整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 湯船と睡眠時間

湯船と睡眠時間

読了までの目安時間:約 4分

てあて整体院に来る患者さんはバレエやダンスをしている人が多くいます。
そんな方々は今の自分の状態をなんとかしたい、調子を取り戻してもっと踊りたい、だからどうすれば良いか教えて下さい、ストレッチとかトレーニングとか。
そんなことを聞かれたりします。
整体で今の痛みや状態が良くなっていく過程で聞かれます。

故障や痛みや症状の原因はいろいろあります。
直接的な原因はレッスン中の体の使い方が殆ど。
でも遠因というか原因のベースには疲れがあります。
疲れ。

実は疲れに対してはしょうがないと思っている人が多い。
だってねぇ。
仕事は遅いし。
子供は寝ないし。
旦那は遅いし。
睡眠時間は取れないし。
でもレッスンは休めないし。
休まないし。
休みたくないし。

そこです。

それで仕方がないと思ってケアをしない人が多すぎる。
中でも湯船と睡眠時間は疲れの原因のツートップです。
シャワーで済ませる人が多い。
レッスンから帰ってくると11時。
時間がないんです。
と言う。
お湯をためる時間が取れない。
本当でしょうか?
お湯をためるのに30分かかるとします。
家に帰ってすぐに着替えをしてメイクを落とし食事をして寝てシャワーを浴びるまでは30分以内なんでしょうか。
着替えやメイク落としや食事で30分以上かかるなら湯船にお湯はためられます。
いやいや湯船に10分も20分も浸かれない。
シャワーならほんの5分で済んでしまう。
じゃ5分で良いです。
湯船に5分浸かればOK。
だったらどうでしょう。

はい、実は面倒だと思っているだけなんですね。
そういうことです。

面倒がっていては疲れは取れません。
家に帰ってきたらお湯をためる蛇口をひねって下さい。
それから着替えやメイク落としや食事をして下さい。
そしてザブンと浸かってから寝て下さい。
疲れが取れます。
シャワーより。
お願いします。
それが疲れを取るためのケアの最初ですから。

睡眠は大変な人は大変なのは分かります。
でも布団の中でスマホをいじっているのなら、もうちょっと寝て下さい。
大変な人は出来るだけ寝る時間を一定にして下さい。
布団に入って寝るタイミングで交感神経と副交感神経の入れ替わりがおきると言われています。
交感神経と副交感神経(自律神経)のバランスが上手くいくと、体もリラックスしやすくなります。
寝る時間がバラバラだと自律神経も乱れやすい。
だから睡眠時間が短い人は出来れば寝る時間を一定に。
これは出来るだけお願いしていることです。

でも湯船は必須!

故障や不調を防ぐための第一歩は湯船と睡眠時間です。
その上でレッスン後のストレッチやレッスンのない日の過ごし方があります。
よろしくお願いします!

 

この記事に関連する記事一覧

コメントは4件です

  1. うちあげはなび より:

    荒木先生のご指導のもと、
    湯船には5分以上使浸かるようにしています。
    疲れが取れない、故障が起こるのは
    睡眠時間の確保に問題があると思うので
    努力して数分でも早く
    布団に入るようにしています。
    が、寝付けない。
    眠いのに眠れない。
    朝方目が覚めてしまう。
    寝た気がしない。
    寝足りてないと感じています。
    どうしたらぐっすり眠れるのか
    もう5年くらい私の課題です。

    • てあて・荒木 より:

      寝た気がしない寝足りないと言うのは辛いですね。
      寝付きが悪いとかなかなか眠れないのは、ストレスや緊張、交感神経の亢進など自律神経の不調が考えられます。
      とは言え、ストレスを抜くとか、緊張しないとか、やろうと思ってもなかなか出来ないものだと思います。
      気にしないと言うのも難しいかもしれません。

      自律訓練法と言う方法があります。
      自律神経を整えるトレーニングで、副交換神経を優位にしたりする練習です。
      思い込みのような気がしたりするかもしれませんが、認知行動療法的な説明が出来るんじゃないかと思っています。
      書籍が出ていて自分で出来るので、害はないし一度試してみても良いかもしれません。

      自律神経は体の中の意思とは関係のない部分のコントロールをする神経です。
      朝、明るくなったら起きて、陽の光を浴びて少し運動(歩行など)をし、夜、暗くなったら活動を抑えていると、自律神経のバランスが良くなると言われています。
      現代ではなかなか難しいことですが、陽の光を浴びたり歩いたりは少し出来るかもしれません。
      陽の光を浴びることでセロトニンと言う物質が作られ、夜になると眠る時に必要なメラトニンに変わると言われています。

      ご存知とは思いますが、少しでも参考になればと思います。

  2. うちあげはなび より:

    自律訓練!
    自律神経のコントロールを訓練するんですね。
    この1年ほど歩くことが極端に少なくなってます。朝の歩行は運動不足の一助にもなりそうです。さて、寝足りなーいと感じながら、歩く時間を作る早起きが出来るでしょうか(笑
    まず明日の朝、挑戦してみます。

    • てあて・荒木 より:

      どうだったでしょうか。
      でも一日ではなかなか変わりません。
      少しずつリズムを作って行って下さい。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: