整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 整体スクール » 手技の効果が説明出来ることについて。

手技の効果が説明出来ることについて。

読了までの目安時間:約 2分

てあて整体スクールでは指針整体とマッスルエナジー・テクニックを教えています。
この2つの手技を使って患者さんを調整していく訳です。
手技で調整をすると、どうして痛みがなくなったり軽減したり症状が改善するのかについて、当然のことですが説明することが出来ます。
そこのところはとても大切だと思っています。

例えば。
「 歪みが整えば痛みが消える。 」
と言うのは説明をしているようでしていません。
一見、なるほどと納得しそうな感じですが、痛みと歪みの関係を説明していない。
「 筋肉を揉むと痛みが消える。 」
と言うのも同じです。
痛みと歪みの関係や痛みと筋肉の硬さの関係まで含めて説明になると思っています。

痛みが消えれば良いじゃないか、と言うのはお金を頂かない人なら構いません。
あああ上手くいかなかった。
それで済みます。
でも整体師やセラピストはそうは行きません。
次を考えなければ行けません。
歪みを整えても筋肉を緩めても、何も変化がなかった時にどうするかを考える。
そうでなければお手上げになってしまいます。

説明が出来ると言うことは、歪みを整えるとどうして痛みが消えるのかを知っていると言うことです。
その「どうして」の部分がわかっていれば、歪みを整える以外の方法を考えることも出来るはずです
歪みを整えても痛みが消えないのなら、他の方法で同じようになることをやってみる。
そこです。

今やっている手技や歪みを整える方法だけが全てと言うのは辛いものがありますね。
だから、てあて整体スクールでは腰痛の施術方法とか膝痛の施術方法と言う授業ではなく、身体の捉え方や症状に対する考え方の授業があります。
現場で自分で考えられる整体師になってもらいたいと思っています。


整体モニターア2

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: