整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 現代舞踊公演を観て。

現代舞踊公演を観て。

読了までの目安時間:約 4分

【新進舞踊家海外研修員による現代舞踊公演】を観てきた。
横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホール。
池田素子さん、小松あすかさん、内田香さん。


赤レンガ倉庫1

「 Do not fear. 」 池田素子作品

何が始まったのか。
舞台上のことが分からなかった。
ダンサーの動きに意味を感じようとしていたのかもしれない。
何かが始まったことだけは分かった。
しだいに動きはピースになりパーツになり。
何か意味を持つような動きに見えてきた。
ただそれでも意味ではなかった。
ある瞬間。
突然、意味の萌芽が見え始める。
それは観る人個人で違うんだろうと思う。
ああそうだ。
そうだったんだ。
情景が少しずつ。
風景が少しずつ見え始める。

東京の唄が聞こえてきた。

突然、一気に世界が開け色が見え始める。
凄い。
ただのパーツでしかなった動きが情景を創り風景を見せ始める。
凄い凄い。
人と人のいるところの関係性、関係と関係の関係生。
それまでのピースやパーツが交錯し情景となりパーツ同士が関係を持ち出す。
世界が勝手に動いている間に、自分は自分で一人の世界がつながっていく。
それぞれの物語がぶつかり並走し交錯しながら展開していく。

とにかく素晴らしい作品。
現代舞踊展でこの作品が見られるとは思わなかった。
横浜の夜。
赤レンガ倉庫を最大限に利用し。
ダンサーも構成も振り付けも音楽・音響も衣装も舞台小物も照明も。
とにかく素晴らしい。


「 みち 」 小松あすか作品

セピア色の照明の中、踊るダンサー。
面白い照明だと思う。
衣装の色を変える照明。
身体能力とテクニックの高さも見える。
様々に構成され突き進んでいく舞台。
でもまてよ。
何だろうこの違和感は。
言いたいことは分かるような気がする。
たぶんこういう世界が見せたいんだろう。
でも。
何かが違う。
何だろう。
そうだ雑なんだ。
構成も振り付けも照明も衣装も表情もフォーメーションも。
全てが雑に見える。
少しずつ抜けている印象。
穴が見えてしまう。
残念。
もうちょっと詰めれば良いのにと思う。
デッサンのようなものが見せたいのであれば、デッサンを見せるような造りに出来るんじゃないか。
デッサンにはデッサンの良さがある。


「 note 」 内田香作品

黒いドレスを着た長い髪の女性。
上手に椅子が4脚、下手に2脚。

圧巻のダンスが続く。
椅子を使った展開がある。
美しいフォーメーション
素晴らしいテクニック。
音楽の盛り上がりにつれて盛り上がっていく舞台。

しかし。
どうしてドレスなのか。
どうして黒なのか。
どうして長い髪なのか。
どうして椅子なのか。
ここ横浜で。
赤レンガ倉庫で。
この空間で。

最後まで分からなかった。
これは見ている自分の問題なのか。


赤レンガ倉庫2

三作品とも力のある作家が創作した舞台で見ごたえがあった。
ただ、上にも書いたように個人的には池田作品が抜群だったと思う。
二作品にはいろいろと気になる部分が多かった。
好みの問題もあるかとは思うが、同時代のコンテポラリーダンスや現代美術・現代芸術・現代音楽と並列に並べてみるとはっきりするような気がする。
ダンスに時代は関係ないと思うが、時代を関係ないと言うのなら、時代に関係のないダンスを観たいと思う。
そういう作品を作ってもらいたいと思う。

関係者の方が見ていたら失礼しました。
良い作品を観たいと思う個人の感想です。



 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
てあて整体スクール
03-3922-7230
teate@nifty.com
アーカイブ
おもてなし規格認証2019