整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 力を使わないで体を動かす。

力を使わないで体を動かす。

読了までの目安時間:約 2分

何かの動きがやりにくい時。
必要以上の力や使わなくても良い力を使ったりしています。
そんな時。


必要最小限の力だけ使って動かす。


と考えて体をコントロールすると上手くいかない。
それより。


「力」を使わないで動かす。


と考えると上手く行くことがある。
それはつまり、「力を使う」という指令で中枢からの指令を出すのか、「力を使わない」という指令で中枢からの指令を出すのかの違いではないかと思っている。
「力」を使うという指令では「使う」が前提になっているが、「力」を使わないという指令では「使わない」が前提になっている。
もちろん「力」は使う。
体を動かす時に全く筋力を使わずに動かすことは出来ないし動かない。
ただ、感覚に登ってくる「力(の感覚)」とそうでない「力」(感覚に登らない)がある場合、またはいつも使っていない「力」が使われている場合、力は使っていないという感覚になる。
そういう使い方をしたいのなら、「使わない」が前提になっている方が使いやすいという訳の分からないことになるのかもしれない。
いや、書いている自分としてはとても良く分かるが、言葉としては訳が分からない。
「使わない」前提で使っている筋肉を使うということですね。




力の使い方について。
思いついたことの走り書き。
もう少し言葉を選んで分かりやすく書けるように。
先ずはこのまま掲載してみる。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: