整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 繰り返し練習の落し穴

繰り返し練習の落し穴

読了までの目安時間:約 2分

何かが出来ない時には出来るようになるまで繰り返し練習をする。
当たり前のようなこのことが問題を複雑にしてしまうことがあります。


荒木はダンスをしています。
たまに振り付けをしたりする。
人に振り付けをするときに思うことがあります。
自主練習は出来るだけして欲しくない。
何故なら間違いや勘違いが酷くなっていることが多いから。
プロならそんなことはないのかもしれませんが、アマチュアで踊っている人たちや、自分とは違うスタジオや系列のダンスをしている人だと、動きに対する解釈が違うことがあります。
そうすると、自主練習をすればするほど、違う解釈で動きが出来上がり完成して行きます。
困ります。
何故なら違った解釈の動きが完成されて、後戻りしにくくなってしまうことがあるからです。
だから自主練習はして欲しくない。
もし練習するなら呼んで欲しい。
立ち会うというと優しいと勘違いされますが、実は間違いや勘違いをして欲しくないんです。
ダンスは動きだけではありません。
作品としての解釈もあります。
作品解釈が違うと、動きは同じなのに何故か不思議な踊りになってしまうこともある。
これも避けたい。


筋トレや基礎的な動きのトレーニングは良いんですけどね。
基礎的なトレーニングでも間違っていると困りますけど、基礎的な稽古の方が間違っているかもしれないということに気づきやすい。
何故ならいつも同じ注意をされているからです。
同じ注意をされるってことについては、別に記事を書きます。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: