整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 整体スクール » 患者さんの力が抜けない時にどうするか。

患者さんの力が抜けない時にどうするか。

読了までの目安時間:約 2分

整体院に来る患者さんで、脚を移動させようと少し持ち上げると持ち上がったままの人がいます。
体に触れていると力が入ったまま抜けない。
自分でも知らないうちに力が入ってしまっている。
そう言う人多いです。

そういう人に「力を抜いてください」とは言いません。

殆どの場合、力は抜けないし逆効果になることもあります。
本人は力を入れていないし、入っている感覚さえない場合もあります。
体が勝手に力を入れている。
自分でしていない(と感じている思っている)ことをどうすることも出来ません。
極端に言えば、「入れていない力を抜けと言われても、入れていないんだから抜けない。」ということになります。
でも、実際は入っちゃってるんですけどね。

入れていないのに入っている、しかも入っちゃっている力が抜けない。

と言うのはある種情けないものです。
怖いと思うこともあるかもしれない。
自分が自分でコントロール出来ないんですから。
だから、抜いて下さいとは言わないようにします。
ではどうするか。
抜けるように誘導します。
いろいろと方法はあります。
「入ってますね。」と確認くらいはするかもしれません。

そこで力が抜けやすい肢位に持っていきます。

力が抜けやすい肢位。
脱力しやすい姿勢とか関節の位置とか体勢です。
関節を屈曲伸展側屈回旋の中間位置に持っていくような感じでしょうか。
真ん中です。
股関節なら膝を曲げて内外旋させてみたりします。
そうやって脱力の感覚を体に知らせます。
意識に働きかける訳ではなく、無意識下と言うか感覚にそういう刺激を与える感じです。
それで力が抜けるようになる訳ではありません。
そこから始まります。
力が入ったままでは、整体も調整もやりにくいですから。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: