整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » コミュニケーション

コミュニケーション

読了までの目安時間:約 4分

中学生からツィッターやインスタグラムのメッセージ機能で連絡が来ました。
ツィッターやインスタグラムからの連絡は最近になって少し始まりましたが、これまではメールが主流でした。
18年前に開業した頃は電話の方が多かったと思うので、コミュニケーションの方法もずいぶん変わったなと思います。
メールでもそうですが、コミュニケーションツールが変わるとコミュニケーションの方法も少し変わります。
これがなかなか面白いと思っています。


最初、インスタグラムで予約など連絡をとっていたんですが、ある時からメールに変えて欲しいと言われました。
インスタグラムを使わななくなるからだとのことでした。
初回こそ自分の名前を名乗って連絡が来ましたが、二回目からのメールには名前がありません。
パソコンのメーラー(と言うんでしょうか)で見ているので、メールアドレスしか表示がされず誰なのかは以前のメールを探さないと分かりません。
お手数をかけて申し訳ないですがと断って、名前を入れて欲しいと伝えました。
それが伝わらない。
届いたメールをパソコンで見ると名前が出ないと言うことが分からないそうなんです。
スマホで見ているとそういうことはないんでしょう。(実は荒木はスマホではありません。)
一度、メールを送ったのに名前が出ないのが分からない、どういう状態なのか教えて欲しいとのことでした。
そうです。
ツールが違うと言うことは、全く別の見方をしていると言うことでした。


そう言えばメールには元々名前を入れない人が沢山いました。
それもきっとスマホから送っているからなんでしょう。
最近になってそれに気がつきました。


荒木の年代ではたぶんメールには宛名としての相手の名前と自分の名前を入れる人が多いと思います。
手紙を書いていた時代の人だからでしょう。
でも、最初からメールを書いている人は、誰から来たかは相手のアドレスを登録しておけば、次からは画面に表示されるので、自分の名前を書く必要はなくなります。
そして、手紙は届いた時に、封を開けるまで誰宛か分からないので、宛名がありますが、メールは直接送るので宛名は必要ありません。
そうです。
必要がないってとこがポイントですね。
おじさんとしは必要のあるなしに関わらず、相手が見るものだから宛名と自分の名前を入れる訳ですけど。
必要のないことをするのは無駄だし、見ている方も面倒でしょ。
と言う考えも分かることは分かります。
効率を追求するような教育がなされて来てますからね。


時代が変わるってのはこういうことなんでしょう。
伝え方が変わるので、理解していないと、相手が失礼だとか物知らずだとか誤解してしまうことがある。
そこから思いが上手く伝わらなくなって、お互いが分からないと言うことになってしまう。
気を付けようと思います。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
てあて整体スクール
03-3922-7230
teate@nifty.com
アーカイブ
おもてなし規格認証2019