整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 整体スクール » どうして整体を教えているのか

どうして整体を教えているのか

読了までの目安時間:約 4分

整体を教え始めたのは整体院を開業して3年経ってからでした。
早いですね。
でも、その前に大手整体学校で3年間勤めていた経験があったので、整体を5年以上はやっていました。
そして本格的に教える前の1年間、整体塾と言う形で指導をしていました。
教えてもらえないかと言う声を数人の方から言われ、まだ早いからと断っていましたが、その人数が3人になったので、これはそろそろと思い整体塾と言う形で日曜夜に毎週教え始めました。
どれくらい掛かるか分かりませんよと始めましたが、1年間続けていく中で教科書を作り、指導方法を工夫し、必要なものを加えながらやってみました。
やってみると、1年で生徒さんは成長し、ある程度出来るようになりました。
ある程度とは、患者さんの症状に対して原因を考え、歪みや硬さや動きの悪さを調整し、全身をゆるめて動きやすくすると言うことでした。
そうかこれなら始めても良いかなと思ったのを覚えています。


始めるにあたっては基本的な手技を自分がメインで使っているものに変えました。
指針整体です。
それまで1年間教えたのは割合と一般的な押圧の手技と骨格調整と症状別の考え方でした。
それも悪くなかったんですが、指針整体を広めたいと言う気持ちが強くありました。
指針整体は他とは全く違う手技なので差別化出来ると言う点があります。
でもそれよりも、強い力を使わず押圧ではなく引く圧で刺激を入れていく安全な手技であること。
これから脱サラや転職や女性が整体師になっていく時に、押圧系よりも軽いリズミカルな刺激で効果も高い指針整体が、安全でもあり体力も使わず手技として使いやすいと言うのがありました。
マッスルエナジー・テクニックという骨格調整・筋肉調整する手技と相性が良いということもありました。


当時は多くの整体学校が林立していました。
大きな整体学校ばかりでなく小さな整体スクールも沢山ありました。
今はかなり減ってきていると思いますが、個人で指導している先生も沢山いたと思います。
他のスクールの特徴、短期間で習得して早く開業というものでしたが、実際は一定期間がすぎると卒業してしまうシステムでした。
これだと不安です。
自分自身が会社員時代に整体の勉強をしたので、安心して技術と知識が身につけたいと思いました。
だから何度もリピート出来るようにして、納得いくまで技術を身につけてもらおうと思った訳です。
当時はそれでも早く卒業したいという方が多かったですが、ここ最近はじっくり時間をかけてという方が増えてきています。
他に行くならもうちょっとちゃんと教えるのに、なんて思ったこともありました。
とても不遜なことですが、他の整体学校よりもちゃんと教えるという自信はありました。
会社員時代も社員研修をやったりしていたし、整体学校時代も講義を持ったり教科書を作ったり、開業や就職の相談を受けていたので、入学から卒業まで、卒業後のケアまで一人で見られる自信がありました。
いや、それは今でも十分にあります。


軽い力で調整する整体・指針整体は患者さんにも負担が少ない整体です。
受けていて気持ちが良い。
なのに体が軽く動きやすくなる。
揉み返しもないし翌日疲れが出ることもない。
この指針整体を残していきたいと思って今も続けています。
てあて整体スクールで整体師になりましょう。
連休中もスクール説明や整体体験に対応しています。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20(今月は4/16-19まで)
teate@nifty.com
03-3922-7230

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
てあて整体スクール
03-3922-7230
teate@nifty.com
アーカイブ
おもてなし規格認証2019