整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 整体スクール » 2月の授業が始まっています。

2月の授業が始まっています。

読了までの目安時間:約 4分

てあて整体スクールの2月の授業は土曜日が指針整体、日曜日は骨格調整、月曜日は指針整体とアレクサンダー・テクニークと姿勢と歩き方です。
月曜は午前と午後で別の授業をやっています。
今日は月曜なので午前にアレクサンダー・テクニークをやって、午後は指針整体の授業でした。


アレクサンダー・テクニークの授業と言ってもアレクサンダー・テクニークを教えることが出来るようになる訳ではありません。
アレクサンダー・テクニークを使って整体をする練習をします。
それとマッピングの話。
マッピングはアレクサンダー・テクニークだけでなくボディーワーク系のセラピーでは良く使われる手法です。
人の体は外から見た形と実際に動く部分が違うことがあります。
例えば体を前に曲げる時、腰(腰椎)よりも股関節で曲げる方が理にかなっている。
でも腰にはベルトもしているし、子供の頃からそこ(腰)から曲げるクセがついている。
それを何も説明せずに、曲げるのは腰ではなく股関節です、と言うことも出来ますが、それよりも体の仕組みを再確認することでより動きやすくするための方法です。
習慣的になってしまった動きの原因が、頭の中にある体の形(どこから動くか)だとしたら、その頭の中の体の地図を書き換える作業です。


マッピング1

例えば肩甲骨は腕の途中にあります。
だから腕として動くことが出来る。
それを解剖学的な知識として、頭(=理論)で分かっても実際に使うのが難しいことがある。
そんな時は骨格や筋肉の話や絵を見せ、実際に動かしてみることで新たな気づきがあったりします。
気づきがなくても頭にその情報を入れてあげることが大切だったりします。


マッピング2

くるぶしから下の足も確認しました。
踵は脚の骨の真下にはないことや、足首が曲がるのはどこかなど。
写真はヒールを履く時にどんな風に指導するかをやっているところ。
踵と踝(くるぶし)と足指の位置を、実感しながら確認して行きます。
重心はどこで取るのか。
この方法でヒールが履きやすくなったりします。


てあて整体スクールは押さない揉まない体重をかけない指針整体と、ボキボキしない骨格調整のマッスルエナジー・テクニックを指導しています。
安心して患者さんに使える手技を勉強して、整体師やセラピストになる。
考えてばかりいないで、先ずは授業を見に来て下さい。
他にはない手技は見たり受けたいしないと分かりにくものです。
今時、勧誘などしないので安心してどうぞ。
授業見学や整体体験は無料です。
見学希望の方はトップページか見学申込ページからお願いします。
問合せもお待ちしています。


てあて整体スクール

東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: