整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 整体スクール » 技術も大切ですが、患者さんをみることの方がもっと大切です。

技術も大切ですが、患者さんをみることの方がもっと大切です。

読了までの目安時間:約 3分

整体やセラピーをやっていると、様々な情報が入ってきます。
最近はブログやホームページだけでなくSNSなどでも多くの情報が流れてきます。
中でも技術系セミナーはどんどん増えてきているように思います。


たったこれだけのことで云々
ほんの数秒で痛みが云々
簡単な手技で云々
ほんの数ヶ月で云々


どの手技も魅力的に写ると思います。
それぞれの手技やテクニックについては学んでみたことがないので分かりません。
たぶんそれぞれに調整が出来、患者さんに変化を起こし、痛みが解消することもあると思います。
(どんな手技も完璧と言うことはありませんから。)
てあて整体スクールで指導している調整手技も、METや面圧法など難しく複雑な手技ではありません。
一連の流れを手順通りにやれば効果が上がります。
つまり調整される。
でも
です。
調整手技が出来ることと、調整出来ることは別です。
調整手技も大切で技術は大切なんですが、それよりももっと大切なことがあります。


患者さんの状態が分かること。


骨格の歪みや体全体の歪み。
筋肉の硬さや動き。
血流の良さ悪さ。
リンパや間質液の状態。
これらが分からないと技術を持っていても調整することは出来ません。
だって右に動かすのか左に動かすのか分からないでしょ。
調整は無闇にするものではありません。


触診と調整が一体になったような調整法もあります。
触れているだけのような調整法です。
施術者・セラピストの側は動かず(動かない言うイメージ)、患者さんの内的な動きを感知することで調整されて行きます。
でもこの場合も患者さんの状態が分からなければ出来ません。
状態に合わせてあるいは合わせないでいることを選択しなければいけないからです。


どんな手技であれ患者さんの状態をみることが出来ること。
これが大切です。


触診171225・てあて整体スクール

(てあて整体スクールでは触診を徹底的にやることでそれを養っています。)


手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>
アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: