整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 整体スクール » 骨格調整の授業

骨格調整の授業

読了までの目安時間:約 3分

骨格調整・てあて整体スクール

骨格調整の授業でした。
腰椎の調整は患者さんに側臥位(横向き)になってもらい、そのままの姿勢で調整を始めます。
脚の位置を決めたり、腕を引っ張ったり。
そして骨盤を動かしてもらって。。。
そうやって調整します。
でもその前に気をつけることがあります。
その前だけでなく、調整している間、ずっと気をつけることです。


倒れないようにする。


患者さんが側臥位からパタンと倒れないように気をつけます。
当たり前ですね。
でもこの当たり前がなかなか出来ない。
整体を習い始めた時には、自分がやる事で精一杯です。
脚の位置を決めたり、腕を引っ張ったり。
骨盤を動かしてもらうために指示したり。
触診でもそうでしたが、先ずは自分の事だけになってしまいます。
患者さんを見られなくなる。
そうならないように気をつけます。


側臥位から倒れてしまわない為に、何もしないでいると患者さんは体のどこかに力を入れます。
力を入れて倒れないようにしようとする。
そうすると、調整がしにくくなってしまいます。
力を抜いて下さいね、とただ言っても、倒れないように力は入ります。
整体師は患者さんのどこかに触れます。(気づかれないように。)
患者さんが倒れないように、整体師の太ももを背中に当てたり、手で大転子や膝に触れたりします。
そうする事で、患者さんは無意識に力が抜けたり抜きやすくなったりします。


触れ方にも気をつけます。
指先は患者さんのどこであっても、なるべく触れないようにします。
また、指が内股や膝の裏や脇の下などに行かないようにします。
こういった場所に触れられると、ナントナク嫌、気になる、という事になります。
そして患者さんに力が入る事もあります。
当然ですけど、患者さんに触れる時には「無意識に」という事はありません。
倒れないように背中に太ももを当てる時には、無意識にそこにある、ように意識的にあてます。


整体師が覚える事は手技だけではありません。
そういう事も教えています。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: