整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 人は何で出来ている。

人は何で出来ている。

読了までの目安時間:約 3分

体の中には骨や筋肉がある。
人は骨と筋肉で出来ている。
と思っている時期がありました。
間違いではないですけどね、骨と筋肉だけではない。
血管もあれば神経もある。
靭帯もあるし腱も筋膜も皮下組織も脂肪も血液も。
とにかく沢山のもので出来ている。
そう思っていると、それらを調整すれば体は何とかなると思い始めます。
骨が歪んでいれば骨を整える。
筋肉がアンバランスなら筋肉のバランスを取る。
血流が悪ければ血流を改善する。
神経のつながりが悪ければ神経の繋がりを良くすることを考える。

でも、人はそういうものだけではない。

体の中には脳や脊髄など中枢神経と末梢神経てのもあります。
そして目には見えませんが、心や意識と呼ばれているものもある。
心はどこにある。
心は心臓のところにあると思われていた時代もあると思いますが、心は脳の中にある。
いや外にあるのかもしれないけど、脳の機能として心や意識がある。
と思っています。
体に出る症状が心の問題と関係があると思えば、今度は心や脳について考えるようになります。
人は心と体で出来ている。
そう思うと体のことだけではダメで心や意識のことも考えるようになる。
心は何か。
意識って何か。
これはなかなか分かりにくい。
脳科学でのアプローチの本を何冊か読みました。
哲学からのアプローチも読みました。
でもまあ結局は良く分かりません。
分かってきたと言われても、なかなかこれが分からない。

そこが面白いところなんですけどね。

整体師も長くなってくると色々なことを考えます。
体のことだけ考えていれば良さそうなもんですけど、それがね。
やっぱり色々考えます。
仲間内で集まってもそんな印象です。
10年も経つとみんなスピリチュアルなことやエネルギー的なことも考え出すようです。
スピリチュアルは霊的なものでエネルギーは目に見えない力のようなものですね。
僕はそこはちょっと避けています。
無い!とも嫌い!とも思いませんが、考え始めると深みにはまる。
だから目に見えるものや、そこから考えられるもので勝負しようと思ってます。
だから解剖学や生理学。
心や意識のことからです。

だけどこれだけ暑いとそんなことも考えられません。
この夏を乗り切ることが先決です。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: