整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 良い姿勢とは

良い姿勢とは

読了までの目安時間:約 2分

良い姿勢とはどんな姿勢でしょう。
ここに2枚の写真があります。
てあて整体スクールのアレクサンダー・テクニークの授業中に撮ったものです。
二枚とも同じ側(左右のどちらか)がビフォーでどちらかがアフターです。


良い姿勢とは?1

良い姿勢とは?2

答えは左ビフォーで右アフターです。
あれっ!?と思った人もいるかもしれません。
一般的には左側が良い姿勢と思われているかもしれません。

背筋を伸ばして。
胸を張り。
膝が伸びて。
ぐっと力が入っている感じ。

でも、てあて整体スクールでは右の方が良い姿勢と考えています。
右の方は

無駄な力が抜け。
胸も自然に開き。
腰も過度に反っておらず。
膝にも動ける余地がある。

左から右になった本人の感想は

いつもと違って前かがみになっている感じ。
でも首の後ろは楽。
胸も楽。
腰も張っていない。
ちょっと眠い感じ!

だそうです。
楽な方が良い。
と思っています。
必要なだけの筋肉で立ち、関節には動く余地があり、無駄な力が入っていない。
そうすると、呼吸が深くなり、血流が改善されます。
無駄な力も使っていないので、時間が経っても疲労も少なくて済む。
こんな風にアレクサンダー・テクニークの授業では整体師自身の体の使い方や整え方を学びます。
整体師が自分の体を感じ知って整えられないと、患者さんの体にも良い影響が出にくくなります。
てあて整体スクールは技術を覚える頭に詰め込むだけの整体学校ではありません。
整体師・セラピストになる、整体師・セラピストとしてやっていくための整体スクールです。

授業の後半で触診の練習をしました。
整った体で触診をすると、手に感じるものも変わります。
今まで以上に多くの情報が入ってくるようになりました。


良い姿勢とは?3

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: