやって看ていくか。
そこから原因を考え調整をしていくかをやります。
てあて整体スクールは全く初めて整体を学ぶと言う人が多く、複雑な話だと頭が混乱します。
なのでなるべく単純に話をします。
患者さんを見る視点は形(位置・歪み・ズレ)と動き(可動域・硬さ)に絞ります。
この二つの視点から体を見て、今どうなっているのかどんな状態なのかを知ります。
そこから痛みの原因を考える。
その上で形や動きを整えて行きます。
普通の授業ではだいたいそこまで。
ですが今日は開業したばかりの卒業生もいたので、少し話を進めました。
形と動きを見たら、全体の繋がりを見るようにします。
どうしてそうなってしまったのか。
姿勢なのか歩き方なのか立ち方なのか座り方なのか。
そんなことまで考えてみるように話をしました。

少し混乱しますね。
情報量が増える。
頭の上に???とクエスチョンマークが飛び交います。
それで良い。
考えることが大切です。
ただし、ここで手が止まるのは良くないですね。

てあて整体スクールでは手を動かしながら話もします。
手が動いている時に話が出来ないのでは仕事にならないからです。
順番が決まっている手技だと以外に簡単ですが、触診をしながら治療方針を考えている時に患者さんと話をするのは慣れないと大変です。
手を動かしながら話をする。
しかも患者さんの痛みの原因を考え調整の順番や今後の方向性を考えながら。
いろいろと大変です。
でもなかなか楽しいです。


手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: