整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 整体スクール » アレクサンダー・テクニークに出来る事

アレクサンダー・テクニークに出来る事

読了までの目安時間:約 3分

チャコット名古屋スタジオでアレクサンダー・テクニークのグループレッスンをしました。
二日連続で初日はカラダの座学。
簡単な解剖学を使って、頭の中にある体のイメージを書き直していく作業です。
そんな事で何が!?
と思われるかも知れませんが、書きかわるとイメージが変わるので、動きや使い方が変わる事があります。
二日目はアレクサンダー・テクニークのレッスンです。


実はこのところFMアレクサンダーさんの書いた「自分の使い方」( Use of the self )を読み返しています。
書かれている事は同じ筈なのに、初めて読むような部分があったりします。
そして少し勘違いしていたと思うところも。
いけませんね。


アレクサンダーさんの発見で個人的に一番凄いと思っているのは、感覚的評価が頼りにならないと気がついた時の対処法です。
出来ている、よし上手くいったと思ったのに出来なかった時、多くの人は色々と工夫して何度もやり直すと思います。
もちろんアレクサンダーさんもそうしたのではないかと思うんですが、そこから別の方法を考え出します。
感覚的評価が頼りにならないのなら、感覚的評価に頼らない方法を使うという事です。
何度やっても上手く行かない、出来たと思ったのに出来なかった時は、これで出来たとか出来たと思うような感覚的評価ではなく、手順を繰り返すという方法です。
これなかなか難しいんです。
何故かと言うと、やっている時に上手くいったとか出来たと思えない事が殆どだからです。
上手くいったと思ったのに上手く行かないのなら、上手く行く時は上手くいったと思えない。
イライラしちゃいそうですね。
でもこういう事、実は良くあります。
いくら一生懸命やっても上手く行かなかったら、一生懸命やるのをやめてみる。
そして決めた事だけ、出来たとか出来ないとかは関係なく、決めた事をする。
そうすると、何故だか結果が付いてくる事があります。
ナンカ一生懸命やっていないので、ちょっと拍子抜けしたりすることもあったり。


本を読み返していて思い出した事がもう1つあります。
アレクサンダー・テクニークは自分の使い方の基本。
だから体の調子が悪い時、アレクサンダー・テクニークのレッスンを受けてみるのも良いという事。
体の使い方で調子が悪くなっているなら、そこを改善すれば調子が良くなるかも知れない。
楽器演奏やダンスなどに目が行っていましたが、健康に対してもできる事がありそうです。


チャコットでアレクサンダー

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: