整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 整体スクール » どうして姿勢の授業を作ったのか。

どうして姿勢の授業を作ったのか。

読了までの目安時間:約 3分

一昨年から『姿勢と歩き方』の授業を新設しました。
整体師なのにどうして姿勢なんでしょう。
答えは簡単です。


良い姿勢は健康を作るから。


ということです。
姿勢の授業では患者さんの姿勢の見方や、姿勢を指導する方法や考え方を学びます。
良い姿勢と言えば、耳垂・肩峰・大転子・外くるぶしが一直線になった姿勢と言われたりします。
でもこの姿勢をずっとしていると、疲れる。
荒木はそうです。
皆さんがそうではないかもしれない。
でも、自分が疲れる姿勢は教えられない。
だから楽に出来る姿勢、楽だと思える姿勢。
それでいて良い姿勢。
を指導するノウハウを教えています。
てあて整体スクールで教えている良い姿勢には基準があります。


呼吸が深く出来ること。
血流が良いこと。


この二つです。
この二つが自然に維持されるにはどうするか。
そこを授業でやっています。
整体で猫背や巻肩や出尻やストレートネックなど調整することは出来ます。
固くなっているところを柔らかくし、縮んでいるところを伸ばし、伸びているところを縮めるような手技をすれば良い訳です。
でも、それまでと体の使い方が変わらなければ、またすぐに戻ります。
そりゃそうです。
姿勢は自分の使い方の結果そうなったものだからです。
肩を前にして猫背にしているのは、実は自分です。
自分ではそう思っていなくて、自然にそうなっていると思いがちですが、実は自分がそうしています。
自分以外に自分を使える人はいない訳ですから。
そこのところをどうするか。
姿勢と歩き方の授業の他に、アレクサンダー・テクニークの授業などでも解説し体感してもらいます。


姿勢ビフォーアフター

左がビフォーで右がアフターです。
重心を前にしただけじゃないか!?
いえ違います。
自然にこうなるようにしています。
この右側アフターの感覚を感じ身につけて、日頃から少しずつ自分でも出来るようになれば、呼吸が深く出来るようになり、血流が改善します。
この場合だと筋肉の疲れも軽くなると思います。
姿勢は見た目だけが問題なんじゃないんです。
良い姿勢が手に入れば痛みも減り健康になって、整体院に来る回数も減ります。
そういう患者さんを作れる整体師を育てたいと思っています。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A(西武池袋線大泉学園駅7分)
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20-2F(JR・地下鉄千種駅1分)
teate@nifty.com
03-3922-7230

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: